margrete@高校世界史教員
評価できる部分もあり、できない部分もあり~『追憶の烏』(阿部智里)~
見出し画像

評価できる部分もあり、できない部分もあり~『追憶の烏』(阿部智里)~

margrete@高校世界史教員

八咫烏シリーズの最新刊です。

↑kindle版


第2部のスタートにあたる前作『楽園の烏』では、いきなり第1部の終わりから約20年後の話になっており、いささか戸惑いました。今巻はまた時間を遡り、第1部の終わりから8年後の話が語られます。つまり第1部の終わりと『楽園の烏』をつなぐ話です。


時間軸を行ったり来たりして語ることの効果も、もちろんあると思います。例えば『楽園の烏』で私が気になった、金烏のことが一言も語られなかった理由が、今巻で判明しました。その理由を知らずに『楽園の烏』を読んだからこそ、あの居心地の悪い感じを味わえたのであり、知っていたら「だから語らないのか」だけで済んでしまったでしょう。


でもやはり、その効果を評価するよりは、「阿部智里が書きやすい、あるいは書きたいと思ったところから書いたんじゃない?」と、意地悪な見方をしたくなってしまいます。外伝の『烏百花 白百合の章』が挟まったこともあり、山内の世界のいろいろな時代のエピソードをちょこちょこ読まされた感じで、頭の中が整理しきれないところがあるので。外伝はともかく本編においては、なるべくだったら時間軸に沿って語るべきだと思います。


その一方で、第1巻の伏線がここで活きてきたのかと、阿部智里の構成力に唸らされました。まぁこれも、辻褄を合わせるのに時間がかかったから、第2部の始まりが遅れたのかもと、意地悪く考えられなくもありませんが。


なお今巻でも第1部の終わり同様、複数の主要キャラの無残な死が描かれます。正直、あそこまで無残な死にする必要はあったのかは疑問です。もちろん、死ぬのはすべて「名もなきキャラ」で、主要キャラは全員生き残るのも不自然ではあるのですが。

田中芳樹の「アルスラーン戦記」では、主要キャラの多くが死ぬのは仕方がないと納得がいきました。でもちょっと「八咫烏シリーズ」では、納得がいかないんですよね。それはやはり物語のスケールとか、筆力の差でしょうか。


ところで私は「八咫烏シリーズ」の、男尊女卑的世界観と、「女性は子どもを産むもの」という押しつけに抵抗があります。


それこそ『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』の感想で私が危惧していた通り、真赭の薄が結局は結婚・出産の道を選んだことが今巻で判明し、ちょっとがっかりしました。


そうしたら今巻の最後の方に、「山内は女に厳しいから」というセリフが出てきました。確信犯的に、そういう世界を描いているのかと、その点は納得がいきました。そんな山内に挑戦しようという女性が最後の最後に登場しますが、彼女がどんな活躍をしてくれるかと、楽しみです。


最後に触れたいのは、以下の一節。

猿との大戦で武人の誇りとやらを味わった北家は、役夫の代わりとさせられることに鬱憤を溜めていた。

これを読んだ時思い浮かんだのは、自衛隊です。戦後の復興期には、実際自衛隊(警察予備隊・保安隊)は各地で道路工事などをしていたそうですし、今の自衛隊も、道路工事こそほぼしていないかと思いますが、国の防衛より、災害派遣で活躍するイメージのほうが強いので。でもまぁ鬱憤は溜めていないだろうなぁと。


そうしたら、同時並行で読んでいた『社会のなかの軍隊/軍隊という社会』の第9章「自衛官になること/であること」に、「災害救助が一番にくるべき自衛隊の任務なのだろうかという疑問」をもつ自衛官が出てきました。「自分たちの『本来の姿』が何かカモフラージュされているようで居心地の悪さを感じている」、という。


もちろんそれが多数派の意見なわけではなく、別の自衛官は、「一生日陰者でいることが、一番の成果」と語っています。つまり「防衛出動を行わずにすんできたことを否定しているわけ」ではないのですが。

ともあれ、何となくヒヤッとさせられるものがありました。





見出し画像には、今巻の重要なシーンに登場するので、季節外れではありますが、紫陽花の写真を使いました。



この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
margrete@高校世界史教員

記事の内容が、お役に立てれば幸いです。あなたのサポートはすべて、自由に旅行に行けるようになった時に行く旅行の軍資金に変わります。

margrete@高校世界史教員
非常勤講師として複数の学校での勤務経験がある、現役の教員です。専門は世界史です。