めりー先生の音楽室
中学音楽【筝】器楽・創作授業実践例(指導の流れとワークシート)
見出し画像

中学音楽【筝】器楽・創作授業実践例(指導の流れとワークシート)

めりー先生の音楽室

(2022年5月更新)

この記事では、伝統的な和楽器、箏を使用する器楽・創作授業実践例をご紹介します。

箏の基本的な奏法から創作、実技試験の方法まで記載しています。箏を初めて演奏する生徒向けです。

授業づくりや指導案作成等にお使いいただけると嬉しいです。

授業で使用するプリント(Word:ワークシート2枚、振り返りカード1枚)もダウンロードできますので、ご自由にアレンジしてお使いください。


以下はこの記事の概要です。

題材名  箏の音色を味わいながら演奏しよう
教材名  「六段の調」「虫づくし」「さくら さくら」
対象学年 中学1年生
時間数  5時間扱い
評価材料 授業に取り組む姿勢、振り返りカード、提出プリント


ちなみに、箏の授業前に事前に準備しておくと良いアイテムについては、こちらで紹介しています。


それでは、ここからは授業の流れを記していきます。


この続きをみるには

この続き: 3,909文字 / 画像14枚

中学音楽【筝】器楽・創作授業実践例(指導の流れとワークシート)

めりー先生の音楽室

3,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めりー先生の音楽室
元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業実践例(ワークシートDL可能)を公開しています。現職の先生方、これから先生になろうとしている方のお役に立てれば幸いです。公開中の記事についてはこちら→https://meryteacher.com/notenaiyoukakaku/