政府債務は「将来世代の負担」なのか?
将来世代負担タイトル用

政府債務は「将来世代の負担」なのか?

政府債務(国債)は将来世代の負担、将来世代のツケだ』という表現、ないしアナロジーは、財政論議で散見されるものだ。(例:放置されたままの将来世代へのツケ回し 政府・日銀の一体化で失われた財政規律

こうした主張に関しては、アバ・ラーナーの機能的財政論を引用しつつ反論する論者や、世代重複モデルを用いて擁護する論者など、賛否両論あり、また論点が不明瞭ないし複雑になっている。

この議論に関して、上述した機能的財政論と世代重複モデルの双方を扱いつつ、議論の整理をはかり、複数世代を考慮した財政論についての理解を深めることとしたい。

①機能的財政論による反対論

②世代重複モデルによる擁護論

③混乱の源は、「将来世代の負担」という言葉に関する意味の食い違い

④結局、政府債務を減らすべきなのかどうか

関心のある方には是非ご購読いただきたい。

この続きをみるには

この続き: 3,459文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

財政に関連する一連のnoteをまとめました。

第一巻以降に発表した経済学・経済論noteと、マニアック経済学論の方に発表したnoteをまとめました。 第一巻はこちら→ https://…

または、記事単体で購入する

政府債務は「将来世代の負担」なのか?

望月慎(望月夜)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
主に経済政策について執筆していきます。 金融、財政、貿易、公共政策などが関心分野です。 Modern Monetary Theory(MMT)支持者。 経済学・経済論→https://note.mu/motidukinoyoru/m/m90e376619260