糠塚きゅうりの一番美味しい食べ方
見出し画像

糠塚きゅうりの一番美味しい食べ方

切って!叩いて!揉むだけで!
5分できる!いや5分もかからない無限きゅうりの食べ方です。
ほどよい苦味の糠塚きゅうり。塩昆布との旨味が相性ばっちりです。
今回は、地元八戸の”糠塚きゅうり”を使用しましたが、
もちろん普通のきゅうりでも。

画像1

●材料●
きゅうり 1本
きゅうりの重さの2%の塩
塩こんぶ 1つまみ
ごま油 大さじ1

⑴ きゅうりのヘタをとって4等分くらいにカットしたら、ポリ袋に入れて
まな板の上にのせたら、綿棒で袋がやぶけない位に叩きます。

画像2

⑵ きゅうりの重さをはかって、2%の塩と塩昆布、ごま油を入れてよく揉んで冷やします。

画像3

画像4

【レシピのワンポイント】
すぐに食べたいときは冷凍庫で冷やすと、短時間でぐっと味がなじんで美味しいですよ。

糠塚きゅうりとは・・・一般的な細身のキュウリよりも薄い緑色をしており、形はずんぐりして太く短いのが特徴。見た目はヘチマみたい。
重さは約500グラムにもなるものもあります。
独特のシャキシャキとした食感と苦みが最大の特徴です。
普通のきゅうりと思って食べるとびっくりしますが、組み合わせ次第でとっても美味しく♡

note ノート 記事見出し画像 アイキャッチ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
旅する料理家♡人生のレシピを作る!なぎさ なおこ
青森県八戸市在住。世界を旅する食育料理家。病気、怪我の予防の身体を食で育むがコンセプトの「なぎさカフェ」オーナーシェフ。2015年料理本グルマン世界料理本大賞のウーマンシェフ部門で世界2位受賞。全国各地の店舗プロデュースやコンサルティングをしながら全国食べ歩きが趣味。2児のママ