Lulu's Cabinet

2010年〜2021まで11年間、VOGUE JAPAN でブログを執筆。馬と博物学的…

Lulu's Cabinet

2010年〜2021まで11年間、VOGUE JAPAN でブログを執筆。馬と博物学的世界、ムー的世界を愛し、不思議を視たい!と旅に出て、「好き」と「感動」を掻き集める。高校時代に障害飛越にのめり込み、現在はたまーに外乗を楽しむ50代。 松屋銀座公式サイトでコラムを連載中。

マガジン

  • Lulu's Fashion

    感動させてくれたものを纏いたい! 博物館で見た鉱物も、トレイルで出会った玉虫の色も緑も、ネイティブアメリカンの織物も、刺繍も、みーんな着たい。 クチュールからアジアのマーケットで掘り出したものまで。身に付けたいもの色々。

  • 買ったものいろいろ。

    大好きドイツパンも、必死になるガチャガチャも、アジアのマーケットで見つけたカゴバックも、クチュールメゾンの服も。 うわー欲しい!と連れて帰ったものいろいろ。

  • Lulu's Travel

    旅は感動の源。どこに行くかワクワクしながら計画し、旅先で大いに感動し、帰国後その余韻を楽しみ、また次の旅へ突入する。旅で得た感動エネルギーを「循環」させながら日々生きています。 旅先で出会った美しいものたちを独自の視点で眺め、新たな楽しさを発信していきます。

  • Lulu's Souvenir

    旅先で出会ったもの、連れて帰ってきたもの。

  • Lulu's Travel 47 🇯🇵

    旅は感動の源。旅先で出会った美しいものたちを独自の視点で眺め、新たな楽しさをお届け出来たら。 17年をかけて日本全国を測量した伊能忠敬に触発され、47都道府県を訪れ、美しいものたちを掘り起こしてみたい!と密かに思っています。

最近の記事

古い手拭いを美しく纏う!「鶴輝製作所」

こんにちは。 いつか纏える形にしたいなーと集めていた手拭いや風呂敷があって。 なんだか急に思い立ち、作るならこの方にお願いしたい!と思っていた鶴輝製作所さんにお会いしてきました。 なんたってネーミングが秀逸。鶴輝(ツルピカ)製作所、TPW。 「目印はハゲ頭です」とおっしゃっていた通り、待ち合わせ場所には優しい目をしたジェントルなハゲ頭がいらした。 古い手拭や風呂敷や着物をバラし、再構築して生まれる作品。 魅せる部分の選び方、配置、そこから生まれる全体のバランスの秀逸さに

    • 『スナ・フジタ図鑑』刊行記念展

      こんにちは。 森岡書店で『スナ・フジタ図鑑』刊行記念展が開催されると聞き、銀座へ走りました。 藤田匠平と山野千里の夫婦による陶芸制作ユニット、スナ・フジタ。2005年に活動を開始し、2014年よりスナ・フジタの名前で作品を発表。 京都を拠点に活動されるおふたりから生まれる器は、懐かしい優しさと柔らかさを運んでくれます。 スナ・フジタの作品320点が掲載された作品集、それが実物の器と共に銀座の森岡書店に!これは興奮するでしょー 森岡書店は、神田古書街で8年間書店員として

      • インターメディアテク 特別展示 『海の人類史 – パイオニアたちの100万年』

        こんにちは。 インターメディアテクの2階「GREY CUBE」で開催される特別展示『海の人類史 - パイオニアたちの100万年』(2024年7月5日~10月6日)の報道内覧会に行ってまいりました。 インターメディアテクは、東京大学が蓄積してきた学術文化財としての膨大な過去の遺産を洗練された編集で魅せてくれる博物学の宝庫。 ここにはサイエンスを、最先端技術を美しくみせる Art & Science という意識が貫かれている。だから視界に入るすべてが麗しく心地良い。 本展は

        • 定休日の銀座メゾンエルメスを探検! 「フラヌール de 銀座メゾンエルメス」〜6月のランタンエルメスは「フラヌール(そぞろ歩き) 」

          こんにちは。 6月のランタンエルメスのテーマは「フラヌール(そぞろ歩き)」。 好奇心の赴くままに、定休日の銀座メゾンエルメスを散策する!という嬉しい機会をいただきました。 2024年のエルメス年間テーマは「フォーブルの魂」。フォーブル=サントノーレ24番地に位置するエルメス第1号店の魂(スピリット)を受けつぐ銀座メゾンエルメスが、今年一年マンスリーテーマを設けてイベントやインスタレーションを行なっているプロジェクト《ランタンエルメス》。 1月の「ボタニカル」から始まり、毎

        古い手拭いを美しく纏う!「鶴輝製作所」

        • 『スナ・フジタ図鑑』刊行記念展

        • インターメディアテク 特別展示 『海の人類史 – パイオニアたちの100万年』

        • 定休日の銀座メゾンエルメスを探検! 「フラヌール de 銀座メゾンエルメス」〜6月のランタンエルメスは「フラヌール(そぞろ歩き) 」

        マガジン

        • Lulu's Fashion
          23本
        • 買ったものいろいろ。
          19本
        • Lulu's Travel
          52本
        • Lulu's Souvenir
          18本
        • Lulu's Travel 47 🇯🇵
          36本

        記事

          特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト ―神奈川沖浪裏の誕生と軌跡―」

          こんにちは。 すみだ北斎美術館で、2024年6月18日(火)から8月25日(日)まで開催される特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト ー神奈川沖浪裏の誕生と軌跡ー」の内覧会に行ってまいりました。 本展は《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》がどのような背景で誕生したか、またその図柄がさまざまに利用されてきた軌跡をたどり、海外で「Great Wave(グレートウェーブ)」の通称で親しまれる影響、広がりを紹介します。 「冨嶽三十六景」は、北斎が70代で発表した各地から見える富士山

          特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト ―神奈川沖浪裏の誕生と軌跡―」

          「ミス ディオール展覧会ーある女性の物語」Miss Dior Exhibition Stories of a Miss

          こんにちは。 六本木ミュージアムで開催されている「ミス ディオール展覧会ーある女性の物語」に行って参りました。 兄(クリスチャン・ディオール)と共に草花を愛したカトリーヌ・ディオール。会場へのアプローチが色とりどりの草花で満たされていました。 新ミス ディオール パルファンの誕生を記念し、世界中を巡ってきた「ミス ディオール展覧会」。 ブランド創設と同じ1947年、クリスチャン・ディオールが妹カトリーヌの「存在」を香りで体現したのがミス ディオール パルファン。 ミス

          「ミス ディオール展覧会ーある女性の物語」Miss Dior Exhibition Stories of a Miss

          38年間ありがとう! 〜「A LETTER FROM DRIES(ドリスからの手紙)」

          こんにちは。 2024年3月18日(現地時間)、ドリス・ヴァン・ノッテンが自身の名を冠したブランドを退任することを表明しました。 その日、ソー・エルメスを観に来た私はパリにいました。 (記事「エルメス主催の国際馬術大会 Saut Hemès 2024(ソー・エルメス 2024)」) そして数日前に訪れたドリスのブティックを思い出しながら、ニュースを読みました。 コレクション初期から追い続けてきたドリス。 33年間私と一緒に過ごしてくれたドリスの服に感謝しながら振り返って

          38年間ありがとう! 〜「A LETTER FROM DRIES(ドリスからの手紙)」

          トランジットでスターフェリー / 香港

          こんにちは。 パリから帰るフライトを調べていた時、ピコーンと浮上してきたのがスターフェリー。あー久しぶりに乗りたい!ということで香港トランジット決定。 まずは飲茶しに中環(セントラル)へ。 空港から市内へのアクセスの快適さは、旅の印象を左右する。香港は荷物が少なければ、空港から九龍を経て中環まで約24分で結ぶ機場快線(エアポートエクスプレス)が便利。 空港を意味する「機場」、この語感が好き。 中国粥好きなのよね。中華街行ったら「謝甜記」は必ず。 (記事「龍に会いに春節の

          トランジットでスターフェリー / 香港

          パリ五輪へ。「Mode et sport, d’un podium à l’autre(モードとスポーツ、ひとつの表彰台からもうひとつの表彰台へ)」展 @装飾美術館 / パリ⑥

          こんにちは。 イリスの展示を見た後は、モードとスポーツの展示へ。 今年2024年、オリンピック・パラリンピックを控えたパリでは、モードとスポーツに焦点を当てた展示「Mode et sport, d’un podium à l’autre(モードとスポーツ、ひとつの表彰台からもうひとつの表彰台へ)」が装飾美術館で開催されました。 スポーツウェアがどのように特定の用途から日常のワードローブに組み込まれるようになったかを辿る展示。 現代の競技種目を紐解くと、乗馬、ハンティング、

          パリ五輪へ。「Mode et sport, d’un podium à l’autre(モードとスポーツ、ひとつの表彰台からもうひとつの表彰台へ)」展 @装飾美術館 / パリ⑥

          宇宙の理を纏う。 「イリス・ヴァン・ヘルペン〜感覚を彫る (IRIS VAN HERPEN. SCULPTING THE SENSES )」展 @装飾美術館(Musée des Arts Décoratifs) / パリ⑤

          こんにちは。 今回パリで楽しみにしていたのが、装飾美術館で開催されたイリス・ヴァン・ヘルペンの展示。 おー大好きSølve Sundsbø !が撮ったポスター。入る前から凄い高揚感と期待感でバクバク。 (記事「シャネル銀座でVOGUEの歴史に触れる〜コンデナスト社のファッション写真でみる100年」) 1984年、オランダのワーメルに生まれたイリス・ヴァン・ヘルペン。 自然と調和した緑豊かな地で育ったイリスは、幼い頃からクラシックダンスを学び、アレキサンダー・マックイーンや

          宇宙の理を纏う。 「イリス・ヴァン・ヘルペン〜感覚を彫る (IRIS VAN HERPEN. SCULPTING THE SENSES )」展 @装飾美術館(Musée des Arts Décoratifs) / パリ⑤

          パリの驚異の部屋 「狩猟自然博物館(Musée de chasse et de la nature) 」/ パリ④

          こんにちは。 今日はマレ地区にある「狩猟自然博物館(Musée de chasse et de la nature) 」に向かいます。ここはパリにある私の好きな「驚異の部屋」のひとつ。 博物館が入っているのは、1651年に建築家フランソワ・マンサールによって設計された優美なゲネゴー館。パリ市が1961年に購入し、実業家のフランソワ&ジャクリーヌ・ソメール夫妻に改修を依頼します。 1967年、芸術と狩猟の愛好家であった夫妻は狩猟自然財団を設立(現在はFondation Fr

          パリの驚異の部屋 「狩猟自然博物館(Musée de chasse et de la nature) 」/ パリ④

          Moniesの鉱物ジュエリーにダマンフレールのお茶 / パリ③

          こんにちは。 気持ち良い風に吹かれながら向かったのは、パレ・ロワイヤルの一角にあるMonies。 Monies1973年にコペンハーゲンで Gerda と Nikolai Monies によって設立されたMoniesは、最高の天然素材をダイナミックで洗練されたジュエリーへと昇華させるブランド。 Moniesに初めて触れたのはサンタフェ。あまりの美しさに衝動買いしそうになりましたが、その時は他に欲しいものがあって…諦め。 品揃えが豊富なパリでまたきちんと出会いたい!とブティ

          Moniesの鉱物ジュエリーにダマンフレールのお茶 / パリ③

          フォーブル・サントノーレからモンテーニュへ。 Dior "30 Avenue Montaigne" / パリ②

          こんにちは。 またサントノーレをテクテク歩きます。(記事「シャネルとゴッサンス / パリ①」) Christian Louboutin赤い店内に吸い込まれたら躍動感ある動物たち。 あービリー・アキレオス!!ペーパーアニマル製作者はBillie Achilleosでした。 Billie Achilleos といえば、2011年表参道のルイ・ヴィトンでの展示「MAROQUINARIS ZOOLOGICAE」が思い出されます。 Hermèsサントノーレはマドレーヌ広場に通じ

          フォーブル・サントノーレからモンテーニュへ。 Dior "30 Avenue Montaigne" / パリ②

          シャネルとゴッサンス / パリ①

          こんにちは。 今日はヴロツワフからパリへ向かいます。UFO(客室乗務員労働組合)の呼びかけによりルフトハンザがストライキを実施したので、半日ほど予定がずれたりと色々ありましたが〜まあそれも楽しんでパリへ。 CDG到着。 パリに来たらとりあえずサントノーレ。今回はパレ・ロワイヤル方面から歩きます。 シャネルまずは、シャネル。 「ココ」と呼ばれるようになったガブリエル・シャネルは1910年、カンボン通り21番地に帽子店「シャネルモード」をオープンします。そして1918年には

          シャネルとゴッサンス / パリ①

          ヴロツワフ大学博物館「レオポルディア講堂(Muzeum Uniwersytetu Wrocławskiego "Aula Leopoldina")」 / ポーランド・ヴロツワフ⑤

          こんにちは。 今回はヴロツワフ大学に向かいます。 窓の配置に目を惹かれた建物を通り過ぎ、 ヴロツワフ大学へ。 ヴロツワフ大学は、神聖ローマ皇帝レオポルド1世(1640〜1705)がイエズス会のアカデミーとして1702年に設立。ヨーロッパ最古の高等教育機関のひとつです。 建物のかなりの部分が第二次世界大戦で破壊されましたが修復され、一部が博物館として公開されています。 で、ここが博物館への扉かと思って入ってしまう。 ひえ〜たまごの中に誰かおられる…なんとクリスタルの

          ヴロツワフ大学博物館「レオポルディア講堂(Muzeum Uniwersytetu Wrocławskiego "Aula Leopoldina")」 / ポーランド・ヴロツワフ⑤

          ボレスワヴィエツ陶器 「Zakłady Ceramiczne “BOLESŁAWIEC”」 / ポーランド・ヴロツワフ④

          こんにちは。 「百年記念会館」から旧市街へ戻る途中、寄りたかったのがボレスワヴィエツ陶器のお店。が、陶器を見始める前にエネルギー補給が必要。小さなパン屋さんに立ち寄る。 ポリッシュポタリー(ポーランド陶器)で思い浮かべるのがボレスワヴィエツ。ヴロツワフから列車で1時間程の距離にあるボレスワヴィエツでは、近郊のボーブル盆地とクヴィサ盆地からとれる高品質の粘土を使用し、何世紀にも渡り陶器がつくられてきました。 もう少し西に行くとドレスデン!この辺りの土は陶器に適してるのね。

          ボレスワヴィエツ陶器 「Zakłady Ceramiczne “BOLESŁAWIEC”」 / ポーランド・ヴロツワフ④