見出し画像

2021年の4ヶ月を振り返って。

noteと自分のHPの記事との棲み分けが上手くできないけれど、こちらではそのとき心に浮かぶ所感、書くことで自分の「ことば」が浮かんできたらな、と(今の所は)

ただただ、文字を綴りたい。

誰かへ。自分へ。

最近心がザワザワすることが多くて、このinstability、不安定さはなんだろうか、とじっと観察したい。

ただ春だから、土用だから、という言葉でも片付けられるけど、これもきっと何かのサイン。

「整地する」という言葉を見かけたけど、色々かき混ぜて、ぐちゃぐちゃにして、大事なものを拾って、というプロセスを大事にしたくて、まだ平らにならさなくてもいい。

このぐちゃぐちゃ感とともにいること。

焦らず、綺麗にしなくてもいい。

画像1

(3月の大根。ワシャーってあれこれ好き勝手自由に生えてる感じが好き)

そういえば最近は色々立て込んでいて、ここ数ヶ月の振り返りをしていなかった。

カレンダーを見てみると、1月・2月は時間の余裕があって、のんびりしていた。

3月から色んな学びが始まったり、読書会の準備をしたり、趣味や外出が増えている。

(そうは言っても自分のペースでやっているので、本当に忙しい人とは比べ物にならないと思う)

物事を順序立てて「こなしていく」のは得意なんだけど、その作業が続くと、「あれ、なんでこれやっているんだっけ?」と目的を見失うことがある。

少し整理するために書き出すと、

<学び>

・読書会への参加(3冊!2冊継続中)

・モデリング講座(イベントのデザインを作るため)

・NVCのロバート・ゴンザレスの年間プログラム

・NVC認定候補生のグループに参加

・和食薬膳の教室に通い始めた

<仕事>

・新たに2人、NVC英会話を教え始めた。

・「ジャッカルからキリンのニーズへつながる実践講座」を開催

・NVCの英語の本の読書会を企画・準備、もうすぐ開催

<その他>

・NVCの仲間と共感サークルをやってみようか、の検討会

・3月4月は暖かいので、週末の外出が多かった

<今後に向けて>

・NVC英会話のグループレッスンを企画?

・長期旅行?

・穂高養生園のNVCのリトリートへ参加予定

こうしてみると、自分の生活が「NVC」「英語」を中心に回っていることがよく分かる。それにプラスして、マインドフルネスとか環境・暮らし、とかとか。

これだけ色々やっているのに、まだ「NVCを実践しています」とか「英会話を教えています」と伝えるのに勇気がいる。

どう思われるんだろう、とか。色んな目や、ジャッジが気になってしまう。

その一方で、今自分が持っているもの、スキル・経験を思いっきり表現したい、という気持ちもあって。

その大きな理由は、「この地球上で、生き物が生き続けるため

こう書いていても、目頭が熱くなるほどの想いがある。

人類としては何万年、生き物としては何億年も続いてきたいのちの流れ。

過去に生きた人たちの祈りと想い。

ただ私はそのいのちの<橋渡し>でしかなく、私がいなくなっても、綿々とその流れは続いていく。

なのに、そのいのちが少しずつ途絶えている。

他の種が、この地球上から一つ一つ立ち去っていく。

先のことを顧みない人間の消費社会によって。

私たちは、その災厄を起こすより、ずっと賢いはず。この危機を回避(完全には難しいかもしれないが衝撃を和らげられるほど)できる知恵と技術と、勇気を持っているはず。

他の生き物の痛みと向き合い、絶望しても、そこから立ち上がれるほど底知れぬエネルギーを持っているはず。

私にとって、そのためのNVC、そのための英語。

自分たちの暮らしを少しずつシフトしながらも、自分の持っているスキルによって、この大転換に貢献できると信じている。

と、ここまで書いてきて、勇気が湧いてきた。

(自分で自分を鼓舞した感じ)

自分がこの地球に生きている限り、受け取ったものを、バトンタッチしたい。

色々と立て込んでいても、自分はまだまだ、という自己否定があっても、ここにつながると、「もっと自分のスキルをシェアしたい」と湧き上がってくる。

自分の意志を超えた、何かに突き動かされる感じ。

画像2

読書会で読んだ本はこちら。インプットとアウトプットの螺旋を感じる。











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとう♡
2
暮らしをつくること。世界を巡ること。言葉を紡ぐこと。「ことばのたね」として英会話・翻訳を行っています。https://kotobanotane.com/