見出し画像

【2023年度終了】大正・昭和初期、江戸川乱歩と双璧を成した変格探偵小説家"小酒井不木"の資料を保存する教育文化施設への、古書買取の仕組みを活用した寄附金募集を開始します。

2023年度の募集は終了しました。
募金いただきありがとうございました。

一般社団法人 学びの文庫は「新刊・古書店 henn books(ヘンブックス)」の古書買取の仕組みを活用した寄附金募集を、2023年10月23日に開始しました。

本事業は、一般社団法人 学びの文庫が運営している「新刊・古書店 henn books」の古書買取の仕組みを活用し、お客様が買取相当額を教育文化施設へ寄附できるようにするものです。今回は「新刊・古書店 henn books」の⼤きなテーマである、愛知県蟹江町で⽣まれの変格探偵⼩説家「⼩酒井不⽊」に関して、愛知県で有数の資料数を保存し、作品等を展示・公開している「蟹江町歴史⺠俗資料館」へ寄附することにしました。なお、本事業の寄附金は、国、地方公共団体に対する寄附金として、寄付金控除を受けることができます。募集期間は、2023年10月23日から2024年3月31日までです。

「新刊・古書店 henn books」は、小酒井不木の居住地からほど近い名古屋市新栄に店舗をかまえ、「変格」や「小酒井不木」をテーマにした、変格(ときどき本格)な新刊・古書店です。大正・昭和初期における探偵小説を多く揃え、それを対象とした評論、研究書も取り揃えています。これまで、愛知県蟹江町のご協力をいただき、動画配信サイト Youtube で配信している小酒井不木原作の映像作品などを紹介した蟹江町作成の小酒井不木に関するパンフレットを配布してきました。これまでの配布等を通じて、探偵小説や小酒井不木等、共通する興味・関心を持ったお客様が多数来店し、それらに関する教育文化施設についても関心があることがわかってきました。そこで、古書買取によって皆さまの読書環境の充実を図ると同時に、その仕組みを活用して教育文化施設の充実につなげることで、皆さまの地域・歴史への学びや読書環境が豊かになるようにお手伝いしたいと考えました。

通常、古書買取では、お客様が古書を売り、査定を受けて買取金を受け取りますが、本事業では、その買取金をお客様自身が受け取るのではなく、その買取相当金を、「新刊・古書店 henn books」を通じて教育文化施設へ寄附することができます。国、地方公共団体に対する寄附金として、寄付金控除を受けることができますので、ぜひ積極的にご活用してください。

古書買取の仕組みを活用した寄附は、「新刊・古書店 henn books(ヘンブックス)」のホームページより、お申込みができます。みなさまのご協力をお願い申し上げます。

「新刊・古書店 henn books」古書買取ページ:https://hennbooks.store/how_to_sell.html

なお、寄附金の使用用途は、小酒井不木関連資料の継続的な保存、活用等の基礎になるよう蟹江町歴史民俗資料館に一任しますが、蟹江町歴史民俗資料館は、これまでに資料の収集、保存、公開やイベントの開催など行っていますので、寄附することによって、これまで以上に適切な資料の保存や資料の公開、小酒井不木の普及、啓発等、様々な用途で活用されることが期待できます。

一般社団法人 学びの文庫は、募った寄附金に関する報告をホームページ等で行うとともに、今後、寄付金がどのように活用されたか等についても報告を行う予定です。また、古書買取の仕組みを活用した教育文化施設への寄附金募集は、今後も、継続的に行っていく予定です。

(写真は、書斎に於ける小酒井不木(大正十四年撮影)(『小酒井不木全集 第九巻』))