見出し画像

心を空にする


わたしは、心が荒んだ時には、散歩をするようにしています。


高校三年生、受験の結果が心配で、発表まで毎日病んでいた時に見つけた方法です。


当時、散歩をしている時は、 無 になって、現実を忘れられましたし、不安も和らぎました。






今では、その後の予定が無ければ、行き先を決めず、時間も決めず、疲れるまで歩きます。

大体1.2時間程度で疲れます。頑張れたらもう少し歩きます。


何か予定があったり、課題があったりする時は、バスの最寄駅から一駅だけ早く降りて、歩く距離を稼ぎます。


一昨日は、お気に入りのスカートを履いていたので、嬉しくていつもより多く歩きました。2万歩も歩いていて、万歩計を見て自分でも驚きました。

画像1




歩いている最中は、特に何も考えず、ぼーーっとしています。


ここ日向やし肌が焼ける!日陰いこ!とか

スーパーで買い物帰りのおばちゃん、荷物多くて自転車ふらふらやけど大丈夫かな とか

あ、ギリギリで信号赤になっちゃった とか。


歩いていると、現実逃避できるというか

余計なことを考えなくて良い、というか

運動にもなりますし

特に何か、ポジティブになれるとかいうわけではなく、一旦現実を忘れる、という感覚。


心をリセットする感じですね。少しだけ、ね。


都合の悪いことをとりあえず忘れます。

帰ってきて思い出しても、散歩前よりは楽観的になっています。少しだけね


散歩って、健康にも心にも良いそうです。


心の健康が、体の健康に繋がります。


「病は気から」  です。


自分なりの、一旦現実逃避ができる方法を

ひとつでも見つけることは、大切だなと

身をもって感じます。


わたしは、 散歩 という方法を見つけられたことを、幸せに思います。


noteをはじめてから、3日間とも晴れです。

なんだか、このスタートが、良い出来事の引き金のような感じがします。


今日も良い日になりますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!嬉しいです、♡
3
過食症。心の日記です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。