スライド3

ビジネスモデル図解~アリババ集団について~

どうも、きょんです。

先日ビジネスモデル図解制作委員会に参加してから図解熱が高まり、作業を始めたら止まらなくなってしまう日々が続いております。

今回は、一つの事業についてではなく、複数事業の図解、およびそれら事業の関連性についての分析と考察を兼ねた図解となっております。

アリババ集団、聞いたことは多いかと思います。まだアリババが事業を軌道に乗せるために四苦八苦していた頃、孫正義さんが巨額の投資(2000年に2000万ドル、2004年に6000万ドル)をした話とか有名ですよね。その集団の構成はどうなっているのか、事業は何をしているのか、何がすごいのか、そういった具体的な説明ができる方はあまりいないのではないでしょうか。私の周りにはいませんでした…。

2016年、売り上げが世界最大の小売・流通企業となったアリババ集団。この図解で少しでも理解していただければ幸いです。

以上です。疑問点や、改善点などあればどんどん教えてください!そのためにやっているようなものなので。

お粗末様でした。さすがにボリュームが多いものを連続してやるのは疲れたので、今度はまた単発でやっていこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると励みになります!いただいたサポートは新しい本を読むために使わせていただきます。ありがとうございます!

この記事を楽しんでいただけたなら本当にうれしいです!
40
図解総研所属。複雑な本やテーマを図解してシンプルに分かりやすくして発信したり、その図解を用いて様々な立場の人が対話する場を作ったりしてます。Twitterでも活動中(https://twitter.com/kyon_hcj )。

この記事が入っているマガジン

#図解 記事まとめ
#図解 記事まとめ
  • 198本

note内にあるよい図解記事をまとめます。 主に #図解 のついた記事を巡回して追加していきます。図が主役の記事がメインです。

コメント (5)
コメントありがとうございます!そうですね、私のnoteは、スタイルが確立されているわけでなく試行錯誤の途上にあるので、自分なりのやり方が確立されればその時に考えようかなと思っています。でも基本的にはこうしたコメントやスキで反応してもらえること、自分の知識や思考をアウトプットする機会を得られていることで満足しているので、当分はないかもしれないですね(笑)。
そうなんですね!きょんさんの図解系好きなんで、楽しみにしてます!きょんさんのnoteがもっとたくさんの方に見られる方が嬉しいですね!
ありがとうございます!非常に励みになります!これからも色々な題材について、手探りしながら図解していこうと思っています。楽しみにしていてくださいね!
アリババが創業した1999年当時は、インターネットを使って企業間取引を行うという習慣が無かったので、

企業間取引
定説:営業を行う/紹介してもらう
逆説:インターネットで取引先を探す

というのもありそうですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。