見出し画像

『勇気と元気とやる気とパワーが湧いてくる筆文字シリーズ Vol.71』

ボクはリハビリテーション専門職として、手間を惜しまないようにしています。

ボクたちが接するヒトは基本的に、生活をする上で何かにお困りの方です。

だから気持ちに余裕があるかって言ったら、そうでないことが多いです。

それは対象者も、その対象者の周囲を取り巻く関係者もです。

だからこそボクたち専門家が発するコトバもそうですし、雰囲気づくりにも手間を惜しみません。

こちらが発したコトバや表情のアクションに対する対象者のリアクション。

そのリアクションに対して、どういう引き出しを提供すれば良い反応が得られそうかと考えて出すリアクション。

この掛け合いがボクはとても好きです。

一言で空気がガラッと変えられます。
しかし反対にガラッと崩れてしまうことも稀にあります。

そうなったら取り返すのが大変なので、
コトバを含めた態度、
印象を良くするための身だしなみ、
安心感を与えられるような表情、
修羅場を経験してきているからこそ出てくる存在感、
どれも最高のものを提供するために手間を惜しみません。

だから勉強するのです
医学のことからマーケティングのことまで。

だから勉強し続けるのです。
今日が自分史上最高の自分であるために。

手間を惜しまずコツコツコツコツ継続しまくるのです。

ボクの設定したゴールなんてまだまだ先です。

昨日も10名以上の方々と新たに出会うことが出来ました。

ご縁に感謝です。

今朝もお礼状と共に直筆の筆文字はがきをプレゼントすることから、ボクの仕事は始まります。

皆さんも毎日手間を惜しまずにいきましょうね。

そして最高にワクワクする毎日を過ごしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた贈り物はそっくりそのまま、年間1000枚書いて全国の皆さまにお届けしている直筆はがき代に充てさせていただきます。

3
地域を明るくする超行動派理学療法士として、日々必死こいています。 筆文字で書いたスケッチブックを用いて行う講話は延べ300回、6000人以上が参加して下さるまでに拡がってきました。 ご覧になった方が、『勇気と元気とやる気とパワーが湧いてくる』筆文字を毎日投稿していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。