第4回カレリア語【リッヴィ方言】 独学記録 - olla動詞の否定形
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

第4回カレリア語【リッヴィ方言】 独学記録 - olla動詞の否定形

Kieli

---
カレリア語のうち、リッヴィ方言(オロネツ方言)を学ぶページです。
方言分類に関してはこちらの記事をご参照ください。
---

OLLA-VERVIN KIELTOMUOTO / olla動詞の否定形

前回は「~です、~いる、ある」という意味をもつ動詞olla について学びました。今回学ぶのは、その否定形です。

カレリア語の現在・否定形は、「否定動詞」と呼ばれるものと、動詞の「現在語幹」と呼ばれる形を組み合わせてつくります。

否定動詞は、各人称形に対応する形が決まっています。ただし、3人称は単数も複数も同じ否定動詞(ei)を使います
そのため、単数/複数を区別するために、3人称複数では語幹ではなく動詞の不定詞(辞書形)を組み合わせます

人称代名詞、指示代名詞に対応する動詞ollaの現在・否定形は以下のとおり。

画像1

例文

(Minä) en ole Mikko.   私はミッコではありません。
(Minä) en ole karjalaine.  私はカレリア人ではありません。

(Sinä) et ole Emma. あなたはエンマではありません。
(Sinä) et ole naine. あなたは女性ではありません。

Häi ei ole Heikki. 彼はヘイッキではありません。
Häi ei ole mies. 彼は男性ではありません。

(Myö) emmo ole Karjalas. 私たちはカレリアにいません。
(Työ) etto ole Ven'al.   あなたたちはロシアにいません。
Hyö ei olla Suomes.   彼らはフィンランドにいません。

Tämä ei ole kirju. これは本ではありません。
Tai ei ole piirdin.  あれはペンではありません。
Se ei ole sumku. / Neče ei ole sumku.  それはカバンではありません。

応用

Terveh! Minä olen Hanako. Olen naine, en ole mies.
Olen japounielaine, en ole karjalaine.
Olen nygöi Japounies, en ole Karjalas.
Olen sekretari, en ole opastai.

[日本語訳]
こんにちは!私は花子です。私は女性で、男性ではありません。
私は日本人で、カレリア人ではありません。
私は今日本にいて、カレリアにはいません。
私は秘書で、教師ではありません。

学習後のつぶやき

否定形に関しては、ヴィエナ方言とさほどの差はありません。強いていえば、myö、työに対する否定動詞の母音が異なる程度です。とはいえ、この母音が微妙に違う、というのは結構違和感を感じてしまうのですが。

次回は母音調和に関するお話です。

>> カレリア語【リッヴィ方言】 独学記録 - もくじ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Passipo! Kiitoš! ありがとうございます!
Kieli
自分の基盤であるフィンランド,憧れやまないカレリア。多くの伝統を共有しながらも,その伝統が異なる方向へと新たに「創造」されていく双方文化から目が離せません。しばらくは主にカレリア語独学記録,カレリア民話の和訳、ときどき伝統楽器カンテレやカレリアの音楽について綴っていきます。