一般社団法人 学びの文庫

一般社団法人 学びの文庫

最近の記事

【開催報告3】ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館(第三回「作品の講評」)

(一社)学びの文庫・VIVITA JAPAN(株)が企画・運営する「ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館」は、2023年11月、12月にかけて、愛知芸術文化センター内のAICHI OPEN ART ATELIER(以下、AOAA)で、愛知県美術館所蔵の作品をテーマにショートショート(とても短いお話)を作成する全三回の講座です。なお、本講座は、愛知県施設活性化パイロット事業の一環で実施しています。 第一回「アート作品を知る」(2023年11月23日(木曜日・祝)

    • 【開催報告2】ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館(第二回「ショートショートを作る」)

      (一社)学びの文庫・VIVITA JAPAN(株)が企画・運営する「ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館」は、2023年11月、12月にかけて、愛知芸術文化センター内のAICHI OPEN ART ATELIER(以下、AOAA)で、愛知県美術館所蔵の作品をテーマにショートショート(とても短いお話)を作成する全三回の講座です。なお、本講座は、愛知県施設活性化パイロット事業の一環で実施しています。 第一回「アート作品を知る」(2023年11月23日(木曜日・祝)

      • 【開催報告1】ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館(第一回「アート作品を知る」)

        (一社)学びの文庫・VIVITA JAPAN(株)が企画・運営する「ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館」は、2023年11月、12月にかけて、愛知芸術文化センター内のAICHI OPEN ART ATELIER(以下、AOAA)で、愛知県美術館所蔵の作品をテーマにショートショート(とても短いお話)を作成する全三回の講座です。なお、本講座は、愛知県施設活性化パイロット事業の一環で実施しています。 第一回「アート作品を知る」(2023年11月23日(木曜日・祝)

        • 大正・昭和初期、江戸川乱歩と双璧を成した変格探偵小説家"小酒井不木"の資料を保存する教育文化施設への、古書買取の仕組みを活用した寄附金募集を開始します。

          一般社団法人 学びの文庫は「新刊・古書店 henn books(ヘンブックス)」の古書買取の仕組みを活用した寄附金募集を、2023年10月23日に開始しました。 本事業は、一般社団法人 学びの文庫が運営している「新刊・古書店 henn books」の古書買取の仕組みを活用し、お客様が買取相当額を教育文化施設へ寄附できるようにするものです。今回は「新刊・古書店 henn books」の⼤きなテーマである、愛知県蟹江町で⽣まれの変格探偵⼩説家「⼩酒井不⽊」に関して、愛知県で有数

        【開催報告3】ショートショートミュージアム みんなの言葉の美術館(第三回「作品の講評」)

          愛知県文化施設活性化パイロット事業における「AICHI OPEN ART ATELIER」の事業者のひとりとして選書、本棚づくり等を行うことが決まりました。

          一般社団法人 学びの文庫は、愛知県文化施設活性化パイロット事業における「AICHI OPEN ART ATELIER」の事業者のひとりとして選書、本棚づくり等を行うことが決まりました。 愛知芸術文化センターの地下2階のアートショップスペースとフォーラム2の一部で、司書等の選書により、自由に閲覧等ができるアート関連の書籍を配置し、本を通してアートに気軽に触れられる場を創出したいと考えています。また、愛知芸術文化センターのアートライブラリーをご紹介する等、図書館を気軽に利用して

          愛知県文化施設活性化パイロット事業における「AICHI OPEN ART ATELIER」の事業者のひとりとして選書、本棚づくり等を行うことが決まりました。

          戦前期、江戸川乱歩と双璧を成し、忘れられた変格探偵小説家 ”小酒井不木" 的空間を体験できる「新刊・古書店 henn books」

          一般社団法人学びの文庫は、「新刊・古書店 henn books」 (愛知県名古屋市中区新栄1丁目6-3 シャインビル2F)を、2023年5月31日から運営しています。 「新刊・古書店 henn books」とは 「新刊・古書店 henn books(ヘンブックス)」は、「変格」や「小酒井不木」をテーマにした、変格(ときどき本格)な新刊・古書店です。 大正から昭和初期の日本には、謎解き以外の要素を含む怪奇、幻想、猟奇、SF、冒険等の幅広いジャンルの探偵(推理)小説である、

          戦前期、江戸川乱歩と双璧を成し、忘れられた変格探偵小説家 ”小酒井不木" 的空間を体験できる「新刊・古書店 henn books」

          国立国会図書館デジタルライブラリーの『小酒井不木全集』のインターネット公開について

          一般社団法人 学びの文庫は、本法人が管理・運営している「小酒井不木全集引用文献データベース」に関連して、国立国会図書館デジタルライブラリーにおける『小酒井不木全集』のインターネット公開について、2023年1月に国立国会図書館へ問い合わせたところ、全17巻中、15巻は著作権保護期間が満了していることが確認でき、その後インターネット公開がされています。 ただし、第10巻について、木村晴三氏の絵が掲載されており、没年不明であることから著作権保護期間が満了が確認できないこと、また、

          国立国会図書館デジタルライブラリーの『小酒井不木全集』のインターネット公開について