謎部えむ

ようこそ、eスポーツブランド研究家です。主に日本のeスポーツ業界のあれこれをマーケティングから考察・分析しています。 「happy esports」の詳細と連絡先は↓のプロフィールをどうぞ。「焚き火を囲って」はジャンル不定のコラムで、「創作の隘路」はジャンル不定の創作集です。
  • 謎部えむの1本完結の創作を入れている箱です。何の脈絡もありません。
  • noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。PlayStation 4、Nintendo
    4006フォロワー
    +14
  • eスポーツシーンの企業やチーム、選手に役立つ戦略や施策をまとめたり、業界の分析や考察をしたり。eスポーツでハッピーになろ
    2563フォロワー
  • 古来、人類は焚き火を囲っていろんな物語を紡いできました。このマガジンではhappy esportsには入れにくい記事を書
    30フォロワー
固定されたノート

happy esportsの自己紹介と記事まとめ

ようこそ、happy esportsを運営している謎部えむです。この記事では初めて来てくれた方のために、弊誌の紹介をしています。 どういったコンセプトで運営しているのか。 ど...

ゲームに関心はないけどゲーマーを応援したい、そんな企業でもeスポーツ市場で成功できる?

eスポーツ業界でよく言われるのは、ゲームを愛していない企業がeスポーツ市場に参入したところでコミュニティ(ゲーマー)にそっぽを向かれてうまくいかない、という話。 ...

なぜゲームの社会的地位向上のためにeスポーツを待たなくてはならなかったのか

広告、マーケティング、ブランド、教育、国体、地方創生、企業間交流、スポーツ、福祉、コミュニケーション、AI開発、等々。 これらはいずれも「eスポーツ」が何らかの価...

水物だらけのシーンで、確固たる目的と持続可能なeスポーツ目標だけが拠り所になる

表層的に見れば、eスポーツシーンは水物だらけで成立している。 いつサービス終了するか分からないゲーム、朝令暮改で変わっていくルール、来年のスケジュールが見えない...

『知らない人んち(仮)』第1話「憧れの丁寧な暮らし」【小説】 #テレ東シナリオコンテスト

これはnoteとテレ東のコラボドラマ『知らない人んち(仮)』のシナリオコンテストの応募作品です。 これまでの『知らない人んち(仮)』 「夕飯に出前オゴってあげるから、家...

eスポーツ大会を自分の言葉で評価できるようになったら、シーンをもっと楽しめる

いろいろ大型の大会がひととおり終わった感じで、ちょっと皆さんの箸休めがてら大会の話を書きたいと思います(と言いつつクラロワリーグは続いているし、全国高校eスポー...