空木マイカ

greenjourneyというパパママの集まった環境団体の代表をしています。他にJICAや大学の先生の仕事も。6歳の女の子と8歳の男の子のママで子どもたちと遊ぶのがとにかく大好き!

空木マイカ

greenjourneyというパパママの集まった環境団体の代表をしています。他にJICAや大学の先生の仕事も。6歳の女の子と8歳の男の子のママで子どもたちと遊ぶのがとにかく大好き!

    マガジン

    • ラジオDJとして

      ZIP-FMで13年喋り、今は愛知北FMで喋ってます。毎週火曜11:00〜 LIFE with…よろしくね!

    • ママのきろく

      6歳の女の子と8歳の男の子の母ちゃんの記録。

    • 旅のきおく

      アフリカを中心にこれまで旅してきて出会ってきた人、見てきた風景について書いています。旅になかなか出られなくなったので思い出し日記。

    • グリーンジャーニー(green journey)

      子どもたちを主役にした環境プロジェクト「グリーンジャーニー」の活動記録です。HPはこちら → http://greenjourney.live

    • 映画のきろく

      見てよかった映画について書いてます。

    最近の記事

    読書感想文の見守り方

    夏休みの宿題にどこまで親が手を出すのかって その家庭の教育方針みたいなのが よく出ているような気がする。 全く口を出さずに提出も 好きなものだけやればいい派。 賞をとれるくらい良いものを作りたい派。 どれも間違いではなく それぞれの味なんだと思う。 我が家はと言えば 基本子どもに任せるけど 全く口を出さないわけではない。 先の例の折衷派というところかな。 例えば絵を描くときに 子どもの絵は素晴らしいから 大人はそれを壊さずに 手を出すべきではないという先生と 描き方を教

    スキ
    7
      • 学校に行く理由

        学校に行くことで得られる最大のものは「学校での思い出」だと思っている。それだけはどんなに家庭教育を頑張っても、他の場所でどんな貴重な経験をしても得ることができない。 小3になった息子の学校生活はなかなか大変そうだ。詳しくは書かないけど、泣いて行きたくないと言ったり、かと思うと翌日「ママ、大丈夫だわ!対処法わかった」と誇らしそうな顔を見せたり。また翌日「やっぱり嫌だわ」と嘆いたり。 それを素直になんでも話してくれることが何よりありがたいなと思う。話を聞きながら自分の子ども時

        スキ
        23
        • 子どもの意欲を引き出すには

          最近、娘のクリエイティブが止まらない。今日は「ママ、ピアノ弾くよ」と階段に連れて行かれる。階段をエレクトーンに見立てて、最初両手で2段を弾いていたところから全部の段を使って演奏を始めた。確かにこんなピアノがあったらかっこいい! 終わったら「次はバレエやるよ!」と今度は部屋に連れていかれ、娘はかわいい衣装に着替えて私はマフラーを巻かれる。「ママ、雪だるまね」と雪だるま役になって一緒に踊った。こんなことをゴールデンウィークは一日中やっている。 かと思えば、ピアノの先生にもらっ

          スキ
          9
          • 小学生のドラマ

            最近子どもたちとチョコレート戦争を読んだ。毎晩寝る前に一章と決めていたのにもう途中からハラハラドキドキして後半は夜遅くまで一気に読み切った。終わった後も興奮冷めやらず、ずっと感想を話し合っていてなかなか寝付けなかった。あの本の小学生たちは本当にドラマチックだなと思うけど、でも実際の子どもたちの毎日も私はすごくドラマだなと思う。 先週、小学3年生の息子が走って帰ってきて「ママ、Mちゃんめっちゃ行動力あるわ!」と興奮している。どうしたの?と聞くと、帰り道に鳥の子が死んでいたらし

            スキ
            15

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ラジオDJとして

            • 8本

            ZIP-FMで13年喋り、今は愛知北FMで喋ってます。毎週火曜11:00〜 LIFE with…よろしくね!

          • ママのきろく

            • 68本

            6歳の女の子と8歳の男の子の母ちゃんの記録。

          • 旅のきおく

            • 5本

            アフリカを中心にこれまで旅してきて出会ってきた人、見てきた風景について書いています。旅になかなか出られなくなったので思い出し日記。

          • グリーンジャーニー(green journey)

            • 26本

            子どもたちを主役にした環境プロジェクト「グリーンジャーニー」の活動記録です。HPはこちら → http://greenjourney.live

          • 映画のきろく

            • 6本

            見てよかった映画について書いてます。

          • パラオ取材のきろく

            • 16本

            JICAの地方メディア派遣でパラオを訪れました。そのレポートです。

          • ラジオDJとして

            • 8本

            ZIP-FMで13年喋り、今は愛知北FMで喋ってます。毎週火曜11:00〜 LIFE with…よろしくね!

          • ママのきろく

            • 68本

            6歳の女の子と8歳の男の子の母ちゃんの記録。

          • 旅のきおく

            • 5本

            アフリカを中心にこれまで旅してきて出会ってきた人、見てきた風景について書いています。旅になかなか出られなくなったので思い出し日記。

          • グリーンジャーニー(green journey)

            • 26本

            子どもたちを主役にした環境プロジェクト「グリーンジャーニー」の活動記録です。HPはこちら → http://greenjourney.live

          • 映画のきろく

            • 6本

            見てよかった映画について書いてます。

          • パラオ取材のきろく

            • 16本

            JICAの地方メディア派遣でパラオを訪れました。そのレポートです。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 星野道夫写真展〜悠久の時を旅する〜

              星野道夫を知ったのは大学生の頃だった。たまたま遅刻している友人を待つために入った下北沢のビレバンで、何気なく立ち読みしようと手に取ったcoyoteの星野道夫特集に心を掴まれた。その後、20代でモンゴルに行った帰りの飛行機で旅をする木を読み、矢場町にあったビレバンで買ったNorthern DreamsのシリーズをDJ新人時代に夜な夜な読み、子どもが生まれてから買ったシロクマとアザラシの写真集をふとんの中で子どもたちとめくった。どの本もぼろぼろになりながら我が家の本棚に並んでいる

              スキ
              9
              • 新入生にかけたくない言葉

                娘が小学校に入学しましたと言うと必ず返ってくる言葉がある。 「友達できた?」 それは妊娠しましたと言うと、「もう性別わかってるの?」と返ってくるのと同じくらいの確率で返ってくる。つまり、9割だ。 私は一年生の子の親として、その一言を娘にかけてもらいたくないなぁといつもこっそり思ってきた。友達なんてそんなにすぐにできないし、半年後にはクラス全員が友達になっていることを息子の経験から知っているから、全然焦る必要はないと思っている。だけど、この一言を言われると焦るのだ。実際全

                スキ
                28
                • 小3が教える友達の作りかた

                  明日は娘の小学校入学式。 娘は「楽しみ!」と口で言いながらも、ちょっと不安そう。少し遠い保育園に行っていたので小学校に友達は一人もいない。2年前息子も全く同じ状況で、彼は2ヶ月間毎朝行きたくないと行って泣き私が送って行っていたのだけれど、友達ができてスッと行けるようになった。 (その時の記事がこちら↓) 今日、晩ごはんの時に娘がボソッと聞いてきた。 「友達ってどうやって作るの?」 それに私より先に答えたのが息子だった。 「同じ趣味の子を見つけるんだよ。それで話しかけるの

                  スキ
                  20
                  • ゼロカーボンシティ表明の要望書提出!

                    本日、名古屋の6団体どえりゃあwings、fridays for future Nagoya、happy planet、地球ハグ倶楽部、オーガニックなごや市政の会、Green Journeyが世代を越えて集まり、河村たかし名古屋市長にゼロカーボンシティ表明の要望書を提出してきました! 2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロの表明を出している自治体が日本には598あります。これは日本の総人口の90.7%を占めていて47都道府県中40都道府県が既に出しているのですが、名古屋市も

                    スキ
                    2
                    • 得意と不得意

                      私はお金の計算や管理が苦手だ。エクセルだって使えない。枠に数字を入れていって、最終的に足し算する方法がわからないから電卓を使って計算して打ち込んでいたら「それ、もうワードでいいんじゃないの」とうちの副代表に言われた。おっしゃる通りだ。そんな私が先週「会計」という役割をすることが2回あった。ちゃんと計算したはずなのに何故か2回とも集めたお金と支払うお金がズレていた・・。2回目なんてただ3人分のお弁当代を集めただけなのに、それもズレていた。なぜ。その時、私を含め全員が思った「次回

                      スキ
                      8
                      • 夢みる小学校トークショー

                        昨日は映画「夢みる小学校の上映後、監督舞台挨拶のお相手を担当させて頂きました。 成績表をもらう度に落ち込んで自分はできないんだと思ってしまったという監督と、成績は良かったけど逆に成績を取るための勉強しかできず、自分が何を好きなのかも見つけられなくて、そこから自分の力で掘り下げていく力を持てなかった私。 結局、成績表って成績が良かった人にも悪かった人にも、ない方がいいんじゃない!?なんて話にも。実際公立でも成績表のない学校はあって、映画に出てくる小学校は60年前から廃止して

                        スキ
                        3
                        • 夢みる小学校トークショー

                          前回アップしていた今週金曜日から名古屋でも公開が始まる映画「夢みる小学校」その監督トークショーのお相手をさせていただきます!今週土曜日。東海エリアの皆さん、ぜひお越しください。

                          スキ
                          2
                          • 【映画】夢みる小学校

                            ひそかに製作中のオンラインイベントから参加して完成を待ち望んでいた映画「夢見る小学校」がついに公開となります。マスコミ試写でひと足早く見させて頂いたんですが、これがめっちゃくちゃ良くて!!!お子さんいらっしゃる方、教育関係者のみなさん、ぜひ見てみてください 国算理社といったいわゆる教科学習がなく、子どもたちは体験の中でそれらを学んでいく学校があります。美味しいそばを作るためには配合を計算しなくてはいけない、材料の産地から地理を学んでいく、といった具合に。それをやらされている

                            スキ
                            6
                            • 人生は常に8割の準備しかできない

                              今朝、雪が降っていつもより厚手のダウンを出したり、長靴をだしてたりしたら、息子は手袋を忘れて行った。かわいそうになぁ、雪遊び指冷たいだろうな〜。やらないって言うかな〜。 なんて考えながら、私は自分の長靴を忘れた。どうせブーツ履くからと短い靴下にしていたのに、ブーツを汚すのが嫌でスニーカーにしたらくるぶしが寒い…。そして足先がすでに霜焼けになりそうになっている。あ、そういえば今日自分の講座で紹介しようと思っていた本も2冊忘れてきた…。 忘れん坊の言い訳ではないけれど、人生は

                              スキ
                              2
                              • これからの時代の教育に求められることは

                                ここ数年、学生たちと関わる機会が増えて思うのは、今の子たちは私たちの世代よりも「はるかに良くできる」ということだ。伝える力も、聞く力も、まとめる力も、情報を得る力も何もかも。それは学校以外の場所でネットやSNSを通してそれぞれのジャンルのプロの話が聞けたり、多くの大人と関わったりということが簡単にできるようになっているからなんじゃないかなと思う。今朝も一緒に気候変動の活動をしている高校生から、送っていた資料に対する見事な返しを受け取ったところだ。同じ資料を実は何人もの大人に送

                                スキ
                                15
                                • クリスマスラジオはじめました

                                  大好きなんです、昔からクリスマスが🎄 大人になってもそれはずっと。 そんな訳で クリスマスラジオはじめました🎅 クリスマスが大好きな空木マイカによる クリスマス好きのための クリスマスの話しかしない クリスマスラジオ🎄 アドベントカレンダーを開けるように 毎日ひとつずつどうぞ。

                                  スキ
                                  2
                                  • 未来が変わる選び方〜グリーンジャーニー編〜 報告

                                    2021/11/13〜14 の二日間にわたってグリーンジャーニー × イオンのイベント「未来が変わる選び方〜グリーンジャーニー編〜」を開催しました。今、世界で起こってる問題の大半は私たちのこれまでの消費のあり方が引き起こしてきたこと。逆に言えば消費者が変わればその問題は解決できる!消費者の日々の買い物の選択が世界を変えることにつながることを実感できる展示をつくり、実際にそれを生活の中に取り入れられる機会を作ろうと今回企画しました。 まずこちらは認証マークブース。持続可能な漁

                                    スキ
                                    5