鑑賞授業の実践例

12
中学音楽【能、文楽、歌舞伎】鑑賞授業例(指導案とワークシート)

中学音楽【能、文楽、歌舞伎】鑑賞授業例(指導案とワークシート)

日本の伝統芸能である能や文楽、歌舞伎。 教育芸術社発行の教科書では、能は3年生、歌舞伎は2年生となっているように、学年をまたいで学習するのが一般的ですよね。 かくいう私も能、文楽、歌舞伎それぞれ単体(各題材2時間ずつ)で授業を進めることが多かったのですが、「比較鑑賞することで、それぞれの特徴や魅力に気づかせたい」という思いから、3つの芸能を1つの題材にまとめた授業をつくりました。 というわけで、この記事では、そんな【能、文楽、歌舞伎】比較鑑賞の授業例をご紹介します。 「1時

4
3,500
中学音楽【雅楽】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽【雅楽】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

世界最古のオーケストラと言われる雅楽の管絃。現在まで伝承されてきたものの、生徒たちが日常生活で雅楽の曲を聴く機会は多くありません。 普段聴くことのない音楽だからこそ、授業ではたくさん鑑賞させ、その長い歴史や楽器の音色、音楽の魅力が存分に伝わるような授業を行いたい! というわけで、この記事では、雅楽(管絃 「平調 越天楽」)を扱った鑑賞授業実践例をご紹介します。 新学習指導要領に対応した指導略案(学習活動、学習内容、評価規準、評価方法)も掲載していますので、ご自身の授業準備や

12
2,500
中学音楽「ブルタバ(モルダウ)」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽「ブルタバ(モルダウ)」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.02.21更新 一度聴いたら耳から離れない「ブルタバ」の旋律。この曲には、作曲者の故郷に対する溢れんばかりの強い想いが込められています。授業で扱う際には、ブルタバ川の流れる様子や情景を想像させながら鑑賞させるだけでなく、時代背景(作曲された当時のチェコの様子)や曲について(「連作交響詩とは?」「標題って何?」等)もしっかりと押さえておきたいですね。 この記事では、「ブルタバ(モルダウ)」(B.スメタナ作曲)を扱った授業実践例(指導の流れや留意事項、使用するプリ

21
3,000
中学音楽【日本の民謡】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽【日本の民謡】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.5.21更新 日本の全国各地に伝わる民謡。 元々、庶民の日常生活の中から生まれた音楽ではありますが、今は普段の生活の中で民謡をうたったり聴いたりする場面は少ないですよね。 ですが、民謡は日本の様々な音楽のルーツで、その歌い方やリズム、音階などの特徴は大変興味深いものなので、ぜひ音楽の授業の中でも生徒たちに様々な民謡に触れ、その特徴や良さを感じ取ってもらいたい! そんな思いで、私はいつも【日本の民謡】の授業を行っていました。 というわけで、この記事ではそんな【日

18
2,500
中学音楽「フーガ ト短調」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽「フーガ ト短調」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.2.21更新 旋律の重なり合いとパイプオルガンの音色が美しい「フーガ ト短調」。 そんな曲の特徴を感じさせながら鑑賞させる授業では、「フーガとは?」「バロックって何?」「バッハが音楽の父と呼ばれるのはなぜ?」「パイプオルガンの音を出す仕組みは?」などなど説明することが盛りだくさん。 この記事では、「フーガ ト短調」(J.S.バッハ作曲)を扱った授業実践例(指導の流れや留意事項、使用するプリント、実際の生徒の反応等)を紹介します。新学習指導要領に対応した指導略案

20
3,000
中学音楽「交響曲第5番ハ短調(運命)」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽「交響曲第5番ハ短調(運命)」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.3.28更新 中学校音楽鑑賞授業の定番教材「交響曲第5番ハ短調(運命)」。この曲を授業で扱う際には「交響曲とは」「ソナタ形式とは」「動機とは」について分かりやすく説明することが大切! ですが中学生に説明するのはなかなか難しいですよね。 そこで、この記事では、交響曲やソナタ形式、動機についての説明例も含め「交響曲第5番ハ短調」(ベートーヴェン作曲)を扱った授業実践例(指導の流れや留意事項、使用するプリント等)をご紹介します。新学習指導要領に対応した指導略案(学習

20
3,000
中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽「四季」より「春」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.4.1更新 日常生活や学校生活の様々なシーンで流れることの多い「四季」。最も有名な(教科書にも主に掲載されている)「春」だけでなく、それ以外の季節(「夏」、「秋」、「冬」)も合わせて鑑賞させ、各季節の情景を思い浮かべさせたり、自分のもつ各季節のイメージと、作曲者のもつイメージとを比較させたりしたいですね。 この記事では、「四季」(A.ヴィヴァルディ)を扱った授業実践例(指導の流れや留意事項、使用するプリント、実際の生徒の反応等)を紹介します。新学習指導要領に対

20
2,500
中学音楽「魔王」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽「魔王」鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.2.21更新 『お父さんお父さん』のフレーズが印象的なシューベルト作曲の「魔王」。授業で扱う際には、詩の内容と音楽との関わりに注目させながら鑑賞等の活動に取り組ませたいですね。 この記事では、「魔王」(ゲーテ作詞、シューベルト作曲)を扱った授業実践例(指導の流れや留意事項、使用するプリント、実際の生徒の反応等)を紹介します。新学習指導要領に対応した指導略案(学習活動、学習内容、評価規準、評価方法)も掲載していますので、ご自身の授業準備や指導案作成時の資料としてご

20
2,500
中学音楽【オーケストラ】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽【オーケストラ】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.4.21更新 「交響曲第5番ハ短調」や「ボレロ」を授業で扱う際に「オーケストラとは何か?」について触れますが、その時間だけではオーケストラの魅力を伝えきれない! そこで、私はこれらの授業を行う前(主に2年生で「交響曲第5番」を学習する前)に導入として1時間かけて【オーケストラ】の概念を説明し、その演奏を紹介するようにしていました。 というわけで、この記事では、【オーケストラ】に関する授業実践例(指導の流れや留意事項、使用するプリント等)をご紹介します。 新

19
2,000
中学音楽【オペラ】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

中学音楽【オペラ】鑑賞授業実践例(指導案とワークシート)

♪2021.5.11更新 "オペラとミュージカルの違い"を授業の切り口に。 私はこれまでオペラに関しては1時間扱いで、概要を把握させる程度の授業を行っていましたが、ミュージカルとの比較鑑賞を通してオペラについて理解させたいという想いがふつふつと湧き、これまでの授業実践例に少し手を加えてみました。 授業の中では、主教材の「アイーダ」だけでなく、「魔笛」、「キャッツ」、「サウンドオブミュージック」の劇中歌を紹介し、生徒の興味や関心を高められたら良いなと思います。 というわけで

19
3,000