35.【不思議恐怖体験‐2】『よ〇う〇ランドのお化け屋敷』 最終話: ~写真を受け取ったその深夜と、後日起きた事~
見出し画像

35.【不思議恐怖体験‐2】『よ〇う〇ランドのお化け屋敷』 最終話: ~写真を受け取ったその深夜と、後日起きた事~

宇佐美直人(Usami Naoto)
​▼目次
1.写真受け取った夜中
2.朝起きて
3.終わりに

~前回までのあらすじ~

【写真受け取った夜中】

友人達から写真の束を受け取って、
玄関で立ち話をしていると、
もう随分と時間が過ぎています。

友人達も遅くなるからと言い、
すぐに帰したあとは、どっと疲れました。

宇佐美:『なんか起きてんのも怖くなったし、
 もう寝るか、なんか疲れたな。』

自室に戻り、すぐに寝ようと思って
寝始めてから、深夜25時半。

腹部に違和感を覚えました。

その後、急激な腹痛に見舞われます。
『あ、やばい!』と思って立ち上がった瞬間


部屋で嘔〇しました。


急激なめまいにも襲われます。
『あ、コレはもうダメだ』と思い、
しばらくの間、トイレに籠ることになります。

15分後には落ち着きまして、体温を測ると、
39度の高熱。マジかよ…と思いながら、
その日は、また寝ることにしました。

画像1

引用元:https://www.pakutaso.com/20171112306post-13905.html

【朝起きて】

そこから、朝に起きて、昨日の晩に友人3人が
家に来た話し、そして遊園地で撮れてしまった
話しを両親に話をする。

父:「絶対その写真が原因だし、家置いとくのも
  気持ち悪いからどっか燃やすか捨てて来いよ」

そう言われて確かに家に置いとくのは気分が悪い。
ごもっともな意見だ、笑

写真をどこか遠くの場所に捨てに行こうと思い、
気分転換に自転車にまたがり出かけることにしました。


実家は一軒家なので、外のガレージの横に、
倉庫があります。
その倉庫のドア前に、かご付きの
自転車にまたがった時。

「あ、財布忘れた。取り行こう。」

そういって自転車の籠に、
心霊写真を伏せて、カゴに入れて、
取りに戻りました。

画像2


3階に財布があり、また戻ってから「さぁ行くか。」
と思い、自転車のかごを見たら、

さっき入れていたはずの写真がない。

宇佐美:『あれ、さっき入れたはずなのに。
 どっか飛んでったのか?』

そう思って辺りを探したのですが、結局、その心霊写真は見つかることはなく、忽然と僕の前から消えてしまいました。

いまもなお、どこかであの青白い顔が、
映ってしまった写真はどこかで、
彷徨ってるんだと思います。



因みに、翌日の夕方に、友人たちへそれぞれ
メールしたら、帰宅してから体調を崩し、
風邪をひいて寝込んでいたと聞きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【終わりに…】

そんなお話しでした。

いやー、不思議な経験、笑
でも、もしかしたらのこともあるのでね。

たまたま皆寒さにやられて、
たまたま僕が食べていたブラックサンダーが
たまたま当たってしまって
たまたま熱が出たとかっていうこともあり得ます笑

たまたまそういう写真が撮れてしまったと。

皆さんも、ふざけて変なことしないようにだけ
気を付けてください。

いわくつきのお化け屋敷の可能性があります。

むやみやたらと写真は撮らない方が、
いいかもしれません、笑

まだ、ネタはあるのでいずれかUPします、笑


では…👋

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとう😂✨
宇佐美直人(Usami Naoto)
音楽業界を稼げる業界にする為のプラットフォームを作る / 独立に向けて修行中 / 営業マンとRapper 二足の草鞋 / 『音楽』×『経営』×『気付き学び』×『不思議体験』 / 流砕-Ryusai-🎙Free Data 1st Album📁『願望に正直』