マガジンのカバー画像

蓮の花 デザイン&アート

151
YouTube動画と連動したブログです。 萩原哲夫(tetsuo hagiwara) 21世紀社会への移行を後押しするデザイナー、イラストレーター。 東京都国立市出身。13年間は… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

5種の神器。これで描いてます。最近使用してる画材★260

5種の神器。これで描いてます。最近使用してる画材★260

https://youtu.be/I03nRXbBnrk

最近自分が使用してる画材の紹介です。 
アクリル絵の具 
ペーパーバレット 
絵筆 
油性色鉛筆 
ソフトパステル 
フィキサティーフ etc....

メーカーについては動画内で説明しています。

残雪の高尾山登山と薬王院参拝-3★257

残雪の高尾山登山と薬王院参拝-3★257

残雪の高尾山にに登ってきました。
薬王院参拝、頂上までの登山を三回に分けてアップしていきます。
三回目は薬王院奥の院から高尾山頂までのお詣り&登山、山頂からの風景、僕のいつものお詣りルートである福徳弁財天洞と仏舎利塔の風景を紹介しています。

<関連動画>
残雪の高尾山登山と薬王院参拝-1
https://youtu.be/tIr78JheSw4

残雪の高尾山登山と薬王院参拝-2
https:/

もっとみる
René Gruau(ルネ・グリュオ)のファッションイラスト集新刊が届いて開封お初見動画。イタリア出身パリで活躍★254

René Gruau(ルネ・グリュオ)のファッションイラスト集新刊が届いて開封お初見動画。イタリア出身パリで活躍★254

昨年(2021年)暮れに英国PRESTELから発刊された、イタリア出身で20世紀のパリで活躍したイラストレーター:Rene Gruau(ルネ・グリュオ)のイラスト集を通販で購入。先日手元に届き、ムービーカメラの前で開封し中身を初見しました。その様子を収めた動画です。

画集の内容もカメラの前で紹介しながら印象を語っています。

<動画中に紹介した書籍>
Rene Gruau: Master of

もっとみる
蓮の花作品制作過程動画(2) |The process of creating a painting of a lotus flower pt.2 ★252

蓮の花作品制作過程動画(2) |The process of creating a painting of a lotus flower pt.2 ★252

蓮の花作品制作過程のその2動画です。2倍速で再生されます。

[ 蓮の花作品制作過程動画(1) | The process of creating a painting of a lotus flower pt.1 ★251 ]はこちら↓
https://youtu.be/G1MoK0PfUHI

[ 蓮の花作品制作過程動画(3) | The process of creating a paint

もっとみる
蓮の花作品制作過程動画(1) |The process of creating a painting of a lotus flower pt.1 ★251

蓮の花作品制作過程動画(1) |The process of creating a painting of a lotus flower pt.1 ★251

<画家プロフィール>
東京在住。1980年代より東京を中心に国内外で個展、グループ展、イベント(ライブペインティング等)、店舗内装等多数。1998年より国内外でポエトリー・リーディング活動も行う。2000年代に入って蓮の絵を中心に制作。 明治政府による神仏分離まで約千年間続いた、日本独自の信仰である神仏習合のシンボルとしての蓮の花を描くことで、アジアと日本の繋がり、自然と人間の繋がりを思い起こす

もっとみる
2021年を振り返る|パンデミック●絵画作品づくり●YouTube●老いについて●ポエトリーリーディング etc...★248

2021年を振り返る|パンデミック●絵画作品づくり●YouTube●老いについて●ポエトリーリーディング etc...★248

今年2021年(令和3年)に自分と社会について振り返ってみました。3年後、5年後、10年後に向けた備忘録って感じです。

<主な内容>
1)パンデミックについて 00:36 ~
2)絵画作品づくりやコンペ出しについて 03:18 ~
3)YouTube配信の方向性について 05:09 ~
4)老いについてリアルに考えてしまった件 06:56 ~
・一旦まとめ 11:21 ~
5)ポエトリーリーディ

もっとみる
国宝鳥獣戯画展のカタログを褒める。閉幕直前に観てきました★240

国宝鳥獣戯画展のカタログを褒める。閉幕直前に観てきました★240

6月20日まで東京国立博物館で延長開催されていた「国宝鳥獣戯画のすべて」、閉幕直前に観てきたのですが、カタログの出来がよかったので、それについて語りました。
たまに行く府中市立美術館のカタログのサイズや画像の小ささにちょっと不満があったので、ぜひ参考にしていただきたいなあと個人的に思ってます。

特別展 国宝鳥獣戯画のすべて サイト
https://chojugiga2020.exhibit.jp

もっとみる
延長開催中!静嘉堂文庫美術館「旅立ちの美術」展6月13日(日)迄。観てきたよ。★239

延長開催中!静嘉堂文庫美術館「旅立ちの美術」展6月13日(日)迄。観てきたよ。★239

静嘉堂文庫美術館「旅立ちの美術」展行ってきました。簡単な感想語りました。6月13日(日)まで延長開館してます。
館所蔵の国宝や重文など日本や中国、朝鮮の美術品が展示されています。お見逃しなく。

静嘉堂文庫美術館「旅立ちの美術」展
http://seikado.or.jp/exhibition/index.html
https://artagenda.jp/exhibition/detail/53

もっとみる
浮世絵輸入画集3題(歌川広重・葛飾北斎)、海外で出版された良質浮世絵画集を紹介★237

浮世絵輸入画集3題(歌川広重・葛飾北斎)、海外で出版された良質浮世絵画集を紹介★237

今回は浮世絵ネタです。
広重2冊、北斎1冊の計3冊の海外で発刊された画集をご紹介します。
東京国立博物館2階の浮世絵コーナーでも北斎や広重、鈴木春信を中心とした浮世絵作品が多数展示されていて好きな絵が沢山あります。
海外の浮世絵画集は日本の浮世絵画集(リーズナブルなもの)に比べ、トリミングやサイズが自分にはしっくりきます。

12:20あたり、足利は群馬ではなく栃木県ですね。すいません訂正します。

もっとみる
京都・福岡に住みたい東京人です。自然や文化財に恵まれたコンパクトシティで暮らしてみたい★236

京都・福岡に住みたい東京人です。自然や文化財に恵まれたコンパクトシティで暮らしてみたい★236

自然や文化財に恵まれたコンパクトシティで暮らしてみたい。まず京都や奈良周辺、昨年の展覧会を機に福岡も加わりました。動画中でも語ってますが東京は都市としてデカ過ぎです(詳細は以下動画で語ってます)。

4年前にシングルファーザー生活を終えてからずっと考えていたのですが、なかなか実現させてません。要は生活をどうしていくかについて考えが定まってないせいのなのですが。
ご覧になっている方でその辺何か良いア

もっとみる
リベラル言論の劣化が露わになった2020年、コロナ禍や米大統領選。日本や世界の未来は明るいのか?「アフターリベラル」読後感想。★232

リベラル言論の劣化が露わになった2020年、コロナ禍や米大統領選。日本や世界の未来は明るいのか?「アフターリベラル」読後感想。★232

久しぶりの読書感想動画です。

昨年、コロナ禍や米大統領選への反応で良くも悪くも白日の元に晒されたリベラル系の人たちの言論の劣化を嘆き、考えること多かったので、思考を整理する意味もあり昨秋発刊の本書を読んでみました。

成る程と思う内容少なからずありました。特にリベラルの五つのレイヤーという分類が勉強になりました。
そんなこんなを語りました。

「アフター・リベラル 怒りと憎悪の政治 」(講談社現

もっとみる
緊急事態宣言やウイルスへの恐怖心のこと…etc、東京の片隅での極私的パンデミック初体験記。コロナ禍のこの一年を振り返ってみた★231

緊急事態宣言やウイルスへの恐怖心のこと…etc、東京の片隅での極私的パンデミック初体験記。コロナ禍のこの一年を振り返ってみた★231

日本でコロナ禍が始まりちょうど一年が経ちました。その間に感じたことなど何年か後に思い起こせるように記録に残しました。
この一年のコロナ禍にかかわる実際の体験や感想を中心に語ってます。画集を通販サイトで購入、落語動画を見ることなどで気分転換してました。

動画中出てきた京大大学院上久保教授のお話動画
https://youtu.be/CxPyM47fBNk
#マスコミ騒ぎすぎ #科学的に正しく理解

もっとみる
オッサンの恋愛詩をサックス生演奏バックに読んでみた by KUMAX(sax) & HAGGY(spoken word)★230

オッサンの恋愛詩をサックス生演奏バックに読んでみた by KUMAX(sax) & HAGGY(spoken word)★230

久しぶりのポエトリー関連文章&動画です。

緊急事態宣言発令前に行われたカラオケボックスでテナーサックスとポエトリーリーディング(スポークンワード)の即興セッションの一部です。"Olivia(オリビア)" という詩というのか曲というのかです。
KUMAX(sax)& HAGGY Irufan(mc)セッション◆2020年11月16日(月)溝の口

※サックス&シンセのKUMAXさんと私めのデュオな

もっとみる
「桃山 天下人の100年」展見応えあって良かった。カタログ片手に極私的解説★224

「桃山 天下人の100年」展見応えあって良かった。カタログ片手に極私的解説★224

2020年10月6日~11月29日まで東京国立博物館平成館で開催中の「桃山 天下人の100年」展に行ってきたので、カタログで画像をご紹介しつつ感想を語りました。11月3日に一部展示替えがあるので、それまでの展示を基にお話ししております。

※このブログの為の録画の後もう一回観に行ったが展示が少し変わっていて、岩佐又兵衛の描いた洛中洛外図屏風(国宝)がすごく良かった。人物が生き生き描写されてて画面に

もっとみる