ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】

本業はイラストレーター。noteでは文章作品を集めて、いろいろな形の本を作っています。…

ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】

本業はイラストレーター。noteでは文章作品を集めて、いろいろな形の本を作っています。プライベートでは夫と息子二人、猫一匹にふりまわされっぱなしの日々。

マガジン

  • みんなの 縦スク文庫

    みなさまが作ってくれた縦スク文庫たち

  • 【ノトコレブック】文学フリマへの道

    『創作したい』たくさんのひとたちと ゼロから創り出した本【ノトコレブック】。 書くひとも読むひともワクワクできる仕掛けをめいっぱい盛り込んだ本を目指して。 2023年5月21日(日)🌟文学フリマ東京🌟への出展というゴールまで走り抜けた制作ドラマを綴っています。 📕ノトコレブック📕 バインダー式のカスタマイズできる短編集。 本文の印刷から組み立てまでをオール手作業で行なっている、異色の本です。

  • 【縦スク文庫】Canvaでお試しテンプレート

    Canvaで簡単に縦スク文庫が作れるテンプレートをご用意しました。

最近の記事

  • 固定された記事

縦スク文庫、はじめました。

どうも、ミムコです。 そして、突然、 【縦スク文庫】というものをはじめました。 知らない方は、何だそれ? と不思議に思ったことでしょう。私のことをある程度ご存知の方は、あの人は、また何か思い付いて始めたな、と思ったかもしれません。笑 縦スク文庫とは⬛︎どんな本なの? 縦書きの小説やエッセイを縦スクロールで読みやすいようにデザインした、スマホ読みに特化した新感覚の電子書籍です。 スクロールしている動画をご用意しましたので、見ていただけると、どんな感じか伝わるかと思いま

    • ノトコレブックと縦スク文庫のこれから

      どうも、お久しぶりです。ミムコです。 次回のノトコレブックの募集はまだなのか、縦スク文庫の制作はどうなっているんだ? と気にかけてくださっている皆様、申し訳ありません……! 実は……夫が20年いた業界から出て、新たな業界へチャレンジするということになりまして。私たち家族は小舟で大海原に出航し、未知の航海が始まったという状況で、なかなかこちらの活動を進めることができなかったんです。 私自身もこの航海を進めていくにあたり、どうすべきかを考えねばならず、現在も試行錯誤の最中で

      • 【縦スク文庫】Canvaでお試しテンプレート(フォトコラージュ編)

        今回は切り抜き写真を使ったデザインです。 写真をモノクロにしてCanvaのカラーの図形と合わせるとグラフィカルでおしゃれっぽく見えたりします。アナログ感が大事とか前回言ってましたが、こんな感じもなかなかよかったです。すみません。笑 こちらのテンプレートは好きにお使いくださいね。 使用の際は私に連絡なしでお使いいただいて大丈夫ですが、noteに投稿する際は、記事を貼っていただけると嬉しいです。 ※タブレットで制作する方へ そのまま端末にダウンロードすると解像度落ちて、画像が

        • 【縦スク文庫】Canvaでお試しテンプレート(少し長い文章用)

          縦スク文庫を熱心に作ってくださる方や興味を持ってくださる方が多いので、 またまた素材付きの新たな、縦スク文庫のCanvaテンプレート作りました。 今回は2枚続きなので、少し長めの文章を入れることができます。 また、素材探しが大変です……との声がありましたので、新しいご提案も。 クオリティはあまり高くないですが、写真を線画に変換してくれるアプリが結構いいのではないかと思っています。白地にのせやすいので。 被写体を一度切り抜きしてから線画にすると使いやすいです。iPhoneの

        • 固定された記事

        縦スク文庫、はじめました。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • みんなの 縦スク文庫
          ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】
        • 【ノトコレブック】文学フリマへの道
          ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】
        • 【縦スク文庫】Canvaでお試しテンプレート
          ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】
        • #私の定規診断
          ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】
        • ノトコレブック紹介記事
          ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】
        • 縦スク文庫
          ミムコ【縦スク文庫&ノトコレブック】

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          Amazonがいよいよ縦スクロール漫画を始めました!! 漫画がメインですが、インディーズ漫画を投稿できるので、【縦スク文庫】もアップしちゃえるのでは!? と思ったり。 まだ販売はできませんが、分配金を受け取れる可能性も。 https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/manga/info?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pageType=manga-store&pf_rd_p=78d3b4d8-087a-4d96-b722-789841090ef8&pf_rd_r=AAV71KSF2CXMZHFHZG8P&pf_rd_s=bottom-2&pf_rd_t=&pf_rd_i=manga-webcomic-store&ref_=msw_m_manga-webcomic-store_awm_0000_b2_grouplink_5

          Amazonがいよいよ縦スクロール漫画を始めました!! 漫画がメインですが、インディーズ漫画を投稿できるので、【縦スク文庫】もアップしちゃえるのでは!? と思ったり。 まだ販売はできませんが、分配金を受け取れる可能性も。 https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/manga/info?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pageType=manga-store&pf_rd_p=78d3b4d8-087a-4d96-b722-789841090ef8&pf_rd_r=AAV71KSF2CXMZHFHZG8P&pf_rd_s=bottom-2&pf_rd_t=&pf_rd_i=manga-webcomic-store&ref_=msw_m_manga-webcomic-store_awm_0000_b2_grouplink_5

          【縦スク文庫】Canvaでお試しテンプレート(素材付き)

          最近、縦スク文庫を作ってくださる方や興味を持ってくださる方が多いので、 素材付きの新たな、縦スク文庫のCanvaテンプレート作りました。 何か書きたいことが思いついた人は 好きにお使いくださいませ。 使用の際は私に連絡なしでお使いいただいて大丈夫ですが、noteに投稿する際は、記事を貼っていただけると嬉しいです。 ※タブレットで制作する方へ そのまま端末にダウンロードすると解像度落ちて、画像が荒れてしまうようです。 タブレットで制作した後、スマホからダウンロードすることをお

          【縦スク文庫】Canvaでお試しテンプレート(素材付き)

          縦スク文庫|「もうカミナリはへっちゃら」 西野圭果さん 🌟応募作品

          🌟こちらの作品は、西野圭果さんが「縦スク文庫化」企画へ応募してくださった作品です。 🌟ぜひぜひ作者記事にもコメント&スキ❤️をお願いいたします! 他の応募作品はこちらからご覧いただけます。 あとがき 今回は童話ということで、 絵本のような作品に仕上げました。 漢字は低学年までに習うものにし、 子どもでも楽しめるようにしてあります。 イラストは迫力が出るように大きめに。 絵本をめくるような感覚で 楽しんでいただけたら嬉しいです。 🌟お知らせ 次はこれでも母さんの作品を

          縦スク文庫|「もうカミナリはへっちゃら」 西野圭果さん 🌟応募作品

          この本、すごく面白い。 名だたる作家が小説の書き方を綴っている本。好きな作家や興味がある作家を拾い読みしてもよいし、書く人も読む人も楽しめると思います。 ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫) https://amzn.asia/d/hT9rg4n

          この本、すごく面白い。 名だたる作家が小説の書き方を綴っている本。好きな作家や興味がある作家を拾い読みしてもよいし、書く人も読む人も楽しめると思います。 ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫) https://amzn.asia/d/hT9rg4n

          #私の定規診断

          定規。世の中の様々なものを測る道具。 それは人の価値観と通ずるものがあるような。 私は会社員時代に、よく「人を定規に例える」という根暗な遊びをしておりました。 そしてこのたび、 紫乃さんがパーソナリティを務める 『すまいるスパイス【創作について語ろう】」 にまたまたお呼びいただきまして、 今回なんと!! #シロクマ文芸部部長の小牧幸助さんとご一緒させていただいたのです。 そこでですね、この「人を定規に例える」というネタを小牧さんにぶつけてしまいました。さてさて、小牧さんは

          恋は猫|#シロクマ文芸部

          恋は猫 猫は液体 誰が言ったか忘れたが レオロジーな心模様は伝わらない わたしにだってつかめない 雨の色も 陽の色も あなたの声音で明滅し ゆれて流れて 消えてゆく 弧を描く 半透明の爪先は 美しく ただ美しく 朱殷の糸が痛みだと 気づくころには もう遅い 絡め取られて 滴って 薄花色の 空の月 恋は猫 猫は液体 レオロジーな心模様は伝わらない 小さな瓶に 閉じ込めて 変わらぬように 動かぬように あなたが手に取るその瓶は 息をしてない 私の欠片 こちらの企画

          ノトコレブックという本

          『noter Collection Book』 ノトコレ ブック ▲xuさんが作ってくれたプロモーションムービー 『ノトコレブック』という本は 約半年前に私の思いつきから生まれた本です。 30名の創作を背に乗せて、飛び立っていくこの本がどうやって生まれたのか、どうやって形になっていったのか。 ちょっぴり羨ましい、が種になる 2022年11月20日。 交流のあるnoterさんが出店されるというのを直前に知り、初めて行った文学フリマ。 リアルで会える喜び、手にできる喜び。

          ノトコレブックを ささやかに楽しみたい方へ

          どうも。気付けば文学フリマから一週間が経とうとしていることにびっくりしている、ミムコです。 時が経つのが早いなあ。 さて、本当は次に出す記事には文学フリマでご挨拶させていただいたnoteさんやメディアパルさん、丸善ジュンク堂さんのお話を書く予定だったのですが、急遽こちらの記事を書くことにしました。 文学フリマは終わってしまって、ノトコレブックはオンラインショップでしか買えないのですが、欲しいけどどうしよう……とお悩みの方に。 少しでもお役に立つことができれば嬉しいです。

          ノトコレブックを ささやかに楽しみたい方へ

          文学フリマへの道 #15 「感謝感謝の大盛況(後編)」

          どうも。たくさんの方がノトコレブックの記事を書いてくださり、褒めてくださり、感動の嵐にグルグルとのまれている、ミムコです。 しかもその記事の出来が素晴らしいんですよ。読み物としてね、質が高いんですよ。すごくないですか? noteってすごくないですか? 世の中の優秀な人が集まってるんですか? そんなところにも改めて感動しております。 バインダーがなくとも前編の最後に、バインダーが開始2時間で完売してしまい、かなり焦ったというお話をしました。 いや、もう、どうすんの? って

          文学フリマへの道 #15 「感謝感謝の大盛況(後編)」

          文学フリマへの道 #14 「感謝感謝の大盛況(前編)」

          どうも。昨日とうとう文学フリマを終えたミムコです。いやあ、ジェットコースターみたいな1日でした! ドキドキしながら会場に到着! ドキドキそわそわしながら、大きなリュックを背負い、パネルを肩に下げて、流通センターの駅に降り立った私。少し早めについたものの、もう人の流れは出来ていて、参加者の熱意にさらにドキドキ。 驚いたのは、もうすでに一般入場の方が並んでいたこと。オープンの2時間前から列が出来ているとは! きっと文学フリマのカリスマがいらっしゃるのでしょう。どんな作品か気に

          文学フリマへの道 #14 「感謝感謝の大盛況(前編)」

          文学フリマでお待ちしています

          どうも。文学フリマ当日を迎えたミムコです。 「さあ、今日は文フリ行くぜ!」 とワクワクの朝を迎えたけれど、あれ? いつどこでやるんだっけ? ノトコレブースはどこだっけ? となりましたらこちらでご確認くださいね。 🌟日時&場所 出店名📕ノトコレブック 日 時⏰5/21(日) ‼️12:00〜 場 所🚀東京流通センター ブース🌟M-01・02 🌟商品ラインナップ 🌟短編作品一覧リンクが見られない方は こちらからどうぞ▼ 🌟デザインフェスタにも行ってみて昨日から開催されて

          文学フリマでお待ちしています

          文学フリマへの道 #13 「明日本番‼️」

          どうも。日曜日の文学フリマで1日家を空けるので、その準備でテンパり気味のミムコです。 月曜〆切の仕事もあって、今日中には終わらせなくては……わわわ。 それでも本番はやってくるでも、肝心の文学フリマの準備は終わりました! ……多分。こういうのって、完璧に終わったと言い切れないですよね。何か忘れてるんじゃないかって。ああ……自分が信用できない……ドキドキ。 それでも! 本番はやってくるから、何とかなるさ、するさ! の精神で頑張ってきたいと思います。お手伝いも最強メンバーですし

          文学フリマへの道 #13 「明日本番‼️」