まつむし【教育系WEBライター】

専業WEBライター3年目。公立小学校教員6年・塾講師3年の経験があり、教育系のライティングが得意です。学校や教育系イベントに関する取材実績もあり。 未経験から初年度で月収20万円を達成、SEO検索1位獲得記事が複数あり。 教育系ブログ「まつむしぶろぐ」も運営。(月間1万PV超)

まつむし【教育系WEBライター】

専業WEBライター3年目。公立小学校教員6年・塾講師3年の経験があり、教育系のライティングが得意です。学校や教育系イベントに関する取材実績もあり。 未経験から初年度で月収20万円を達成、SEO検索1位獲得記事が複数あり。 教育系ブログ「まつむしぶろぐ」も運営。(月間1万PV超)

    最近の記事

    webライターを続けられる人とそうでない人の違い

    WEBライターを続けられる人と、そうでない人がいます。 結構多くの人が早い段階でWEBライターを諦めてしまうようにも思います。そんな中で、WEBライターを続けられる人とそうでない人で、どんな違いがあるのでしょうか。 今回、そんなことを題材に見ていきます。 期待値が低いWEBライターの仕事を続けられる人の特徴として、期待値が低いことが挙げられます。 WEBライターの仕事の特性上「家で働ける」「パソコン一台でOK」というものなので、どうしても「簡単に稼げるだろう」というイ

    スキ
    2
      • 相性のいい案件にどんどん取り組んでいくべき

        いい案件に恵まれると仕事が楽しくなるといいます。 どんな案件を選べばいいのかなども迷ったりするポイントですね。 今回はそんな、「相性のいい案件」について書きたいと思います。 見極め方まず、自分と相性のいい案件を受けるとしても、どんな案件がいいのかについてはわからないと思います。 人それぞれ違うので見極めも難しいですね。そこで意識すべきなのが以下の2つのポイント。 ・連絡はとりやすいか? ・仕事はしやすいか まず、1つ目の連絡についてですが、基本的な返信スピードは

        スキ
        6
        • webライターを無理して継続するのはいいこと?

          WEBライターの仕事をしているんだけど、継続してていいのだろうかと疑問に思っている人は多いと思います。 ライターの仕事をしていると大変なこともありますから、このまま続けるのがいいことかわからなくなることもあるでしょう。 そんな人に向けて、続けることはいいことなのかを考えていきたいと思います。 いいことです無理して継続することはいいことだと思います。 よく「合わないことは早くやめよう!」「すぐに逃げるべき!」みたいな主張があって、ライターを続けるのがいいことなのかわから

          スキ
          1
          • 他人と比べないために必要なこと

            仕事をしていると、他人と比べてしまうことは結構あると思います。 僕自身もライターとして活動しているわけですが、他人と比べてしまうことはよくあります。 そんなときに、どんなことが必要なのかについて、今回はみていきたいと思います。 いつ成果が出るかはわからないまず、大切なのがいつ成果がでるのかは人それぞれ違うということです。 他人と比べがちな人にあるのが、自分よりも後に始めた人とか同時期に始めた人が、自分よりも活躍している時に落ち込むんだと思います。 自分は頑張っている

            スキ
            1
            • ライティングスキルよりも大切なこと

              ライターの仕事をやっていると、ライティングスキルが大切だと考えている人は結構多いと思います。 ライティングスキルを身につけることで、稼げそうな気がしますよね。 ただ、ライティングスキルよりも大切なことがあったりしますので、今回はそのことについて書いていきたいと思います。 大切なのは営業多くの人は、ライターとして稼ぐためにスキルを磨こうとします。たくさん本を読んだり、どんな文章表現をすればいいのかなどを考えたりします。 それ自体は否定しませんし、ライターとしてスキルを磨

              スキ
              5
              • 感謝の言葉で関係が良くなる

                感謝の言葉が大切と言うのは、結構聞いたりしますね。 学校でも習う重要な事項のようにも思います。 今回は、そんな感謝の言葉にフォーカスしつつ解説をしていきます。 感謝で変わる感謝の言葉ってわざわざ伝える必要がないとも感じるかもしれません。 ただ、言葉にして伝えるだけで、相手との関係は大きく変わってきます。 もちろん、家族とかパートナーとか、自分の身近な人に伝える意識も大切でしょう。 ただ、僕自身が特にメリットを感じるのが仕事相手ですね。 昨今、コロナの影響もあって

                スキ
                2
                • 朝活をする時の注意点

                  朝活が結構流行っていたりしますね。 僕自身も、すごくいい取り組みだと思いますし、健康とかにもいいんじゃないかと思っています。 今回はそんな朝活の注意点について書きたいと思います。 自分に合っているか朝活をする上で意識するべきなのが、自分に合っているのかということです。 もちろん、朝活をすることで体の調子がよくなったり、生産性が上がることもあるでしょう。 それ自体を否定するつもりはありません。しかし、人によっては朝活をすることで日中に眠くなったり、効率が下がる可能性が

                  スキ
                  2
                  • これからwebライター目指す人が意識すべきこと

                    これからWEBライターになりたいけれど、どんなことに意識すれば良いかなどは気になるポイントだと思います。 WEBライターとして、どうせなら成功したいと考えたりしますよね。 今回は、その辺りについて深掘りしたいと思います。 時間はかかるWEBライターになる上で確実に意識しておきたいのが、時間がかかるということですね。 WEBライターを目指す人には、すぐに稼げるんじゃないかとか、始めて初月で数十万円いくのではないかと考えている人もいるんじゃないかと思います。 もちろん、

                    スキ
                    2
                    • webライターが契約書を作った方がいいか

                      WEBライターが契約書を作るか迷うことも多いと思う。 契約書を作った方がいいという声もよく聞いたりしますね。 今回はその辺りにフォーカスしつつ考えていきたいと思います。 時と場合によるWEBライターの契約書については時と場合によると思います。 作った方がいい場合もあれば、そうでないこともあるでしょう。僕が以前あった勘違いとしては「契約書を作ったクライアントの方が、いいクライアントなんじゃない?」ということです。 契約書を作った方が、その分しっかりとしているように思え

                      スキ
                      2
                      • WEBライターがクライアントと良い関係を作るために

                        クライアントと良い関係を作っていきたいんだけど、どうすればいいか分からないと言う人は結構多いんじゃないかと思います。 良い関係ができれば、仕事にも良い影響が出てくると思うので、意識したいポイントだったりしますね。 今回は、そういった内容について解説をしていきたいと思います。 自分の言いたいことは伝えるライターに多いのが、「クライアントの要求には常に応えなければいけない」という意識。 もちろん、クライアントの求めているものを作ってこそ「クライアントワーク」なわけで、この

                        スキ
                        1
                        • webライター辞めたい時に考えること

                          WEBライターを辞めたいと考えている人は、結構多くいると思います。 想像以上に大変なことも多くあったりしますね。 そこで今回は、WEBライターを辞めるにあたって考えておくことについて見たいと思います。 いつ辞めるかを設定するまず、ライターの仕事をやってみて、「自分に合わない!もう辞めた!」という感じで衝動的にやめるのはあんまりおすすめしないです。 というのも、WEBライターの仕事はいろんな要素が絡んでいて、クライアントを変えたり、仕事内容や単価を変えることで、あっさり

                          スキ
                          8
                          • webライターは設備にどんどん投資すべし

                            WEBライターとして仕事をしていると、いろんな道具が必要になってくると思います。 机や椅子など、いろんなものがあったりしますね。 そこで今回は、WEBライターが使うものにどんどん投資していくことの大切さについて書いていきたいと思います。 仕事道具で変わるWEBライターの仕事は、道具次第でかなり変わるよねという話です。 僕が最初に導入したのが「モニター」だったと思います。パソコンとは別にもう1つモニターを用意しておくことで、2つの画面で作業ができたわけです。 1つの画

                            スキ
                            5
                            • 不登校を受け入れる施設へは行ったほうがいいのか

                              フリースクールなどの不登校を受け入れる施設に行った方がいいか迷う人も多くいるかもしれません。 不登校であれば、代わりにどこかに通った方がいいのかも考えるでしょう。 今回は、その辺りを深く見ていきたいと思います。 行った方がいい結論から言うと、行った方がいいよねと言う事になります。 もちろん自宅で勉強がしたい人もいるでしょうし、そっちの方が捗る人もいるでしょう。 フリースクールで誰かと一緒に話をする心理的なハードルも大きいと思います。親の予算の都合でなかなか通うことが

                              • 不登校でうんざりしている人へ

                                毎日が不登校でうんざりしている人は結構多くいると思います。 不登校だったら、学校にも行けずに嫌になってしまいますね。 今回はそんな人に向けて、書いていこうと思います。 焦らないことが大切不登校になった時に意識すべきなのが、焦らないことですね。特に多いのが、自分だけ学校に行けなくて他の子と比べてしまい「うんざりする」ケースは割とあるんじゃないかと思います。 でも、僕は学校に行っても行かなくても、本人がどのように過ごすのかが最重要だと思っています。 学校側は生徒に学校に

                                スキ
                                1
                                • webライターがブログをやるのはPVの為だけじゃない

                                  WEBライターの人の多くはブログをやっていると思いますが、結構挫折する人も多いんじゃないかと思っています。 ブログを続ける上で大切になってくるポイントがわかれば解決できると思うので、今回は細かく見ていきたいと思います。 PV以外の意識まず大切なのがPV以外の意識ですね。ブログに挫折してしまう人の特徴としては、記事を書いてみて、アナリティクスを見てどれくらいのPVがあるかを確認して、少なすぎて落ち込んで・・・みたいなループを繰り返しているように思います。 これだと、たぶん

                                  スキ
                                  4
                                  • 不登校の子は運動会に参加できるか

                                    不登校の子が、運動会に参加できるかは気になるポイントだと思います。 1年の中でも、かなり目立つイベントになっているかと思うので子供には参加させたいところですね。 細かく見ていきましょう。 ハードルは高い結論としては、運動会に参加するのはハードルが高いと言っていいと思います。 ただ、「運動会の当日だけ参加」するという意味です。当日の参加はかなり厳しいと感じていますね。 運動会に向けて学校側もかなり練習をしています。ダンスの練習などはもちろんですし、徒競走の動き方やスタ

                                    スキ
                                    3