子どもたちのごちそう☆簡単ミートボール
見出し画像

子どもたちのごちそう☆簡単ミートボール

みんなで作ってわいわい食べたい料理。
ホットプレートで作るとごちそう感も出るのでおすすめです。


たくさんのミートボールを一度に焼けるため、パーティーなどにおすすめ!
広いホットプレートの上で重ならずに煮込めるので、
形が崩れる心配はありませんよ!!

こどもと一緒に丸めて乗せて、チーズやお好きなソースをトッピングするのもいいですね。

画像1

●材料●
・合い挽き肉…400g
・タマネギ…2分の1個(みじん切り)
・たまご…1個
・ 片栗粉…大さじ2
・塩…小さじ2分の1

・ サラダ油…大さじ1

(ケチャプソース)
  ・ケチャップ…大さじ4
  ・とんかつソース…大さじ2
  ・しょうゆ…大さじ1
  ・みりん…大さじ1
  ・水…50cc

⑴ タマネギはみじん切りにします。ボウルに合い挽き肉、たまご、タマネギ、片栗粉、塩を入れて練ります。

画像2

画像3

⑵ ⑴を一口大のミートボール状にして、フライパンにサラダ油を入れて焼きます。ケチャップソースを混ぜ合わせておきます。

画像4

3・2の表面が焼けたら、ケチャップソースの材料入れて煮込みます。

画像5

4・ソースにとろみがついて煮詰まったら完成です。

画像6

☆今回はピザ用チーズとパセリ、ミニトマトをトッピングしました。

【レシピのワンポイント】
ソースを多めに作ってパスタに絡めたり、ご飯にのせたり、オムレツに合わせて食べても美味しいですよ。

こどもも大人も大好きなケチャップ味のミートボールは
お弁当にもぴったりです。
たっぷり作って作り置きにもおすすめです。


ミートボールとハンバーグの違いや起源が気になったので調べてみました。

 ミートボールは、ハンバーグを小さく丸めて食べやすくしたものと思 われますが、起源は良く分からないそうです。明治時代に文明開化として肉 食が奨励され、洋食レストランでひき肉料理の「ジャーマンステーキ」、「ミン チボール」というメニューがあったようです。

一般的な家庭料理になったのは 1950年頃からです。忙しい主婦向けに即席ハンバーグが生産・販売されたのは 1962年、家庭用冷蔵庫が広く普及し、冷蔵のチルドハンバーグが売り出されたの は1970年、チルドミートボールは1974年からです。

やはりミートボールは忙しい主婦の味方なんですね♪


この記事が参加している募集

休日のすごし方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
旅する料理家♡人生のレシピを作る!なぎさ なおこ
青森県八戸市在住。世界を旅する食育料理家。病気、怪我の予防の身体を食で育むがコンセプトの「なぎさカフェ」オーナーシェフ。2015年料理本グルマン世界料理本大賞のウーマンシェフ部門で世界2位受賞。全国各地の店舗プロデュースやコンサルティングをしながら全国食べ歩きが趣味。2児のママ