見出し画像

「迷ったら、選び直せばいい」エンジニアとデザイナーのはざまで。

このnoteでは、私たち「マーブル」のことを外から見た視点で発信しています。インタビューの様子から、私たちの働き方や文化を感じてもらうことで、新しい仲間に出会えたらうれしいです。

今回は第4弾として、エンジニアの川崎がインタビューを受けました。第3弾の今岡と同じく、エンジニアとして活躍しているメンバーです。聞き手はおなじみ、編集者の今井雄紀さんです。

ーーー川崎さんはマーブルに入ってどれくらいですか。

川崎:新卒で入社して、今年で4年目になります。

画像6

ーーー学生時代はなにを学ばれていたんですか。

川崎:情報系の専門学校で、デザインやwebサイトのコーディングなどを学ぶ学科に通っていました。専攻はデザインだったのですが、グラフィックデザインとウェブ制作のどちらもやっていけたらいいなと思っていて。マーブルでは両方にチャレンジできそうなところが理想的だと感じて入社を決めたんです。

ーーー入社してみて、つまずいたことってありましたか?

川崎:うーん……、けっこう悩んでばっかりです(笑)。

画像2

川崎:エンジニアとしてもデザイナーとしても活躍したい! と思って入社して。会社も私の意思を尊重してくれて、両方の仕事を任せてもらっていたのですが……。

両方とも中途半端な成長しかできていないように感じてしまったんです。任せてもらっている期待に応えられていないんじゃないかって悩むようになりました。

ーーーいつ頃からそう思うようになったんですか?

川崎:3年目に入った頃からです。このまま中途半端な状態を続けたら、レベルの高いマーブルでは通用しなくなってしまいそう……と。

その時々で精一杯仕事に向き合っていたので、自分の成果物のクオリティに後悔があったわけではありません。ただ、一直線に力を伸ばしていく姿勢が整っていない自分自身の状況が、すこし苦しかったんだと思います。

ーーーやりたい気持ちと現実と、たしかに悩ましい状況ですね。

川崎:はい。でも実は、最近コーディングメインに業務を絞らせてもらって。それで、悩みから一度抜け出せたかなと思っています。

画像3

川崎:いちばん悩んでいた時期に、プロジェクトマネージャーの小森さんが声をかけてくれて。思い切って自分の悩みを打ち明けたら、「じゃあどちらかに振り切ってみたら?」と背中を押してくださったんです。

デザイン業務を全くしなくなったわけではないのですが、一度決断したことで自分の気持ちがとても楽になりました。
今は、コーディングの力をもっと伸ばそう!という気持ちで、前向きに仕事に取り組めています。

ーーーそうやって声をかけてくれる存在がいるのはありがたいですね。

川崎:そうですね。小森さんが入社したのは2年前くらいなのですが、仕事がよりスムーズに回るようになった気がします。いつも「みんなが働きやすくなるように」と動いてくれていて。すごく頼りにしています。

画像4

いつも人のために動けるか。マーブルが求める人物像

ーーーマーブルに向いている人ってどんな人だと思いますか?

川崎:根気がある人かな。デザイン業務は長期間の仕事になることが多いですし、マーブルでは長く付き合っていくクライアントさんがほとんどです。根気強く、コツコツと積み重ねていける人が向いてるんじゃないかなと思います。

あとは、デザイン業務だけじゃなくて社内文化としても「普通の会社とは違うな」と思う部分がたくさんあるので……。

ーーーみなさんそうおっしゃいますね(笑)。マーブルには独自のカルチャーがあると。

川崎:そうなんです(笑)。とにかく「気配り」を大事にしているのがマーブルの特長ですね。気遣いができる人は、うちの会社にとても向いていると思います。

お昼ご飯は基本的にみんなで一緒に食べるのですが、「まかない」として長井さん(マーブルの代表)が作ってくれることもあるんです。そういうときは、誰からでもなく気づいた人から手伝いにいったり。

画像5

川崎:どんなに仕事に集中していても、自分のことだけじゃなくて周りの状況、周りのメンバーの様子を見て、自分から動ける人がマーブルには向いているのかなと思いますね。みんなもそういう人を求めているのだと思います。

ーーー「気遣い」がマーブルのキーワードなんですね。

川崎:そうですね。デザインなどの業務に関する力って、働き出したらあとからちゃんとついてくると思うんです。反対に、「気遣いが大事」っていうマーブルの姿勢に共感できるかどうかは、その人がもともと持つ感覚。これが会社と合っているかのほうが重要だと思います。採用するときも、実力以上にいわゆる「カルチャーフィット」のほうを重視しているんじゃないかなと思いますね。

画像6

Work at Marble.co

Marble.coはいっしょに働く人を求めています。

・グラフィックデザイナー(中途)
・Webデザイナー(中途)
・プロジェクトマネージャー(中途)
・ライター(中途)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
Marble.co(マーブル・シーオー)は京都を拠点にしたデザインオフィスです。https://www.marble-co.net/portfolio