見出し画像

電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」の「カピバラ」が、想像以上にかわいい!

さくBさんの電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」より、「カピバラ」を折りました。

かかか、かわいい!!

想像していた以上にかわいくて、一人でニヤニヤしてしまいました。

手のひらサイズ愛らしい姿は、癒し効果抜群です。

10〜15分程度でサクッと作れるのも嬉しいですね。

昼休みに作ったのですが、同僚の評価も上々でした。

出典は、さくBさんの電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」。

以前ご紹介した「ちょうちょ」と同じテキストです。
11月22日23日の記事をご覧ください)

さて。
本日は作ってみた感想も交えて、私なりのアドバイスをお送りいたします。

❶プレスはしっかりと
❷鼻先の上手なつくり方
❸適宜ノリづけしてもよし

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶プレスはしっかりと
工程数は30。
「ちょうちょ」より少し短いですが、こちらはどんどん小さくなるので、終盤は紙の厚みに苦戦するかもしれません。

テキストの推奨は15cm×15cmですが、不安な方は大きめの紙で試作しましょう。

普通の教育折り紙で作る際は、一回一回のプレスをしっかりと。

トリッキーな折り方は出てこないので、ガシガシやっちゃって大丈夫です。

❷鼻先の上手なつくり方
カピバラの鼻先は平面でなく、立体的なブロック状になっています。

ここで、私なりの整形テクをご紹介。

①親指と中指で両脇をはさむ
②内側から人差し指を当てる
③反対の手の親指・人差し指を、外側からギュッと押し付ける

といった感じです。
15cm×15cmで折った場合、人差し指と鼻先のサイズがぴったり一致するんですよね。

文章にすると分かりづらいですが、良い感じに丸っこく仕上がるのでオススメです。

なお、この鼻先は神谷哲史氏の「ライオン」も同じ構造です。
11月8日9月28日の紹介しています)

デザインが精巧すぎるので今回のテクは使えませんが、知っておくだけでも整形に役立ちます。

うまく整形できないときは、参考にしてみてください。

❸適宜ノリづけしてもよし
今回の作品は紙は厚くなるぶん、紙がだんだん開いてきます。

薄くて整形しやすいホイル紙なら問題ありませんが、カッチリして冷たい印象になってしまいそうです。

紙の開き(戻り)が気になる方は、いくつかのポイントをノリづけするといいでしょう。

私がやったのは2か所。
鼻先がだんだん浮いてきてしまうので、裏側にちょびっと。

それから、おしりも開いてくるので、工程23で折った所だけノリづけ。

これなら、全体の丸みをキープしつつ接着できます。

♦♦♦

ということで、「パーフェクトオリガミライフ」の作品第2弾でございました!

「ちょうちょ」「カピバラ」につづき、残るは2作品。

また改めてご紹介いたしますので、続報をお楽しみに\(^o^)/

#カピバラ #カピバラさん #パーフェクトオリガミライフ #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。