地域本こだわりのイラスト
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

地域本こだわりのイラスト

地域本でこだわっている1つとして、イラストが挙げられる。
イラストは各県における象徴的な地元人や歴史上の人物、有名な物などの特徴を捉えた面白くインパクトのあるものとなっている。


文庫版はこんな感じ。

200818文庫鳥取県_カバー帯なしRGB

200818文庫島根県_カバー帯なしRGB

地域本文庫_川口市_カバーH1帯あり

茨城県2_カバー帯あり


B5だとこんな感じ。

210125地域本_福島県_B5_H1


画像4


地元住民でないとなかなか伝わらないだろうが、地元住民なら絶対に伝わる(?)このイラストやキャッチで共感を得ることで読者の興味を引いている。

このイラストを作成してくださるのが田川秀樹さんだ。
田川さんは地域本のイラストを長年作成してくださっており、難しいニュアンスの注文にも応えてくれる。

そんな田川さんが銀座一丁目駅すぐ、銀座中央ギャラリーにて鈴木ひょっとこ様銀座中央ギャラリーにて『俺のヒーロー私の家電』二人展を開催されている(写真掲載許可取っております)。こちらの4階11号室、411だ。

画像7

画像6

画像5

こんなステキな建物の中、ほとんどがギャラリーとなっている。

画像14

ポストにはチラシが貼られている。


こちら、二人展が開催されている銀座中央ギャラリーの作品だ。


画像9

画像8


画像14


作品はもちろんのこと、二人展はとても素敵な空間であった。
いくつか紹介させていただいたが、これ以外にも様々な作品があった。
実際に見たほうが良さが伝わるので実際にギャラリーに行くことをオススメする。

画像12


画像13

銀座周辺には他にも様々なギャラリーがあるので、調べて立ち寄ってみるのもおもしろいだろう。
私は職場が徒歩ですぐということもあり、今回ご挨拶もかねて伺わせていただいた。

今は緊急事態宣言中なので出来る限り外出は避けたほうがよい。ただ、今回思ったのは芸術やアートには力がある。コロナ禍でどの業界も本来の力が発揮できずに悔しいところだが、後のために力をためていければと思う。

最後に一言、芸術は爆発だ。


田川秀樹さんTwitter、鈴木ひょっとこ様Twitter



--------------------------------------------------------------------------

累計100万部突破!あなたの街もきっとある!北海道から鹿児島まで、全国各地のあんな問題やこんな問題を一刀両断!地元民も知らない新たな街の一面も!

大人気地域批評シリーズ!のホームページはこちら ↓










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご丁寧にありがとうございます!これからも宜しくお願い致します。
地域本!チイキマニアクス【マイクロマガジン社第一編集部】
累計100万部突破の地域批評シリーズ『これでいいのか〇〇』の情報や作成の裏側をお届け! 熱意ある面白くかっこいい本の新規企画も続々構想中です!