見出し画像

建築センターに見たデンマーク市民と建築との距離。日本にもこういう施設つくりませんか?

今回は、2016/02/25の記事「歩道に椅子をブッ刺して!?アクティブな外席の先にある、市民の幸せとは?<コペンハーゲン外席写真集>」の最後に取り上げた写真からスタート。ここから川を渡って、下のようなルートで、デンマーク建築センターまで行ってみようと思います。

画像1

画像2

改めて、地面に埋め込まれた外席。悶絶するほどに素敵です。無自覚に適当なテーブルと椅子を置くか、このようにきちんと考えて設えるか、その効果は歴然ですね。流行る店、儲かる店は、もちろん後者。そういう意味では、日本のグランドレベルは、デザインをないがしろにしてしまうことで、損をしているお店が無数にあると思います。そのあたりも、グランドレベルでなんとかしたい。

画像3

というわけで、中に入ってみると、平日午前にして、小さなお店は常連さんでギュウギュウ。けど、皆旅行者にも優しい。

画像4

身体が暖まったので再出発。数百メートル歩くと船着き場。車のバスも船のバスもバス停のサインは同じ。こういうこととても大事です。

画像5

しばしの待ち時間。世界には、いろんな水上バスがあるけども、やっぱり、水上バスの待合所なるもの、可愛らしくこうして水際にあるべきですよね。隅田川にしても、よく待合所が水辺から離れた陸地につくられているけど、基本的な考え方として間違っています。浅草も同じですよね。水が手に取れるくらいのところにないとシズル感がありません。

画像6

船バス地上電車メトロがシンプルにまとめられた地図。これにバスの路線が重なることで、コペンハーゲンの基本的な公共交通機関はつくられています。これに自転車道路が折り重なるので、の道路はかなり走りにくそうにできているそう。晴れていたら、南側の一番先まで行こうと思っていたけど、今回は断念。

画像7

船の時間もグーグルマップで出てくるので、それほど待たずにやってきました。ほんと便利だー。

画像8

対岸には、いかした集合住宅が建設中。これ後日うかがった設計事務所COBEの設計でした。

画像9

3つ目で降りると、北側は中心部(写真)。そちらへに行きたいところを逆、南側へ橋を渡ります。

画像10

数分歩くと、デンマーク建築センターの看板が。ここを左へ。

この続きをみるには

この続き: 2,637文字 / 画像24枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
お得な買い切りタイプです。1度お買い上げいただければ、追加課金などはなしで、ずっと読むことができます。単品で購入した場合の【総額3,650円相当】の記事が入っています。

およそ1年半に渡り書き続けていたデンマーク・コペンハーゲンの訪問記。建築、デザイン、まちづくり、再開発、コミュニティ等の視点で書いた17本…

または、記事単体で購入する

建築センターに見たデンマーク市民と建築との距離。日本にもこういう施設つくりませんか?

大西正紀/GroundLevel & 喫茶ランドリー

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

多くの人に少しでもアクティブに生きるきっかけを与えることができればと続けています。サポートのお気持ちをいただけたら大変嬉しいです。いただいた分は、国内外のさまざまなまちを訪ねる経費に。そこでの体験を記事にしていく。そんな循環をここでみなさんと一緒に実現したいと思います!

ありがとう!団地の1階も、まちの1階に!
35
ハード・ソフト・コミュニケーションを一体でデザインする「1階づくり」を軸に、さまざまな「建築」「施設」「まち」をスーパーアクティブに再生する株式会社グランドレベルのディレクター兼アーキテクト兼編集者。日々、グランドレベル、ベンチ、幸福について研究を行う。喫茶ランドリーオーナー。

こちらでもピックアップされています

グランドレベル研究所★コペンハーゲン★17記事おまとめパック
グランドレベル研究所★コペンハーゲン★17記事おまとめパック
  • 17本
  • ¥1,980

およそ1年半に渡り書き続けていたデンマーク・コペンハーゲンの訪問記。建築、デザイン、まちづくり、再開発、コミュニティ等の視点で書いた17本の記事をまとめました。デンマークのまちを1週間歩きまくって出会ったこと考え続けました。デザイン事例、暮らし方などに興味のある方や旅行のお供に読んでくださる方にも人気です!

コメント (3)
awesome photo blog post. the architecture is fantastic! café looks dark..
子供の創造性を伸ばして、情操教育で促進する。日本のプロダクトの質の向上は、ここに根元があるのかも、しれませんね。貴重な現地情報、感謝します。
コメントありがとうございます!海外の情操教育ネタはいくつかあるので、また機会をみて書いてみたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。