ナガオカケンメイ

D&DEPARTMENTディレクター d design travel発行人 デザイン活動家です。長く続く個性的なもの、ことに関心があります。東京渋谷ヒカリエ8階の8/には、日本初の物産MUSEUM「d47MUSEUM」を運営しています。最近「つづくをつくる」(日経BP社)を出版!
    • ナガオカケンメイの考え

      • ¥1,000 / 月
      • 初月無料

      あの「ナガオカケンメイの考え」の続編です。基本的に怒っています。笑なんなんだょ!!って思って書いています。

固定された記事

ケンメイのために歌うか

僕がアルバム「浄夜」に出会ったのは、沖縄石垣島のとあるバー。ぺんぎんあいりさんに連れて行ってもらったそこで流れていた。すぐに「これ、誰」と、バーの人に聞いたこと…

300

動物に返ろう

何かの本で読んだのですが、これからますます「説明のうまくできないことが増えていく」そうです。何の本だったかは頑張って思い出しますが、なんとなくわかりませんか? 逆…

300
+7

d&departmentは、travel departmentへ(下書き)

ネットストアの時代が益々加速すると、私たちはどんどん自分の場所に「モノ」を引き寄せます。翌日届く、新鮮な旬なまま届く、無料で届く、詰め合わせで届く・・・・・・。…

+11

浄夜ライブを終えて

なんども書いていますが、僕は沖縄にアパートを借りるほどに、沖縄を好きになってしまいました。それは文句なしの魅力というよりは、魅惑。わかりやすさと、わかりにくさと…

田舎の人間関係にビビるな

田舎は人間関係が全てだと思います。特に他所から来た人は「よそ者」としばらく品定めされる。その人の「周りの評判」で判断もされる。良くも悪くも、出る杭は本当に打たれ…

300
+3

現地で食べたい

僕は沖縄に行くと決まって泡盛を飲みます。しかし、東京に戻ってきて、それを飲んだり、取り寄せたりしたいとは正直、思いません。美味しく感じない、というか、沖縄で飲ん…

300