sansan Builders Boxに行ってきました
見出し画像

sansan Builders Boxに行ってきました

「Sharing Knowledge」をテーマとして開かれた、sansan Builders Box。
Sansanとしてもこういうイベントを開くのは初めての試みだったみたいなんだけど、無料でこのクオリティー、よかったのでレポート記事書いていきまーす。

表参道ヒルズの地下3階のスペースオーを貸し切ってて、こんな感じ。
椅子は、キャンピングチェアーで、Sansanのオフィスをイメージしている見たい。TEDみたいだった!


スケジュールはこんな感じ。


まず、CTO藤倉成太氏とまつもとゆきひろ氏の対談。Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏はSansanで技術顧問をしているようで、、アメリカからオンライン参加。

まず、まつもとゆきひろ氏から、今回のイベントのテーマである「Sharing knowledge(知識の共有)」について、共有しないと発展がない。もともと1つの会社しか作っていなかったパソコン。ずっと占有し続けていたら、こんなにも発展はしなかったのだろう。そして、まつもと氏の開発したRubyという言語も、誰もお金を払わず使うことのできるオープンソースであるのだけれど、多くの支援者がいて、コミュニティーがあって、どんどん進化をし続けている。こういうオープンに知識の共有ができる時代を創ってくれた人たちや今の時代に感謝をしよう、という内容でした。

CTO藤倉成太氏は、Sansanの想いを。半年前にCTOに就任して1番に考えたのが、このイベントの企画だったそうです。グローバルで使われるプロダクトを生み出したい、そのためには知識を共有し、インプットアウトプットを繰り返していかなければならない。CTOになって、答えのないプロダクトの意思決定をしなければならない時など責任が大きくて辛い時もあった。でも、とても楽しいと思う時の方が多い。それは、美しいソフトウェアアーキテクチャを見た時、綺麗に構造化された時、コードを書いている時など。今日来てくれている方は何かしらにものづくりに関わっている人だろう。純粋にものづくりを楽しんでいきましょう。とこのイベントをスタートさせた。


そして、3つのセッションが同時にスタート!!印象に残ったものは次の記事に書いていこう。混んでいるセッションは、立ち見席ができるほどに。すごい熱気。


最後のclosing sessionでは、ビジネスを加速するためにAIで実現したこと、したいことというテーマで、Sansanテクニカル・エヴァンジェリスト、博士の大隅智春氏。

今第4次産業でAIが主流になって、人間の仕事がなくなると言われている。でも本当にそうなのだろうか。第2次産業から第3次産業革命では、ITやコンピュータの仕事がかなり増えた。人間の仕事がなくなるとは思えない。という問題提起から始まり、sansanの今までとこれからのお話へ。


Sansan創業当時っていうのは、名刺の画像データをみて、社長も含めて文字起こしをしていたのだそう。sansanが有名になるに連れて、このやり方では通用しなくなって、AIを導入したんだそう。今まで貯めた何千、何万の画像データと正解の文字起こしデータを使って、ディープラーニングをさせて、現在ではほとんど機械で読み取り、読み取り困難な場合のみ人の力を借りるようになったんだとか。


では、今後さらに発展を遂げるSansanは何をしたいのか。AIで出会いをレコメンデーションするシステムを開発しているそうです。あなたはこの人とあったほうがいいのでは?、社内で自分の人脈と似た人、欠けている人は誰?という状況がわかる、そしてその上で誰と組めばいいのかということを教えてくれるそうです。出会いの最適化によって働き方を確信し、「出会う、が世界を変えていく」というSansanのミッションで締めくくり。

私も昔ニュースで画像データを打ち込んでいる人がいるというのはみたけど、今は99パーセントは機械でできる時代になったんだそうです。でもオペレーターの数は増えていて、今までただ打ち込んでいた人というのが、管理する方やお客様の声を聴くのに専念できるようになったんだそうです。こういう単純作業を効率化させて、違うところに目を向けられるのはいいなぁと思ったり!

そして無料なのに、懇親会まで。
いろんな人と名刺交換できました!!さすがsansan!
そしてそして、無料なのに販促品が豪華すぎ、おしゃれでした。


「Sharing knowledge」というテーマで行われた今回のカンファレンス。
知っているからこそ提案できることとかあるし、違う分野の話を突然話聞いてもついていけるのっていいなって思う。

楽しかったです!Sansan社員のみなさんありがとうございました!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プログラマーからUI/UXディレクターに。 大学時代に留学と海外インターン、バックパッカーを経験。 休みの日は社会人ながらもヒッチハイクをしたり遠出をしたり アクティブに過ごしています! 趣味はランニングで、マラソン4回完走。