見出し画像

出会いに出会う。古本屋。

「いつからいるの?」

「一体誰を待ってるの?」

棚から動かずただただ待ち続けている本達を見ていると、ついそう問いたくなる。

ぴかぴかの本じゃない。
ここにあるのは、一度誰かの手に渡った本たち。

「一度」だけではなく、何度となく色んな人の手に触れられてきたのかもしれない。

パラパラとページをめくれば、新品の本と違い、すっと手に馴染む感覚がある。
前の「読み手」の存在を感じる。

今度は私が新しい主になってもいいだろうか?
そう問うても、何も答えない。
ただそこにあるだけ。

だからこそ、自分が手にした出会いに運命的なものを感じてしまう。
そこから始まる新たな世界が垣間見える。

行ってみようか。
行けるだろうか、この本と。

半信半疑の期待を胸に、レジへ向かう。

「今日からお前はうちの子だよ」

帰ってきて、自分の本棚に並べる。
新たな家族。

さあ、どんな世界なのだろうか。
期待通りか、期待以上か、期待が無駄になるのか。なんだっていいじゃない。
ページをめくっている時間は、ものすごく満ち足りているのだから。

また誰かに出会えるだろうか。
もっともっと、素敵な世界に出会えるだろうか。

そんなワクワクする出会いが隠れているから、古本屋通いはやめられない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです^^
6
93年生まれ。書き物、猫、尾道、ベトナムが好き。日本語講師。日常のなんでもないことをつれづれなるままに、書き散らしてます。
コメント (2)
読ませていただきました!すごく素敵な記事ですね!
ときえもんさん
読んでいただきありがとうございます!嬉しいです^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。