見出し画像

中学音楽 アプリを使った創作授業 【オリジナルチャイムを作ろう】指導の流れとワークシート

♪2021.5.12更新

※MuseScore2から3にバージョンアップされているので、取扱説明書(使い方ガイドブック)を更新しました。
ガイダンス(アプリの使い方練習課題)を追記しました。

この記事では、「MuseScore3」という楽譜作成アプリを使った創作授業実践例をご紹介します。(別途アプリのインストール(無料)が必要です。MuseScore3の使い方はこちらの記事をご覧ください。)


授業のテーマは「自分のイメージに合ったチャイムを作ろう」で、生徒一人一人にオリジナルのチャイムを創作させるというものです。

授業で使用するプリント(ワークシート3枚、振り返りカード1枚)だけでなく、自作の「MuseScore3」の使い方ガイドブック(生徒用の基本的な説明書)もダウンロードできますので、アプリでの創作授業が初めての方でも、読んでいただければ、すぐに授業ができるかと思います。

私は研究授業で1年生を対象に、この授業を行いましたが、難易度を上げれば(小節数を増やすなど)2・3年生対象でもできますし、ある程度型を作っておけば小学生でもできます。

音楽のICT授業実践例は他教科に比べて情報が少ないと思うので、授業づくりや指導案作成等の参考になれば嬉しいです。


それでは、【自分のイメージに合ったチャイムを作ろう】の授業実践例をご紹介します。

題材名  自分のイメージに合ったチャイムを作ろう
課題   オリジナルチャイムづくり(8小節)
対象学年 中学1年生
時間数  4時間扱い(+ガイダンス)
①テーマ決め ②創作活動 ③グループ内で発表+創作活動 ④発表)
評価材料 授業に取り組む姿勢、振り返りカード、提出プリント、作品

※2021年5月にガイダンスを1時間分追記しました。ガイダンスは必要に応じて行ってください。

この続きをみるには

この続き: 3,767文字 / 画像14枚

中学音楽 アプリを使った創作授業 【オリジナルチャイムを作ろう】指導の流れとワークシート

めりー先生の音楽室

4,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい~!!ありがとうございます!
元中学校音楽教師のめりーです。過去の授業実践例(ワークシートDL可能)を公開しています。現職の先生方、これから先生になろうとしている方のお役に立てれば幸いです。公開中の記事についてはこちら→https://meryteacher.com/notenaiyoukakaku/