松下 慶太

専門はメディア論、ワークショップデザイン。 モバイルメディア時代のワークプレイス、ワークスタイルを研究。オンライン時代のワークショップデザインも研究、実践中。企業・地域連携プロジェクトも多数手がける。詳細プロフィール→ https://www.matsushita-lab.com
  • ポストコロナ時代のワークプレイスやワークスタイルについて主にメディア論の視点から書いていきます。
    7フォロワー
  • 関西大学社会学部メディア専攻・松下ゼミのさまざまな活動の紹介やそれを通して学んだことなどを掲載していきます。
    24フォロワー
    +9
  • 実践女子大学人間社会学部で開講している「メディア・コミュニケーション論」の講義ノートです。授業で話した内容はこちらに書か
固定された記事

プロフィール

関西大学社会学部教授 1977年神戸市生まれ。博士(文学)。京都大学文学研究科、フィンランド・タンペレ大学ハイパーメディア研究所研究員、ベルリン工科大学訪問研究員、…

ワーケーションを企画・実践するための問いかけ:「3つのS」

スタイルとしてのワーケーション ワーケーションは地域、企業、ワーカーそれぞれにとっての「スタイル」と言えます。地域にとっては観光、関係人口、地元経済のひとつのス…

ワーケーションの第1歩:観光以上、関係人口未満の「馴染み」をどう生み出すか

休暇=1泊2日イメージは根強い ワーケーションについてテレビなどでも取り上げられました。批判的なコメントをされている比較的多くの方は1-2泊で温泉や行楽地で週末を過ご…

ワーケーション、どのモデルで仕事する? -ワーケーションでの仕事を分類してみる-

休暇中に仕事をさせるのか!という声も多いかと思います。 ワーケーションは万能薬ではなく、ワーケーションを取り入れたらすべての人がハッピーということではありません…

「ワーケーション発言」を巡って定義や背景を整理してみる。

7/27の菅官房長官の「ワーケーション」発言についてyahooニュースではいろいろコメントがついています。 ちなみにNHKはこちら。 コメントや反応を読んでみると、菅さんの…

デジタル・ノマドの分類とワーケーション

ワーケーションについて海外でもまだ研究は始まったばかりと言えます。ただし、ワーケーション(Workation)という言葉ではなく、Digital WorkやDigital Nomad, Location I…