見出し画像

初電担当、終電担当する乗務員の憂鬱

まだまだ、暑さが残る毎日です。
夏は乗務員にも厳しい季節です。なんといっても当たり前ですが暑い。これは体力や集中力を消耗させます。そして喉も乾きますが、公然とお客様の前で水分をとることもできず、熱中症にでもなるかという思いで仕事をすることになります。
そんな中、昼夜問わず黙々と仕事をするのが鉄道員でありましょう。安全の確保に暑さは理由にはならないのです。暑いと事故になるでは、とてもお話になりません。

昼夜問わずといいますと、鉄道は早朝から深夜までダイヤが組まれていますので、その分当然に乗務員も仕事をしています。早朝、深夜といいますと、多くの人は寝ているか家でまだ休んでいる時間帯です。

そんな時間帯、乗務員はどんな気持ちで
仕事をしているのでしょうか?
どんなリスクが潜んでいるのでしょうか?


乗務員も人間ですから早朝、深夜の勤務はキツいです。眠気やらダルい気持ちと戦いながら乗務しています。知られざる?その生き様について今回はお話します!

《目次》
1.そもそも乗務員はこんな勤務をこなしています
2.初電列車担当をする時の苦労とは?
3.終電列車担当をする時の苦労とは?
4.終わりに

鉄道は公共交通機関ですから、多様な方々が利用しますし、様々なトラブルが日常的に発生します。それが顕著なのが初電、終電といえるでしょう。それでは、このことについてお伝えします。よろしくお願いします!

この続きをみるには

この続き: 8,309文字

初電担当、終電担当する乗務員の憂鬱

めりの

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!今後もよろしくどうぞ!✨
4
野球少年/荒れ気味中学/超中堅高校/3ヶ月でTOEIC400→700点/鉄道員🚃駅員→車掌→運転士🚃/事務職/ロードバイク🚴‍♂️/サーフィン🏄‍♂️/鉄道業界についてはお任せください/Twitterも宜しくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。