見出し画像

マレーシアで小学校生活を送ったティーンはどうなるのか

マレーシアで小学校生活を送った子供たちを追跡して見ていると、日本の子供たちと違った傾向が2つあります。

1つは、自分の意見をはっきり言う子が多いこと、もう一つは、好奇心が幼児並みに強い子が多いことです。

今日はここを少し解説します。これから移住を考えている方、子供の学校を悩んでいる保護者の方の参考になれば幸いです。

自分の「やりたいこと」がある子たち

そうなんです。

中学生くらいになると、自分で「これをやりたい」と言い出して、学校を変わったり、学ぶ言語を選んだりする子が出てきます。

「マレー語で学びたいから公立にいきたい」と言う子、「せっかくマレーシアにいるのだから複数語学の取得にチャレンジしたい」と言う子、ゲームで世界一になった子、デザイナーの道を選ん子、それぞれもうバラバラの個性が出てきています。

この続きをみるには

この続き: 3,024文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

継続マガジンの3月号バックナンバーです。まとめて読みたい方はどうぞ。

教育系記事をまとめました。 ・海外のインターナショナル・スクール選びで迷っている ・インターに行った後の進学方法を知りたい ・子供が日本に…

または、記事単体で購入する

マレーシアで小学校生活を送ったティーンはどうなるのか

野本響子@文筆家&編集者・在マレーシア

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

これまで数百件を超えるサポート、ありがとうございました、今は500円のマガジンの定期購読者が550人を超えましたので、お気持ちだけで嬉しいです。文章を読んで元気になっていただければ。

ありがとうございます! 嬉しいです! 良い一日を。
62
文筆家&編集者@マレーシア。読者550人の定期購読マガジンでほぼ毎日コラム執筆中。雑誌編集20年。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習った楽になる生き方・教育を発信。書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。

こちらでもピックアップされています

東南アジアここだけのお話
東南アジアここだけのお話
  • ¥500 / 月
  • 初月無料

日本で生きづらい人、東南アジアの「ゆるい考え方」を覗いてみませんか? 東南アジア在住8年の筆者がワンコイン(500円)で「ちょっと先の未来」をご紹介。思考のヒントに、新しい世界のおともにどうぞ。2020年以降は、新しい世界について書いています。 2019年5月以降ほぼ毎日更新中。緊急事態宣言の今は、読者限定のFacebookグループで読者同士での情報交換できます。 購読すると、過去のバックナンバー(300記事以上)全て読めるので、バックナンバーよりお得です。 なぜ日本は生きづらい? 海外生活の本音や教育事情。グローバル・多様性溢れる国から、新しい時代の価値観をお伝えします。近況を綴った限定コラムも配信。

コメント (2)
勉強になりました(^^)/
たろう先生、ありとうございます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。