宮野タダヒロ@40代後半親父起業家

すべての大人の笑顔のために!「真のライフステージ」をマーケティングの力で応援する 地域いちばんコンサルタント。起業、第二の人生へのきっかけ作りをお手伝い。 スポビジ大学@認定スポーツコンサルタント。

宮野タダヒロ@40代後半親父起業家

すべての大人の笑顔のために!「真のライフステージ」をマーケティングの力で応援する 地域いちばんコンサルタント。起業、第二の人生へのきっかけ作りをお手伝い。 スポビジ大学@認定スポーツコンサルタント。

    最近の記事

    挑戦するのに遅いことはない

    放置だったnoteですが、何かを記したいなと思い近況報告。 この6月末からまた教習所に通い始めました。 今回は自動二輪免許を取得するためです。 高校生の頃はみなさん同様に、車やバイクに興味を持っていました。 16歳の頃、どうしてもバイクに乗りたくて親に相談しましたが、危ないからとの理由で大反対されました。 当時は「聞き分けの良い少年」でしたので、そんなもんかなと思いながら、教習所に通うお金も工面できなかったため諦めてしまい、いつしか興味を失っていました。 実の所、気持ちに

      • 試着難民

        このコロナ禍の中、自宅警備員、もとい自宅待機の日が増えました。 しかし、何気に着替えて真面目に待機していたりする。 あくまで「自宅待機という意味合いの出勤自粛」のため、何かあった場合は出社義務があるからである。 すでに過ぎ去った緊急事態宣言の日々ではありますが、 その最中は着る物、いわゆる洋服に困った。 どこもお店はやっていないし、自分のサイズ感に自信が持てないから、オンラインでの購入も気がひけてしまう。 そのためネットでサイトを見てはあきらめ、いつか店舗が開いたら買いに行

        • (ベタに)ZOOM飲み会やったよ

          やっと緊急事態宣言が39県で解除され、少しずつコロナ騒動の先行きが見えかけてきたように見える現代社会。 しかしながら、首都圏を始めとして一部地域では、引き続き緊急事態宣言の発出下にあります。 相変わらず、いつ明けるともしれない状況ではありますが、そんな中ですが、昨晩オンライン飲み会&グループコンサル会が実施されました。 主催は我が師、宮城哲郎さん。 「スポーツプレナークラブ」という、大好きなスポーツで生計を立てるための会メンバー限定のZOOM飲み会でした。 一緒にコンサ

          • 再構築宣言

            引き続いているコロナ禍。 その最中4/7に「緊急事態宣言」が7都府県に発令された。 それを受け、翌週から休業要請をする知事たち。 しかし、休業と補償が一体になっていない。 これでは経営者の方々、やむをえず休まなくてはならない方々からクエスチョンが投げかけられても仕方ないと思う。 そのような情勢の中、医療関係者やスーパー、コンビニなど生活必需品をあつかうお店の方々のご苦労には頭があがらない。 本当にありがとうございます。 さて、この緊急事態宣言に際し、政府主導の対策では、

            駆けつけたい、こんな状況でも

            まだまだ終わりの見えないコロナ禍ですが、本当に緊迫した状態になってきました。 TVでは、東京都の一日の感染者数が140人を超えたというニュースが流れ、今後も予断を許さない状況が続いています。 不要不急の外出は控えよ!と言われている中、起業塾でお世話になった先生が、市の仕事から離れて、4月1日から市内に事務所を構えたとのご連絡をいただいたので、ご挨拶を兼ねて活動の開始をご報告に行かねば!と、こっそり伺ってきました。 今回、お祝いに選んだのは、富士酒造の日本酒「栄光富士」。

            親父的リモートワーク!?

            コロナ禍がさらに大変なことになっている今、我が家の近辺でもコロナ陽性の方が確認され、戦々恐々としています。 そんな中でも必ず来たる未来に向かって、何をして行くかを考えないとなりません。 親父が思うに、アフターコロナの世界は来なくて、ウィズコロナの世界になるのではと推測しています。 となると、インフルエンザと同様に何かしらのワクチンが完成しないと安心できない世の中になってしまうと思います。 とするならば、直接会って提供できる価値とは違う、他の価値提供を考えなければならない時

            40代後半親父の起業奮闘記

            この歳からのチャレンジ に、大半の人は無理だ、辞めておけと言われると思う。 私も相談される立場だったら、そのように答えたかもしれない。 しかし、誰にも相談せずに自分で決めた、この選択について経験してきたことを残したいと思います。 事の発端は、市からのお知らせでした。 今となっては、メルマガだったのか、たまたま見た市のホームページだったのか忘れてしまったが、ともかく、そこに掲載されていた「起業塾」なるものに興味本位で申し込んでみました。 思えば、現状に満足しておらず、会社

            有料
            500

            ご挨拶

            初めまして。 マーケティングコンサルタントの宮野忠広です。 noteにも自分のメディアを持ちたいと始めたのですが、他SNSメディアよりも、個人がクローズアップされる印象を持ちました。 そこで、簡単ではありますが自己紹介を。 東京都出身のスポーツ好きです。 小中高とサッカーをしていました。 強豪校と呼ばれる学校とは程遠い、いわゆるガンダムに例えるとザクやボールのような位置付けの学校です。 高校でサッカーから離れましたが、今でもサッカーやスポーツが大好きです。 その後は

            大人の笑顔のために…

            Whyマーケティングコンサルタント? 色々な方の様々な悩みを解決するために、星の数ほどの○○コンサルタントで溢れている現在、なぜマーケティングコンサルタントを志したのか。 これは、とある知人の誕生日のお祝いをした際、その笑顔を見た瞬間にビビッときた閃きでした。 「大人が元気じゃないと、子供が元気になれる訳がない!」という思いが降りてきました。 当時は、まだ考えもまとまっておらず、「何かで起業」という思いだけでふらふらしていたように思います。 「大人の笑顔のために…」