見出し画像

誰でも簡単に目立てる方法が、、、あるんです!〜nana-Tune〜

この記事は、2018年6月26日に公開されたものを転記したものです。

誰でも目立てるその技の名は、、、ケロケロ!

「もっと目立ちたい!」
「うまく歌えないけど拍手をたくさんもらいたい!」

誰でもそんなことを思うことってありますよね。nanaにはそんなニーズをワンタップで解決するスーパーエフェクトが用意されていること、、、ご存知ですか?

そう、ケロケロエフェクト!

これnanaでできるんです。ロボットボイスと呼ばれたりケロケロと呼ばれたりする技です。

え、知らない、、、?

いやいやきっと聞いたことがあるはずです。ちょっと聞いてみましょう。

どの曲をご紹介しようか迷いましたが、こちらのセカオワさんをご紹介します。

有名なサビの部分、声がロボットみたいですよね。これを「ケロケロボイス」とか「ロボットボイス」と呼んでいて、特殊なエフェクト(=音を変化させる機械や機能)を使うことでこういう表現ができます。

もう1曲、こちらも有名ですよね!

うーんカッコいい!

nanaでケロケロさせる方法

これ、やってみたくないですか?

プロの音楽制作で使われるAuto-Tuneというエフェクトが発端で生まれたサウンドと言われており、今では様々なケロケロエフェクトが登場しているものの、やはりプロ用グッズなので相応に高価なものなのです。

が!

nanaで、、、できるんです!

聞いてみましょう。

おおお〜!かわいいですね〜声とケロケロエフェクトがぴったりです。

これ、本格的な音楽制作機器を使わずに、nanaの中の「nana-Tune(ななちゅーん)」というエフェクト↓を使うことで誰でもできるんです。

録音した後に、「nana-Tune」をタップするだけ!

画像1

先程のPerfumeさんの曲もあるかな〜あった!

ということはドラゲも!? あった!

やってみたいですよね!?伴奏はこちら↓から。やってみてください。

Dragon Night / SEKAI NO OWARI

ポリリズム / Perfume

プレミアムに入らないと使えないんでしょ?

そうなんです。

nana-Tuneはちょっとプレミアムなエフェクトなので、nanaプレミアム(月額580円)に加入している方のみ使えます。ぜひ加入していただきたいのです、、、が!

nanaプレミアム、トライアル期間中は無料で使えます!なんとー!

ということで1ヶ月間、ケロケロしまくってくださいね!ぜひそのままプレミアムにご加入いただけると嬉しいです!

プレミアムの加入方法はこちらでご確認ください。

このアルファベット、何?

nana-Tuneをタップすると、真ん中にアルファベットが出ますよね。

画像2

これは曲の「キー」というもので、伴奏者さんが設定してくれている場合は、その曲にあったキーが自動的に表示されますので、このままでOKです。

マメ知識。
音階はドから次のドまで、ピアノで数えると12個の音があります。全部の音を使うわけではなくて、曲によって主に使う7つの音が決まっているんです。よく聞くドレミファソラシド〜の場合は、12個の音のうち、ドレミファソラシドという7つの音を使っていて、C(シーメジャー)というキーです。Cはドのことです。Dは、、、レ!

難しい、、、いや!難しくないです。

とりあえずそのまま(自動選択)でいいのでやってみてください!

なんかきれいな音にならないんですが壊れてるんですか

これはおそらく、、、先程のキーの設定が、曲とずれている可能性が高いです。曲がCというキーなのに、設定がDになっている、、、などなど。

しかし!

曲のキーを調べるのは、結構たいへんなんです。ちょっと音楽理論の知識がないと難しい。

ので!

適当に設定を変えてみましょう!

どこかで「あ!なんかきれいな感じになった!」という設定があるはずです。それが当たり!ピッタリに合わせたければ、お友達の伴奏者の方など、楽器が弾ける人に聞いてみるのも良いかも。

調子が悪い日、大きい声が出せない日にもnana-Tune!

じつは。

このnana-Tuneは音程を強制的に変えるエフェクトなので、少し音を外して歌っても直してくれるという機能が含まれています。

つまり!

声の調子が悪くて音がうまく取れない日もnana-Tuneで歌えばそれっぽく仕上がります!大きい声が出せなくて音程が取りづらい時ももちろん有効。

歌えなくて投稿を諦める必要はありません。調子が悪い時はぜひnana-Tuneを使ってみてください。

ほら!いい感じ!

どういう仕組みでケロケロするの?

これ、不思議ですよね。

詳細は割愛しますが、すっごく簡単に説明すると、音と音のつながりが「急」になることでケロケロ聞こえるんです。人間はロボットではなくてアナログなので(苦笑)、歌を歌うと、ある音と音のつながりはなめらかに、段々音程が変わってつながるんです。階段ではなくて、坂になっている感じです。

ケロケロエフェクトは、この音のつながり・坂を「急」に、「階段」にするエフェクトなんです。階段になった部分で、「ケロ!」っていうんです。

画像3

上の図では、緑の部分がカクっとなってますよね。nana-Tuneをかけることで、この部分で音程の変化が「人間っぽくない音程」に変化します。そのため、「ケロ!」っと聞こえます。

同時に黒線の音程にピッタリ合わせるため、きれいな音程になってよりロボットっぽくなります。そう、人間っぽさがなくなる、人間には出すことが難しい音にすることでロボットボイス、ケロケロボイスになるんです。

面白いですよね!

コツはあるの?

コツは、「心をロボットにすることです」。笑

え?いや、本当にそういうコツなんですww

nana-Tuneをはじめとするケロケロエフェクトは強制的に音程を変化させるので、歌の音程が「揺れすぎる」と、変化が多く、高速になってしまってケロケロしすぎてしまうんです。

こちらのユーザーさんのように心を無にしましょう!

感情を込めて歌い上げたいところですが、そこは心を無!にして、真っ平らに歌ってみましょう。きれいにケロケロしてくれますよ!

おお〜ケロケロ!と思ったこちらの方、、、、nana-Tuneを使わずにこの感じ。。って、ネイティブケロケロ女子高生AIりんなさんでした。これはこれで羨ましい!笑

さぁケロケロして遊ぼう!

もうやりだしたら止まりません!

ぜひ皆さんも

ケロケロ

仲間に

来てくださいね!

あ!投稿する時に「#ケロケロエフェクト」「#nana-Tune」「#ケロケロ」といったタグをキャプションに記入すると、ケロケロ同士で繋がれるかも!?

もちろん、販売されている音源で聞くケロケロと全く同じにはなりません。あちらは、プロのクリエイターさんがものすごーく微妙な調整を重ねて作られている音源なのですから。

でも!ケロケロの楽しさ、カッコよさはnanaで十分知ることが出来ます。ぜひnana-Tuneを使い倒してカッコいいサウンドを作ってくださいね!

バナーイラスト:姫野かげまる
https://twitter.com/HIMEMARU_0w0_







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わ!嬉しいです。今後もnanaについて発信していくのでフォローもぜひ
1
音楽SNSアプリ「nana」を運営する、株式会社nana musicの公式コーポレートメディアです。nana musicが描く未来から日々の社内での日常まで、幅広いトピックスをお届けしています。 http://nana-music.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。