見出し画像

SnowMan向井康二に学ぶ「ファン化」の法則。

小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。

ファンになるとは、
ただ好きになることでは、ない。

・目が離せない
・応援したい
・てっぺんに登ってほしい

もっといろいろな感情が
混ざっているのではないか。

今日、9月21日。

日本でいちばんCDが売れている
ジャニーズのグループ「SnowMan」の
セカンドアルバムが発売となった。

なぜ彼らは人気なのか。

個人事業主として活動している私や、
これから起業したい人にも参考になる
「ファン化」について考えてみよう。

「接触頻度」が多いと好きになる?

私は、
この5月からSnowManの
ファンになった。

SnowManには9人のメンバーがいる。

興味のない人のために
メンバー全員の本名は書かないが、

最初は、
「全員好き」「SnowManが好き」
とグループの推しだった。

(「箱推し」と呼ぶ。)

公式YouTubeは毎週水曜の
17時に更新されるため、

水曜日の夕方だけは、
時間を気にしながら
4歳の息子を保育園まで迎えにいく。

「ジャニーズweb」という
スマホ専用の有料サイトでは、

メンバーがこまめに
ブログをアップしてくれる。

その中でも、

ほぼ毎日更新しているのが、
「向井康二」くんだ。

ブログの内容は、

「今日はこんな撮影があった」
「こんなところに行った」

などの「日記」だ。

アイドルだからこそ、
「ただの日記」だとしても
ファンは待ち遠しいだろう。

私がまだ「箱推し」だったころ、

日課のように向井康二くんの
ブログを読んでいた。

「あれ?」
「ん?」

YouTubeでも、テレビ番組でも、
向井康二くんばかり見ていた自分に
気づいのだ。

「単純接触効果」にまんまと
はまってしまったのだ。

アイドルだけじゃない。個人事業主にも必要な「単純接触効果」。

「単純接触効果
(たんじゅんせっしょくこうか)」
とは相手との接触回数が増えるほど、

その人を好きになったり、
親近感を感じたりする効果のことだ。

向井康二くんは
海外ロケでの「スッピン動画」を
惜しげもなくアップしてくれたり、

ブログでは自撮り写真や、
メンバーのオフショットも
載せてくれる。

ファンが喜ぶ「声かけ」も
してくれるため、

「毎日接触していたら
いつの間にか好きになっちゃった」
のだ。

私のような個人事業主にも、
単純接触効果は必要だ。

3日に1回ブログを更新している人と、
1ヶ月に1回更新している人では
接触する回数が全く違う。

向井康二くんは、
ほぼ毎日だ。

「個人事業主として
まだまだできることがある」

私を「ファン化」した
向井康二くんが教えてくれた。

私たちより、数百倍忙しいSnowManがやっていること。

SnowManを好きになったとき、
こんなに人気のあるグループだったとは
知りませんでした。

だから、
「私が応援しなくても大丈夫」
なのでしょう。

デビューまで15年かかった
メンバーもいたり、
私が知らない過去も
たくさんあると思います。

それでも、
向井康二くんから、
SnowManから目が離せないのは
純粋に「推したい」から。

「過程」を見ていたいのです。

私たちよりはるかに忙しく、
時間もなく、
家族に会える時間も「1年に数回」
でしょう。

そんな彼らでも、
ブログというツールで
ファンとの接触を考えて
くれているのです。

「個人事業主」は
ひとりでできることに
限りがあります。

だからこそ、
パートナーを見つけたり、
苦手を得意な人にお願いしたり、
続けるための工夫が必要です。

SnowManも
たくさんの人の力を借りているからこそ、

自分たちのパフォーマンスに
集中できるのだから。


▼「やらなきゃ」に追われない毎日が叶うメルマガ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。

最後まで読んでいただきありがとうございました◎たくさんのビュー、スキが執筆の励みになっています。いただいたサポートは子どものおやつにさせて頂きます◎

小谷祐子/自分のリズムで、うまくいく。
「やらなきゃ」に追われない毎日を叶える人を増やす活動をしています/働くひとのパートナー/メンタルオーガナイザー®︎/時間を生み出す個別コンサルなど/広島在住/1女1男の母/ 読書・紅茶・snow manが好き/ウェブサイト https://mybox2019.com