見出し画像

システムから外れる恐怖をどう克服するか

親しい友人から「人生を考え直したいけど、もう遅いかなー」と言われました。

彼女は、新卒で入社した会社に20年以上勤めています。ただ、最近「これでいいのかな」と考えてしまうそうです。でも怖くて動けないと。

この恐怖の正体っていろいろ因数分解できると思うのです。お金がなくなる恐怖、他人からどう見られるかという恐怖、安定した生活がなくなる恐怖……。

中で一番得体が知れないのが「システムから外れる恐怖」ではないかなー。

特に、中学、高校、大学、就職と周りと一緒に流れにのってきた人、ある意味運が良かった人です。ただ、突然それが断絶されて、一人放り出される心細さってあると思うのです。

これから、多くの方がこの「不安」と対峙しなくてはならない今、システムから外れるってどういうことなのか。

今日は、私のちょっとした経験を共有します。
外れるのが怖いかたのヒントになれば幸いです。

恐怖から救ってくれる書籍

私の場合、書籍にも書いた通り、最初の就職先選びを失敗しました。

明らかに合ってない職場。毎日仕事が苦痛です。
けれど、システムから外れるのが怖くて、なかなかやめられなかったのです。

ずっとベルトコンベアに載ってる的な生き方してると、外れたときに歩く足の筋力が、ほぼないんですね。20代ですらそう思ってしまう。

この時期に私を大いに救ってくれたのは、書籍でした。

まず、千葉敦子さんの「ニューヨークの24時間」が私の人生を大きく変えました。彼女は癌患者でありながら、フリーランスでニューヨークに自分の意思で移住しました。そんな彼女の強さを見習わなければ! と思ったわけです。

作家の桐島洋子さんもぶっ飛んだ生き方をしていました。編集者でありながら、会社に隠れて子供を産み、しかも一人は船上で誕生しています。

ベトナム戦争に従軍記者として行ったり、「サバティカル」と称して休暇を取り、子供達を米国に連れて行って、1年間、母子移住したりしていました。母子移住という生き方を最初に学んだのは、彼女からでした。

みんな素晴らしい才能の持ち主に見えて、当時はただの事務職OLだった私は「ここまでやるのは無理かなぁ」と感じながらも、何度も読んでいるうちに、だんだんと「自分にもできるかな?」となっていく。

会社をやめるなんてことは、実は「海外にいくことに比べたら大したことないじゃないか」と意識が変わっていくんですね。そして、「人生は一度しかない」と、会社をやめてみたわけです。

「会社をやめる」が最初の関門でしたが、実際にやってみると、心配したほどのことはありませんでした。

若くて日本にいる限りは、失業保険があったり、就職情報誌があったり、国民年金があったりして、そこそこ、道はあるものなんです。

「日本」というシステムから出るとどうなるか

十年以上後、ついに「日本」というシステムから出たときは、さらに心細いことになりました。

この続きをみるには

この続き:2,637文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
6月は毎日更新。合計30本の記事が読めます。1記事はだいたい2000-3000文字が多いです。

2019年6月のバックナンバーです。まとめて単体で読みたい、バラで買うよりもこちらがお得です。

または、記事単体で購入する

システムから外れる恐怖をどう克服するか

野本響子@マレーシア編集者&ライター

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで数百件を超えるサポート、ありがとうございました、今は500円のマガジンの定期購読者が350人を超えましたので、お気持ちだけで嬉しいです。文章を読んで元気になっていただければ。

ありがとうございます! 嬉しいです! 良い一日を。
74
編集者&ライター。雑誌編集20年。マレーシアマガジン編集長。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習ったグローバル時代の新しい生き方・教育・考え方を発信。3冊目の書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。