Nagi@ドイツでワイン醸造家
ノンアルコールワインの先を視る
見出し画像

ノンアルコールワインの先を視る

Nagi@ドイツでワイン醸造家

ノンアルコールワインへの注目が大きくなってきています。

最近では商品数も増え、スーパーの棚で見かけることも増えてきました。またワイナリーが自社のワインリストに特定のワインのアルコールフリータイプをリストアップする事例も増えてきています。ノンアルコールワインの市場は着実に大きくなってきています。

ドイツではこの拡大する市場をより詳細に理解するためにEUから巨額の資金援助を受けた調査研究、Weinnovaプロジェクトが2019年から進められています。2022年末まで続くこの長期調査によって、ノンアルコールワイン市場の概要がより鮮明になってきました。

現時点で報告されている内容の一部をまとめた記事を公開しています。

ワインのアルコールフリー化 | ワイナリーの新戦略

ノンアルコールワイン市場の拡大は時に消費者のアルコール離れの象徴として悲観的に語られることもあります。しかしこの調査の実施者や実際に製品の開発、販売を行っているワイナリーでは逆に経済的なメリットのある動きとして捉えています。

一方でこの流れは単純にワインをアルコールフリーにして販売価格を高くすることや、飲酒運転を避けるために今までは飲めなかったシーンでワインを消費する機会を提供すること以上に大きな意味を含んでいるように思えます。

この記事ではそうした、ワインのアルコールフリー化の流れの先にあるものについて考えていきます。

この記事はオンラインサークル「醸造家の視ているワインの世界を覗く部」に公開された記事の内容の一部を再編集したものとなります
#サークル記事

この続きをみるには

この続き: 1,513文字
記事を購入する

ノンアルコールワインの先を視る

Nagi@ドイツでワイン醸造家

498円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Nagi@ドイツでワイン醸造家

ありがとうございます。皆様からの暖かい応援に支えられています。いただいたサポートは、醸造関係の参考書籍代に充てさせていただきます。

Nagi@ドイツでワイン醸造家
ワイン用ブドウ栽培とワイン醸造の専門家。 ガイゼンハイム大卒/ドイツで800年続くワイナリーの中心メンバー。元ワイン無関係の会社員で決断力のある方向音痴。醸造用葡萄の栽培醸造エンジニアの視点から、ワインにまつわるブログ(https://nagiswine.com)も書いてます。