Lulu's Cabinet

2010年〜2021まで11年間、VOGUE JAPAN でブログを執筆。馬と博物学的世界、ムー的世界を愛し、不思議を視たい!と旅に出て、「好き」と「感動」を掻き集める。高校時代に障害飛越にのめり込み、現在はたまーに外乗を楽しむ50代。

Lulu's Cabinet

2010年〜2021まで11年間、VOGUE JAPAN でブログを執筆。馬と博物学的世界、ムー的世界を愛し、不思議を視たい!と旅に出て、「好き」と「感動」を掻き集める。高校時代に障害飛越にのめり込み、現在はたまーに外乗を楽しむ50代。

    マガジン

    • Lulu's Travel 47 🇯🇵

      旅は感動の源。旅先で出会った美しいものたちを独自の視点で眺め、新たな楽しさをお届け出来たら。 17年をかけて日本全国を測量した伊能忠敬に触発され、47都道府県を訪れ、美しいものたちを掘り起こしてみたい!と密かに思っています。

    • Lulu's Fashion

      感動させてくれたものを纏いたい! 博物館で見た鉱物も、トレイルで出会った玉虫の色も緑も、ネイティブアメリカンの織物も、刺繍も、みーんな着たい。 クチュールからアジアのマーケットで掘り出したものまで。身に付けたいもの色々。

    • Lulu's Souvenir

      旅先で出会ったもの、連れて帰ってきたもの。

    • 買ったものいろいろ。

      大好きドイツパンも、必死になるガチャガチャも、アジアのマーケットで見つけたカゴバックも、クチュールメゾンの服も。 うわー欲しい!と連れて帰ったものいろいろ。

    • Lulu's Travel

      旅は感動の源。どこに行くかワクワクしながら計画し、旅先で大いに感動し、帰国後その余韻を楽しみ、また次の旅へ突入する。旅で得た感動エネルギーを「循環」させながら日々生きています。 旅先で出会った美しいものたちを独自の視点で眺め、新たな楽しさを発信していきます。

    最近の記事

    レゴの世界②〜LEGO " The Great Wave HOKUSAI ” 《富嶽三十六景 神奈川沖浪裏》

    こんにちは。 2月1日に発売されたレゴの北斎。レゴと「神奈川沖浪裏」好きとして、見逃せないピースでした。 レゴは好きでねー。レゴの世界大会にも行ったりしました。クイーンがスポンサーだというUKのチームと話して、規模感違うのう…なんて思ったり。(記事「レゴの世界〜LEGO Star Wars “The Mandalorian The Child 75318”」) 早速。さてやるぞー!というパッケージ開けたこの瞬間が好き。 ひたすらベージュのプチプチで埋めていきます。 6

      • オールドノリタケに魅せられて / 愛知②

        こんにちは。 少し間があいてしまいましたが、名古屋の続きです(記事「本物の縄文土器に触れてみた! 「南山大学人類学博物館」 / 愛知① 23/47」)。 縄文土器の次に会いたかったのは、オールドノリタケ。 オールドノリタケとは、明治中期から第二次世界大戦終結までに森村組と日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニー)が製造販売した陶磁器の総称。 江戸で馬具商を営んでいた六代 森村市左衛門は、ペリー来航以来、日本の金銀が安く買われて外国へ流出し、日本の国力がどんどん弱くなってし

        • インターメディアテク開館十周年記念特別展示『極楽鳥』

          こんにちは。 インターメディアテク開館十周年記念特別展示『極楽鳥』のプレス内覧会に行ってまいりました。 東京大学総合研究博物館と、ヴァン クリーフ&アーペルが支援する宝飾芸術の教育研究機関「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」とが共同で主催する本展示。 一級の自然誌標本と研究資料に囲まれた空間で観るジュエリー。知と美の絡まりに圧倒されます。 それでは!黒いカーテンを抜けると、 夜の鳥 飛び込んできたのが「夜の鳥」。 キャビネットの夜の森にひっそりと佇む鳥たち。 キ

          • 雪の秘湯へ〜新穂高温泉 「槍見館」 岐阜②

            あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 キーンと透明な空気を纏った冬が好きで。真っ白な世界に飛び込みたくて向かったのが奥飛騨温泉郷。 「ここは雪深い季節に来たら幻想的だろうなー」と、夏に奥飛騨温泉郷・福地温泉に泊まった時のことを思い出して。(記事「源泉100%を求めて〜奥飛騨・福地温泉「元湯孫九郎」 / 岐阜 16/47」) 今回選んだのは、奥飛騨温泉郷・新穂高温泉にある「槍見館」。 「源泉湯宿を守る会」の会員宿で、循環・塩素消毒を一切行わない

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Lulu's Travel 47 🇯🇵
            Lulu's Cabinet
          • Lulu's Fashion
            Lulu's Cabinet
          • Lulu's Souvenir
            Lulu's Cabinet
          • 買ったものいろいろ。
            Lulu's Cabinet
          • Lulu's Travel
            Lulu's Cabinet

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            日出づる国へようこそ②〜「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展

            こんにちは。 東京都現代美術館で12月21日から開催されている「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展のプレビューに行って参りました。 ずーっと楽しみにしていたので、ディオール からプレビューへのお誘いをいただいた時、電話口で「ギャー嬉しい!!!」と全力で叫んだ。 2014年に銀座で開催された「エスプリ ディオール〜ディオールの世界」以来の大規模展示。(記事「あの北斎ドレスが見られる!〜『エスプリ ディオール〜ディオールの世界』を堪能」) クリスチャン・ディオール

            港から始まる 「水信ブルック&ファクトリー」 〜 小さく気高いフルーツサロン②

            こんにちは。 「今度はパフェを食べに行きませんか?」というお誘いでまたまた水信へ。 新港エリアにできた客船ターミナルを中核とする横浜ハンマーヘッド内にオープンした「水信ブルック&ファクトリー」。北仲にある「水信フルーツパーラー」とはまた違う力強いエネルギーを感じます。 (記事「小さく気高いフルーツパーラー。 横浜・北仲『水信フルーツパーラー』」) 横浜で果物、といえば水信。1915年、横浜で輸入バナナの加工問屋から始まった水信と縁の深い「港」を舞台にフルーツの世界が展開さ

            シウマイに会いに崎陽軒 横浜工場へ

            こんにちは。 なかなか予約の取れない崎陽軒の工場見学。何気なくチェックしてみたら空きが!早速行ってきました。 横浜のソウルフード、シウマイ。冷めても美味しい崎陽軒のそれはシューマイと区別されます。 赤いチャイナドレス風の売り子さんから買う龍の掛け紙のあの駅弁。 崎陽軒の歴史をVTRで見て、弁当・シウマイの「製造ライン」をガラス越しに見学できるこの工場見学。(製造ラインの撮影は禁止) お弁当を包んでいる歴代の「掛け紙」。 龍が抱く水晶の中にある街並みも時代と共に変化してい

            本物の縄文土器に触れてみた! 「南山大学人類学博物館」 / 愛知① 23/47

            こんにちは。縄文に惹かれやって来たのが「南山大学人類学博物館」。 (記事「ルーツを辿れ!茅野市尖石縄文考古館 / 長野・茅野市 ②」 名古屋にある南山大学人類学博物館は、展示物のほとんどがガラスケースを用いない露出展示となっており、実際に手にとって観ることができる珍しい博物館なんです。 展示は4つの展示カテゴリーに分かれ、時代や地域別ではなく、収集過程別に資料を展示。「どういう目的で、誰が、いつ収集した資料か」を明確にし、南山大学の人類学研究の発展を理解しやすくしています

            鬼ヶ城へ / 三重 22/47

            こんにちは。花の窟神社から海沿いに走ると獅子岩。 獅子岩地盤の隆起と海蝕で生まれた高さ約25mの奇岩 。 南に位置する神仙洞の吽(うん)の岩に対し、阿(あ)の岩と呼ばれ、井戸川上流に位置する大馬神社の狛犬として敬愛されてきたそうです。このため、大馬神社には今も狛犬が設置されていません。 私には鳥に見える。八咫烏が石化した? 鬼ヶ城平安時代この地に隠れ、鬼と恐れられた海賊 多娥丸(たがまる)を坂上田村麻呂が征伐したという伝説が残っている鬼ヶ城。 鬼。惹かれるワード。坂上

            新宮の巨岩 / 和歌山④

            こんにちは。今日は朝から神倉山へ。 神倉神社おおっ、山の中腹に巨岩と朱塗りの社殿が。登るよー 熊野三山の本宮。高さ80m近い断崖絶壁、神倉山の中腹にある神倉神社。 鎌倉時代に源頼朝が寄進したと伝えられる538段の石段を登って 振り返ると先がズドンと見えないくらい結構急峻。 登った先に おー!熊野の神々が最初に降り立ったとされる巨岩が御神体。 ゴトビキ岩と呼ばれる御神体。ゴトビキとは熊野の方言でヒキガエルの意。 神倉って神座(かみくら)なんだろうな。 熊野速玉

            紀伊山地の霊場へ / 和歌山③

            こんにちは。 役小角(えんのおづぬ)に惹かれやって来た熊野の霊場。まずは、熊野三山のひとつ熊野那智大社へ。 (記事「断崖絶壁に建つ国宝に会いに。 三徳山入峰修行 / 鳥取②」) 熊野那智大社2004年に世界遺産に登録された「熊野古道」。 登録名の「紀伊山地の霊場と参詣道」からも分かるように、修験道の拠点である「吉野・大峯」、熊野信仰の中心地である「熊野三山」、真言密教の根本道場である「高野山」の三霊場及び、それらを結ぶ参詣道から構成されています。 特徴的なのは「文化的景観

            本州最南端の町で奇岩と龍に会い、トルコに馳せる / 串本町・和歌山③

            こんにちは。 今日はまず「橋杭岩(はしぐいいわ)」へ向かいます。 橋杭岩海岸から紀伊大島に向かって約850mに渡り大小40余りの奇岩が林立している橋杭岩。1400万年以上前に地下から上昇したマグマによるものです。 この並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付いたそうです。 その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。 出来るだけ近くで岩柱たちに会いたかったので、潮が引いている間にズンズン歩く。 グーニーズのテーマ

            美しき狂気。 建築のメティエダール 「ホテル川久」 / 和歌山②

            こんにちは。 今回和歌山に来た目的が「ホテル川久」。初めてここに泊まった時から30年近く経ってもなお心揺さぶられる場所。 ホテル川久 南紀白浜の温泉街に突如現れる別天地。道を曲がると目に飛び込んでくる圧倒的な量感。雑多な温泉街、日常のその先にそびえ立つこの「違和感」に泣けてくる。 大阪船場の商人である河内屋久兵衛が興した旅館「河久」が「ホテル川久」の前身。 昭和の初めに新婚旅行で泊りに来た安間千之(やすまかつじ)さんが河久を気に入り、当時のお金で500円分を支度金として置

            天衣無縫。孤高の大怪人 南方熊楠を訪ねて〜南方熊楠顕彰館 / 和歌山① 21/47

            こんにちは。 今回「行かねば」と呼ばれたのは和歌山。まずは田辺市にある「南方熊楠顕彰館」へ。 南方熊楠顕彰館荒俣宏の世界に浸り、水木しげるの『鬼太郎』で育った私が惹かれているのが、博物学・民俗学の巨星 南方熊楠(みなかた くまぐす)。 (記事「暗夜の住民に会いに。「水木しげる記念館」 と「鬼太郎列車」 / 鳥取④」) 2006年5月14日にオープンした南方熊楠顕彰館は、遺された蔵書・資料を恒久的に保存し、熊楠に関する研究を推進し、その成果の活用を図るための施設。 採光が

            登った先は夢幻世界でした〜蓼科山 / 長野④

            こんにちは。 急に山に登りたい!と思ってヒットしたのが蓼科山。北八ヶ岳の北端に位置するコニーデ型と呼ばれる美しい円錐型をした火山です。 山頂まではいくつかのルートがありますが、最短時間で登れる「七合目登山口」からスタート。 鳥居をくぐって登山道へ。行ってきますー 爽やかな森の中を抜け おー鉱石っぽい。 寄り添ってる。 徐々に岩が多くなってきて 不揃いの大きさの石なのでゴロゴロして歩きにくい。が、振り返ると紅葉に彩られた女神湖。美しいに疲れが軽減。 ちらほら雪。

            東大 x 江角泰俊 x 隈研吾 。特別展示 『被覆のアナロジー —組む衣服/編む建築』@インターメディアテク

            こんにちは。 インターメディアテクで11月5日から開催される特別展示 『被覆のアナロジー —組む衣服/編む建築』の内覧会に行ってまいりました。 本展は、ファッションデザイナーの江角泰俊氏と建築家の隈研吾氏およびインターメディアテクとの企画による世界初公開展示となります。 江角氏が2020年に隈氏と対談した頃からあたため、隈氏もその想いに共感し実現した今回のプロジェクト。 江角氏手掛けるブランド「エズミ(EZUMi)」の2021年春夏コレクションは、隈研吾設計の南青山のサ