めぐる、
めぐる、10号/食をつなぐ「喜多野安心市」のこぼれ話
見出し画像

めぐる、10号/食をつなぐ「喜多野安心市」のこぼれ話

めぐる、

喜多野安心市ができたのは、今から約15年前。

「同じ種類の野菜なのに、おいしく感じるものとそうでないものがあるのはなんでだろう?」

当時違う事業を営んでいた社長の廣永正幸さんが感じた素朴な疑問が、この店をはじめるきっかけとなったといいます。

今も店の裏の畑で有機農法で野菜を育てている廣永社長をパチリ。

喜多野安心市 廣永社長

話の続きは めぐる、10号「食をつなぐ」で。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
めぐる、
◆(株)あわわ 発行『素顔のとくしま、紡ぐ物語 めぐる、』 徳島の普遍的価値を見直し、磨き上げていく事業です。徳島でめぐりめぐって受け継がれてきたモノ・コト、その背景にいる人々の物語をつづります。 本の購入はこちら▼▽ https://meguru2020.thebase.in/