見出し画像

「パーフェクトオリガミライフ」の「ちょうちょ」を改良! おなかの色を出すための一工夫とは?

昨日紹介した電子書籍「パーフェクトオリガミライフ」の「ちょうちょ」。

追加で3つ折ったのですが、以前(11月22日)のものとはちょっと違います。分かりますでしょうか?

実は昨日、著者のさくBさんから、こんなアドバイスをいただきました。

「おなかの部分を工夫すると、羽と同じおもて面にすることができます」

とのこと。
これは、やるっきゃない!!

ということで、早速チャレンジしてみました。
❶まさにぃ、遭難する
❷さくBさんの助け舟
❸セリアの折り紙の出番

では、どうぞ。

♦︎♦︎♦︎

❶まさにぃ、遭難する
まずは、すでに完成している昨日の青いちょうちょを分解してみました。

白い部分を青くするには…
やはり、そっくりそのまま裏返しにすればいいのか?

という推測のもと、既存のおなかを沈め折りするように、ボキボキと折り始めました。

ズボンのポケットを引っ張り出して、中身をペロンと垂れ下げる感じでしょうか。

しかし…できねぇ!しかも、戻らねぇ!!

何とか以前の形に戻せたけれど、どうしたものか…

❷さくBさんの助け舟
そのうち、さくBさんからヒント写真が送られてきました。

どうやら、表に出るのは、従来のおなかではないようです。

工程16でめくった部分を下げて、白いおなかにかぶせてしまうんですね。

従来のパーツ(おなか)をそのまま使うことに固執していましたが、難しく考え過ぎていました。

あとは、テキストどおり進めていけば…

よし、できたっ!!!

❸セリアの折り紙の出番
無事完成して嬉しくなったので、もう何個か作ることに。

頂き物の水玉模様とストライプ、それから先日セリアで買った「雪の結晶」の絵柄。

前回「どんな絵柄でもイケる」と予想したとおり2つとも綺麗に仕上がりました!

紙が違うだけで、印象がガラリと変わるんですね。

♦︎♦︎♦︎

ということで、「ちょうちょ」の応用編をお送りいたしました。

そんなに難しい操作ではないので、買った方はぜひチャレンジしてみてください。

#パーフェクトオリガミライフ #ちょうちょ #蝶 #butterfly #折り紙 #折り紙作品 #おりがみ #origami #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。