見出し画像

#2 What is self-love? セルフラブって何?

セルフラブは全ての始まり、人生の土台です。

自分を好きになると断然人生が楽しくなるし、毎日を幸せな気持ちで過ごすことができます。

この土台さえしっかりしていれば、多少何かあっても、またすぐに本来の自分に戻ることができます。メンタルが強い人というのはセルフラブができている人です。

でも、セルフラブって、「自分を愛する」って実際のところどういうこと?何をどうすればいいの?という方も多いのでは。

セルフラブとは、自分が『自分自身の身体的、感情的、精神的な健康と幸せのために行動すること』によって生まれる、自分への感謝の気持ちや愛情ではないでしょうか。

誰かを愛するとは、その人の幸せを願い、その人を幸せにしてあげたいと思い、そのために行動することかなと思います。

それを自分自身に行うことがセルフラブ。

愛し愛されれば、そこには信頼関係がしっかりと築かれます。

何があっても自分の幸せを願ってくれる、自分を丸ごと受け入れて、時には自分を守る為に立ち上がってくれて、自分の健康や幸せを願い行動してくれる人には絶対的な信頼を寄せますよね。

ヘルシーな人間関係は信頼の上に成り立ちます。

自分を好きになるということは、自分の好きではない部分も受け入れるということなので、簡単ではありませんし、昨日のブログにも書きましたが、一夜にしてなるものではなく、小さな努力の積み重ねが必要です。

生まれてから死ぬまで、辛い時も楽しい時も、毎日24時間自分と一緒にいるわけです。しばらく距離を置くとか、別々に暮らすとか、別れるとか、恋人や夫婦、親子、友人関係のようには行きません。

自分自身と良い関係を築かずに幸せな人生を送ることはありえません。

自分自身と良い関係が築けると、自分以外の人とも上手く行くようになります。

まずは自分の健康、豊かさ、幸せを重んじること。

自分自身のニーズをまず満たす。自分の健康や幸せを周りの人の為に犠牲にはしないこと。

自分は価値ある存在だと信じ、与えるだけでなく相手からもしっかり受け取ることができること。

「セルフラブ」の形は一人ひとり違います。

大切なものや価値観、欲しいもの、何がしっくりくるのかは本人にしかわかりません。

自分を知り価値観を明確にすることは、メンタルヘルスを保つ上でとても重要なことです。それがわかって初めて本当の意味で自分のケアができるからです。

自分を知るのも簡単なことではありません。子供の頃から親や周りの人、社会の影響を受けてできあがった『こうあるべき』『こうするべき』などの思い込みや思考のクセ、必要のない罪悪感などが何重もの鎧となって「本来の自分」を覆い簡単にアクセスできないから。なので、自分とじっくり向きあう時間を作り、「本来の自分」と繋がることがとても大切なのです。

私にとってのセルフラブを思いつくまま掲げてみますね。

● 愛情とリスペクトを持って自分自身に語りかける

● 他人に自分自身のことを語るときも愛情とリスペクを込めて語る

● 自分のことをジャッジしたり批判しない

● 自分を信頼する

● 自分に正直である

● 自分に親切にする

● バウンダリー(境界線)をしっかりと持っている

● 自分に正直になれなかったり、自分に対して優しくなれない時があってもそんな自分も許す

● 自分の身体の声を聴く

● 仕事中も定期的に休憩を入れて、体を動かしたりストレッチをする

● 携帯などのデバイスを消して、自分や大切な人と向き合う時間を取ったり、クリエイティブなことをする。

● 健康的な食生活を心がけるが、我慢するばかりではなく時々大好きな物や食べたいものを食べる。

セルフラブとは

「今この瞬間の自分自身」をありのまま、全て受け入れること。

自分の感情をありのまま受け入れて、自分の身体や感情やメンタルの健康を最優先すること。


皆さんのセルフラブは?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
心と身体の健康をプロモートするサロンです。http://www.mindsalonworld.com