見出し画像

親の来し方を想う

田﨑 尚文

村上春樹『猫を棄てる』を読んだ。

戦争に翻弄された時間を胸にしまって生きる父。

その父の人生を記憶と記録を辿って綴る息子。

時空を超えた親子の結び付き。

強過ぎず、弱過ぎず、か細くも切れることのない、糸。

親の過去を受け継いで、今の自分がいる。
どういう形であれ、それは揺るがぬ事実。

それをどう受け止めて今を生きるか。
そしてそれをどう子に繋ぐか。

村上春樹さんがしたようにはできないけど、母の物語を書きたい。

戦中に生まれ、戦後の混乱を明るく生き抜いた母。

いや、生きてるけど。

だいぶ元気だけど。

本人の話を聞いてもまとまらないし、記録が残るような人生ではないから、フィクションになるけど、書きたい。
それだけの筆力がほしい。

この感想を書く前に、岸田奈美さんの感想noteを読んだ。

圧倒されまくった。
読まなきゃよかった笑

いやあ、書けねぇわ。
「風が雨になった」なんて。
『風の歌を聴け』から読んでんのにさ、こっちは。
悔しいわ。

基本的に、村上春樹作品は文庫を待つことにしているんだけど、これはならないかもしれない。
なったとしても、単行本の方がいいかも。
挿絵と装丁がすごくいい。素敵。

読んで、みんなも。


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!