見出し画像

コミュニティは誰を救うのか 森川すいめいさん、北川雄史さん、小澤いぶきさん講義レポート動画 #litalico_openlab

社会的マイノリティに関する「知」の共有と深化を目的とした、未来構想プログラム「LITALICO研究所 OPEN LAB」。

さまざまな分野で活躍する当事者・専門家・起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティ領域の歴史や課題、解決策、そして未来のビジョンを探求しています。

2019年7月〜2020年3月まで、初年度全9回の講義を実施しました。

本日は、第7回講義のダイジェスト動画一般公開のご案内です。

第7回 コミュニティは誰を救うのか – 関係の網の目から希望を紡ぐ

誰もが安心して「ここにいていい」と思える居場所をつくること。敵と味方、強者と弱者といった分断を超えて、異なる「私たち」が共に在るための地平を開くこと。

OPEN LAB第7回の講義では、日常から小さな希望の芽を育んでいく方法について、多様な人たちがかかわりあうコミュニティを営んできたゲストの方々と共に考えました。


①精神科医 森川すいめいさん

②社会福祉法人いぶき福祉会専務理事 北川雄史さん

③NPO法人PIECES代表理事 小澤いぶきさん

④パネルトーク


LITALICO研究所OPEN LABについて

「LITALICO研究所 OPEN LAB」は、社会的マイノリティに関する「知」の共有と深化を目的とした、未来構想プログラムです。

さまざまな分野で活躍する当事者・専門家・起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティ領域の歴史や課題、解決策、そして未来のビジョンを探求します。2019年7月〜2020年3月まで、毎月一回、全9回のシリーズ講義を実施しました。

現在、2020年度の講義の開講準備中です。昨年度の活動レポートは以下をご覧ください。

LITALICO研究所OPEN LAB特設サイト

昨年度の講義のダイジェスト動画(無料公開)


OPEN LABの講義レポートや運営報告をまとめたnoteマガジン


OPEN LABでの取り組みを踏まえて、「学ぶこと」にまつわるさまざまな障害と、それらを解消するための方法を調査・分析・共有する、「アクセシビリティ」に関する研究プロジェクトもスタートしました。

ご関心のある方は以下のnoteもぜひご覧いただき、研究にご参加ください。


この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぜひシェアもお願いします。
10
LITALICO研究所は「障害のない社会をつくる」というビジョンの実現に向けさまざまな研究活動を展開する、社会課題に対する「知」のプラットフォームです。株式会社LITALICOの研究組織として運営します。Website:http://litalico.co.jp/lab/

こちらでもピックアップされています

LITALICO研究所OPEN LAB
LITALICO研究所OPEN LAB
  • 48本

さまざまな分野で活躍する当事者・専門家・起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティ領域の課題や解決策、未来のビジョンを受講者の皆さんと共に考える学びの場です。 障害や病気のある当事者の方、経済的な困難さや遠方におられる方も参加できる、「オープン」な知のプラットフォームとなるよう、講義における合理的配慮や情報保障を徹底します。 このマガジンでは、OPEN LABの講義情報や取り組みについてご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。