謎部えむ

よりよい人生のためには何かを創り続けることがとても大切です。マーケティング、コミュニケーション、メタバース、創作、生き方について記事を書いております。

謎部えむ

よりよい人生のためには何かを創り続けることがとても大切です。マーケティング、コミュニケーション、メタバース、創作、生き方について記事を書いております。

    マガジン

    • #ゲーム 記事まとめ

      • 1,051本

      noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。コンソール、PCなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。

    • ゲーム(デジタル)のイチオシ記事

      • 125本

      noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(デジタル)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 PS、NintendoSwitch、XboX、PCゲームなどの記事が集まっています。

    • ゲーム(クリエイター)のイチオシ記事

      • 92本

      noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(クリエイター)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 プログラムやUI、UX、デザインなどについての記事が集まっています。

    • ゲーム(アナログ)のイチオシ記事

      • 40本

      noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(アナログ)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 ボードゲーム、将棋、囲碁、麻雀、TCGなどの記事が集まっています。

    • happy esports

      日本のeスポーツシーンをマーケティング視点で考察した記事のまとめ。 eスポーツを仕事や事業にしている/したいとき、マーケティングで活用したいとき、あるいは投資したいときにも役立ちます。

      • #ゲーム 記事まとめ

        • 1,051本
      • ゲーム(デジタル)のイチオシ記事

        • 125本
      • ゲーム(クリエイター)のイチオシ記事

        • 92本
      • ゲーム(アナログ)のイチオシ記事

        • 40本
      • happy esports

      • すべてのマガジンを表示

    最近の記事

    退屈をアイデア1つで楽しくしてしまう映画『イエスマン』に学ぶ、人生をちょっと面白くする方法

    有名な映画なので知っている人も多いと思いますが、ジム・キャリー主演の『イエスマン』を観ていたときにめちゃくちゃ面白かったシーンに出くわしたので紹介します(8/3現在、Netflixなどで配信中)。 サブタイトルは「"YES"は人生のパスワード」。消極的で否定的で、どんな誘いにもまず「ノー」と答えて、堅実で安全である代わりに同じことの繰り返しで単調な刺激のない人生を生きてきた銀行員の主人公・カールが、とあるきっかけで自己啓発セミナーに参加し、「何にでもイエスと言う」ことを約束

    スキ
    17
      • clusterのスーパーロイヤルユーザーは何人いる? サービス成長に有効な指標を考える

        僕が利用しているメタバースプラットフォームのclusterを運営するクラスター社が、なんと2022年7月7日(木)に7周年を迎えました。 まったくめでたいことで、メタバースのプラットフォームを運営しているスタートアップが7周年とはすさまじいことです。何度も資金調達をしながら、ここに至るまでに大きな方向転換もしつつ、それでも「バーチャル」という軸をぶらさずに戦ってきたことは最上の尊敬に値します。 clusterはいま、バーチャル空間(メタバース空間?)におけるコミュニケーシ

        スキ
        29
        • clusterの艦隊戦ゲーム『Feindliche Flotte』が面白すぎて、メタバースから始まるeスポーツの可能性さえ感じる

          この1か月半、clusterにある艦隊戦ゲーム『Feindliche Flotte』を継続的にプレイしています。 1隻の戦艦を艦長(1人)と砲手(1人か2人)で操作し、相手チームを全滅させたら勝利という対戦ゲームで、これがまあ面白い! 何が面白いかというと、2隻対2隻や3隻対3隻で対戦することがほとんどなんですが、チーム内で戦術とコミュニケーションを駆使しないと勝てないこと、そして「もっとああすればよかった」と改善ができる奥深さがあることです。 clusterで初めて感

          スキ
          65
          • clusterのDJイベントで初めて自分の曲を流したら、みんなが踊ってくれて感極まった

            6月26日(日)にclusterで「パリピ銭湯」という音楽を流して踊るイベントがあって、DJとして出演しました。 バーチャルでのDJ自体は何度もやったことがあってもはや慣れたものですが、その日だけはかなり心持ちが違いました。 始まる前から気が気でなく、奇妙な緊張感が背中を覆い……なぜかアバター姿で脚を動かすため(フルトラッキング用)のベースステーションが壊れ、ヘッドセットが認識されなくなり、開始直前にSteamVRが起動せず……機器の不調はさておき、いつもの感じではありま

            スキ
            29
            • clusterのスーパーロイヤルユーザーは何人いる? サービス成長に有効な指標を考える

              スキ
              29
              3週間前
              • clusterの艦隊戦ゲーム『Feindliche Flotte』が面白すぎて、メタバースから始まるeスポーツの可能性さえ感じる

                スキ
                65
                1か月前
                • clusterのDJイベントで初めて自分の曲を流したら、みんなが踊ってくれて感極まった

                  スキ
                  29
                  1か月前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • #ゲーム 記事まとめ

                  • 1,051本

                  noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。コンソール、PCなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。

                • ゲーム(デジタル)のイチオシ記事

                  • 125本

                  noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(デジタル)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 PS、NintendoSwitch、XboX、PCゲームなどの記事が集まっています。

                • ゲーム(クリエイター)のイチオシ記事

                  • 92本

                  noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(クリエイター)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 プログラムやUI、UX、デザインなどについての記事が集まっています。

                • ゲーム(アナログ)のイチオシ記事

                  • 40本

                  noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(アナログ)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 ボードゲーム、将棋、囲碁、麻雀、TCGなどの記事が集まっています。

                • happy esports

                  • 113本

                  日本のeスポーツシーンをマーケティング視点で考察した記事のまとめ。 eスポーツを仕事や事業にしている/したいとき、マーケティングで活用したいとき、あるいは投資したいときにも役立ちます。

                • 焚き火を囲って

                  • 36本

                  古来、人類は焚き火を囲っていろんな物語を紡いできました。このマガジンには頭の中の何事かを言語化した記事を入れています。ゲームネタ、時事ネタ、ノウハウが多め。

                • ひきこもりが加速する記事

                  • 417本

                  バーチャルSNS、clusterに関連する記事を無造作にまとめています。文化、技術、考察、VTuber等広範囲に網羅しているので是非よしなに。

                • 踊る音楽と作曲の明示録

                  • 2本

                  音楽や作曲について書いています

                • メタバースでよりよく生きる方法

                  • 28本

                  メタバース(cluster)での生き方について書いた記事を入れているマガジンです。主に創作とコミュニケーションについて

                • Jiniと謎部のnow reading

                  • 34本

                  毎月第三火曜日の20時から行われている、noteゲームカテゴリのオンラインイベント 「Jiniと謎部のnow reading」で取り上げさせていただいた、または、最終候補になっていた記事をまとめたマガジンです。 イベントは下記チャンネルで! https://www.youtube.com/channel/UChJtsiA4EUM3N5W5ka5oO_A

                • #ゲーム 記事まとめ

                  • 1,051本

                  noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。コンソール、PCなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。

                • ゲーム(デジタル)のイチオシ記事

                  • 125本

                  noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(デジタル)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 PS、NintendoSwitch、XboX、PCゲームなどの記事が集まっています。

                • ゲーム(クリエイター)のイチオシ記事

                  • 92本

                  noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(クリエイター)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 プログラムやUI、UX、デザインなどについての記事が集まっています。

                • ゲーム(アナログ)のイチオシ記事

                  • 40本

                  noteゲーム編集部が選ぶ、ゲーム(アナログ)に関連するイチオシ記事をまとめたマガジンです。 ボードゲーム、将棋、囲碁、麻雀、TCGなどの記事が集まっています。

                • happy esports

                  • 113本

                  日本のeスポーツシーンをマーケティング視点で考察した記事のまとめ。 eスポーツを仕事や事業にしている/したいとき、マーケティングで活用したいとき、あるいは投資したいときにも役立ちます。

                • 焚き火を囲って

                  • 36本

                  古来、人類は焚き火を囲っていろんな物語を紡いできました。このマガジンには頭の中の何事かを言語化した記事を入れています。ゲームネタ、時事ネタ、ノウハウが多め。

                • ひきこもりが加速する記事

                  • 417本

                  バーチャルSNS、clusterに関連する記事を無造作にまとめています。文化、技術、考察、VTuber等広範囲に網羅しているので是非よしなに。

                • 踊る音楽と作曲の明示録

                  • 2本

                  音楽や作曲について書いています

                • メタバースでよりよく生きる方法

                  • 28本

                  メタバース(cluster)での生き方について書いた記事を入れているマガジンです。主に創作とコミュニケーションについて

                • Jiniと謎部のnow reading

                  • 34本

                  毎月第三火曜日の20時から行われている、noteゲームカテゴリのオンラインイベント 「Jiniと謎部のnow reading」で取り上げさせていただいた、または、最終候補になっていた記事をまとめたマガジンです。 イベントは下記チャンネルで! https://www.youtube.com/channel/UChJtsiA4EUM3N5W5ka5oO_A

                記事

                記事をすべて見る
                  • clusterでのバーチャル生活をもっと楽しむためのプロジェクト志向

                    だいたい何でもそうですが、人生に必須でないことは目的や目標がないとあっという間に飽きます。 clusterも同じです。メタバースやWeb3がホットでclusterも多少の恩恵を受けて新規ユーザーが増えているかもしれませんが、結局は生活に必須ではないので飽きる人や1回だけ使って離脱する人が続出しています(これは僕の観測範囲で実態とは異なる可能性があるのでご注意を)。 皆さんはどうでしょうか、clusterに飽きてきていませんか? 「そういえばあの人、最近見ないな」と思ったこ

                    スキ
                    32
                    • 人間関係の問題は相手の話を聞いていないことがだいたい原因

                      テキストチャットでやり取りをしていると、ときどき相手が怒っているかのように感じる文章に出くわすことがあります。 それは字面だけ見ると無愛想で素っ気なく、冷たく言い放たれているかのような印象を持ってしまうでせいです。そんなとき、ほとんどの人は特に何もせず気にしないふりをすると思いますが、積み重なるとけっこうなストレスになっていきます。 こうしたことが原因で精神を病んでしまったり、人間関係を壊してしまったりした職場の同僚もいます。この人はいったいどうすればよかったのでしょうか

                      スキ
                      30
                      • 音楽に縁遠い人生だったはずなのに、気づいたら1か月で13曲も作ってた

                        幼少の頃、僕の実家には音楽の文化がほとんどなく、親が観ているテレビからたまに流れてくる音楽番組の曲か、自分でプレイしているゲームのBGMが少し耳に残る程度でした。 よほど流行した曲以外は「みんなが知っているあの曲」を知らないし、「あのバンドやグループが再結成」というニュースに知り合いが沸き立っているのを見ると不思議に思い、作曲や演奏をしている人は自分とは全然関係のない存在だと感じていました。カラオケも付き合い以外で行ったことがありません。 音楽の授業は面白くなかったし、楽

                        スキ
                        26
                        • 他人の人生より自分の人生を推そう

                          推し活は残酷だ。 「Z世代の多くは推し活をしている」なんて風潮を醸し出す記事はグロテスクですらある。 そうしたトレンドを浸透させて若年層による推し活でビジネスをしている大人は本当にえげつない。 なぜか? 他人の人生を推しても何にもならないからだ。他人の人生を推しているだけでは自分の人生は前に進まない。他人の人生を推すことがアイデンティティになっても自分自身は空洞のままだ。 にもかかわらず、他人の人生を推す――お金と時間と感情を費やすことを勧めるような、あるいはそれが当

                          スキ
                          19
                          • 頑なに創り始めなかったclusterの友達がついにものを創った

                            最近、メタバースプラットフォームのclusterにいる僕の友達で、「この人は自分から何か創ろうとはしないだろうな」「この人は創らないことがアイデンティティになってるな」と感じていた人たちが、続々といろいろ創り始めています。 本当に、これ以上ないと言いたいくらいにすばらしいことです。 たしかに、clusterにはアバターやワールド、オブジェクトを始めとした創作をしている人がたくさんいます。そして、その誘引力に浸って自分も何か創ってみようと動き出す人も僕は大勢見てきました。

                            スキ
                            43
                            • メタバース、クリエイターエコノミー、暗号通貨――あるいは不思議のWeb3

                              まともな人のメタバース論ではたいていクリエイターエコノミーの重要性が述べられていて、ときにNFTや暗号通貨などブロックチェーンも有効活用できると言われます。 しかし、現状ないし実際にはこの3つの概念・技術は無関係で、それぞれ独立して文化経済圏を形成することができます。 だとすると、これらはいったいなぜ同じまな板に載せられることが多いのか? それぞれの関係性について、Web3みたいなものを語っている人は本当に理解しているのか? と疑問を持ちました。 この疑問について、よう

                              スキ
                              17
                              • 要談とは何か、どうやればいいのか――clusterで始めた要談について

                                「いまの話題で話したいことがあったのに、別の人が別の話題を話し始めてタイミングを逃してしまった」 「その場のノリの騒がしさは楽しいけど、たまには落ち着いて話したいときもある」 こういうお悩みの解決策として有望なのが「要談」です。 僕はいま、メタバースプラットフォームのclusterで要談をもっと多くの人に楽しんでもらうための普及活動を行なっています。少しずつ魅力を知ってもらえるようになり、中には「要談とお砂糖になった」という人も。 要談に興味がある、要談に参加してみた

                                スキ
                                40
                                • clusterにいた1年半で考えたことと実行したことのすべて、そしてこれから

                                  僕がメタバースのclusterを使い始めて1年半が経ち、その間にいろいろな活動をしてきたんですが、「友達を作る」という目的がそれらの活動を根本で支えてきました。 雑談バーとしてこの大きな目的を実現するために、最初は幸甚亭というバーを作りました。当初冠していたのが「雑談バー」です。来てくれた人と雑談をして、少しずつ仲よくなれればいいなと考えてのことです。 オープン当初(2020年8月頃~)はclusterの人口は極めて少なく、短期間のログインを除くデイリーアクティブユーザー

                                  スキ
                                  45
                                  • コミュニティと治安維持とルール設計、バーチャル空間で快適さを保つためのワールド運営ガイド

                                    あなたが中心にいる居場所やコミュニティを快適に保ち、そこにいる大切な人たちを守るのは誰か? それはあなた自身をもってほかにいません。このことはリアル空間でもバーチャル空間でも同じです。 ということで、今回はメタバースのワールドを持っている人のために、ワールドの利用におけるルール設計の重要性と必要性、またその具体的な方法について、僕がclusterで運営している幸甚亭を例に書いていきます(内容自体はサービスに依存しませんが、主としてclusterを例に出します)。 どんな

                                    スキ
                                    48
                                    • 久々に追加コンテンツにも夢中になった『Inscryption』と、ゲームに体験させられることのだるさ

                                      巷で大絶賛のローグライクなカードゲームにしてサイコロジカルホラーと呼ばれている『Inscryption』をクリアしました。 本作はSteamのゲームでありながら、ゲーム内に散りばめられた暗号が現実世界とも連動するデザインになっており(いわゆるARG、代替現実ゲーム)、2021年10月頃に多くのゲーマーを駆り出させ楽しませてくれた作品です。 その出来と比ぶべくもなく、今年の僕のゲーム遍歴はあまり芳しくありませんでした。プレイした本数は極めて少なく、熱中したと言えるゲームは数

                                      スキ
                                      22
                                      • メタバース、うたかたの夢、人の縁

                                        世間からすれば非日常的でも本人からすると日常的な出来事は、「わざわざ書くまでもない」と思ってしまって記事にするのが難しい。 僕のいまのclusterを中心とするメタバース活動、通称「メタ活」はまさにそんな感じで、VRChatなど他サービスがメインであれ同じような心理状態の人も少なくないでしょう。 世間でどれほど騒がれていても、それがいつもの生活の一部であるがゆえに、何を書いて伝えればいいのか分からないし、伝えるモチベーションもないという。 ただまあ、それでもいま、すなわ

                                        スキ
                                        49
                                        • 自分には何の価値もない、と自覚することがクリエイターのスタート地点

                                          このところ随所でこじらせの話をするんですが、その焦点はこじらせクリエイターです。 こじらせクリエイターとは、おそらくいろんな解釈があると思われつつ、僕としては「自分への高い評価または可能性」と「世間や社会からの客観的な評価」に著しいずれがあってやきもきしている状態のクリエイターのことを指しています。 要するに、「自分はすごい(はず)」という自尊心に対して、社会が全然見向きもしてくれない状況にあるクリエイターのことです。 残念ながら、往々にして社会からの評価は真っ当であり

                                          スキ
                                          32