細かいUI施策の注意点
見出し画像

細かいUI施策の注意点

MAY

※ 本ドキュメントはもともと社内のデザイナー向けに作成したものになります。一部断定的な表現を含む箇所もございますが、それだけが正しいという事ではございませんので、その点ご理解いただければと思います。

そのUI改善は必要?
本当にやってみないと結果が「わからない」施策なの?


はじめに、これはUI改善全てが無駄と言ってるわけではありません。
「ユーザーがサービスを利用する上で使いにくい点」が生まれた瞬間に直ちに修正は加えるべきです。そして、そのタイミングは、誤った設計に気付いたり、新しい要素や機能を追加しようとしたり、新しいデバイスが出たり、業界のトレンドが変化したり、流入してくるユーザーのリテラシーが変わる時です。その時が来たら必ず既存UI・デザインを見直し、「最適化」させる必要があると言えるでしょう。

しかし、そういった理由もなく、単純にボタンを大きくしてみたら数字が上がるのでは?のような思考で施策を回すと期待する効果は得られにくいでしょう。
仮にそれで数字が上がっても、その「施策の成果」だと証明することが非常に難しく、また、永続的に効果を発揮する安定的で再現性の高い施策とは言い難いものになります。
結果としては「やってみたけど効果が分からなかった」という状況となり、施策に対するリソースがただただ闇雲に消費されるだけになってしまいます。

それでもまだ試してみたいって思う場合は以下の施策の「結果」を想像してみてください。

定量的な証明が難しい(普遍性に乏しい)ケース


・ボタンを大きくする場合

どれだけ大きくするのか。1pxずつ無限に試すことは可能です。
しかし、どこまで大きくすればいいのか落とし所を数値で判断できますか?
また、この数値的結果で証明されることはなんだと思いますか?

・ボタンの配色を変える場合
どの色を使うのか。1色ずつ無限に試すことは可能です。
でも、どの色がCVRが高いのか本当に証明したことになりますか?
また、それは再現性の高いものだと思いますか?

いずれも施策効果を定量的に証明することは難しいのではないでしょうか。
また、この答えを出すためにどれくらいのリソースをかけるべきなのか妥当性を証明することも難しいのではないでしょうか。

非効率なUI改善例


ここでは実際にあったUI施策の事例をもとに説明していきます。

A社は、デイリーでUI施策を回しています。
毎日、この要素を1px上に持っていったらどうか。フォントを赤にしてみたらどうか。そのような「施策」を続けています。

しかし、これらの施策をしていてもしていなくてもデイリーで数値は変化します。
何も施策をしなかったとしても翌日の数字が前日と完全一致する事はレアなケースですよね。
1pxタイトルの位置を下にずらしても前日との数値的対比は可能ですし、翌日それを戻しても同じように数値的対比ができます。数日続けば数値変化の平均を出す事だってできます。
つまり「何でもいいので取り敢えず適当なUI施策」をして「数値が変わった。」と報告することは容易なのです。

やることがなくなって暇だけど仕事してる感を出さないといけない。
または、結果を出すために取り合えず施策を回さないといけない。
そしてその仕事はデータドリブンで評価される。
そうなるとこの様なオペレーションが蔓延する可能性が生まれて来るので注意が必要です。
上記は極端な例ですが、ここまで悪意がなくても結果これと同じような動き方や指示を出している場合もあります。

数字にあてはめる事、データドリブンで改善や評価をしていく場合、「思考することを停止した状態」で行うと大変危険なのです。そうならないように調整する人が必要になってくるでしょう。

再現性の曖昧なUI施策


他社のサービスで「文字を赤にしたらCVRが上がった。」だから文字を赤にしたらCVRが上がるんじゃないか。
サービスの保守をされてる方の中には、このような思考をされる方がいらっしゃいます。
この思考は「結果を出す」という点において危険な場合があります。
なぜならば、この施策は「どのサービスでも再現できる施策」ではないからです。

この施策は別に文字を変えた行為がCVRを上げたわけではありません。
文字を「赤という膨張色」を使用して強調した結果、その要素がユーザーにとって意味のある要素であり、それがユーザーの目に入りやすくなったから上がったのです。
逆に、赤をベースカラーにしているサービスの文字を同じように赤くしたら他の要素と同化してプライオリティが下がって見えてしまい、結果的に数値が下がる事だってありえます。

このように明確な因果関係があるのです。
この因果関係を無視してしまうとUIは最適化されません。

先ほどの例においても、単純に目立つことを考えれば赤やオレンジ、ピンクなどの「膨張色」は色が膨張して見えるので効果的と言えるでしょう。
しかし、サイコロジー(心理学)の視点で考えると、赤は危険色、黄色は警告色となり、ネガティブな印象を与えてしまう事もあります。
実際に私が携わった改善事例の中でも、医療関係のサービスで「血」を連想させる赤いボタンを使うと数値が下がるというものがありました。
無意識にユーザーを誘導してしまう「ボタン」などに置いてはカラーリングはとても重要な意味を持つので、この配色の変化がマイナスに働く事もあります。

このように、他のサービスでうまくいった「結果だけ」にフォーカスして、そのまま別のUIやデザインに当てはめる事はサービスをミスリードしてしまう危険性があります。
効果の出るUI施策は限られてきますが、効果のないUI施策をやろうとしたら無限にやれてしまうので注意が必要になります。

定性的なアプローチ


それでは、上記のような「定量的に証明できないUIの設計や施策」についてデザイナーはどのようにしてUIの落としどころを決めているのでしょうか。

この続きをみるには

この続き: 1,940文字

細かいUI施策の注意点

MAY

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます😊
MAY
クリエイティブのパラレルワーカーとして活動しています。 | 株式会社じげん:チーフデザイナー・ジュニアスペシャリスト | XXX株式会社:CDO | ユナイテッドドリーム株式会社:CDO | 株式会社TANOsim:デザイン顧問 | 株式会社Jace:社外取締役