新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「推し」への思いを考察する。

くらしアトリエ(地域と暮らしの発信)

今日の「時々、コラム。」は、過去に2回書いた「沼を楽しむ」がテーマのコラムの、さらに続編です。

2020年11月に書いたこちらのコラム。

いわゆるステイホームの間に動物園のインスタライブを観て、「カバ→シンリンオオカミ」にハマった、というお話です。

その続編として昨年に書いたのがこちら。

シンリンオオカミからさまざまな動物を経て、「ホッキョクグマ沼」にすっぽりとハマった経緯について綴っています。

その後もホッキョクグマ沼にひたひたと浸かり続け、昨年にオンラインサークルのメンバーで作ったZINEも「ホッキョクグマ」をテーマにするなど、推しを愛でる生活を送っていたのですが、今年の夏、とある用事で神戸に行かなくてはならなくなり、「どうせ関西に行くなら、やっぱり会いたい…!」と、動物園行きを決行しました。

画像5
昨年作ったZINE。


念願の「推しに会える」機会がやってきたのです。

神戸の王子動物園と大阪の天王寺動物園、どちらもホッキョクグマがいるのですが、ここはやはり、コロナ禍で私の心を癒やしまくってくれた、2020年生まれの「ホウちゃん」がいる天王寺動物園に行って、直接お礼が言いたい!と、大阪行きを決意。
ひとりで行くのは心細いので(学生時代に梅田で迷子になったことがトラウマになっている)、関西に暮らすムスメに声をかけて、同行してもらいました。
出かけたのは8月のはじめ。まさに猛暑まっさかりです。

この日のために、モバイルバッテリー・ハンディ扇風機・虫よけ(意外に虫が多いと書いてあった)・塩分補給タブレット・スポーツドリンク・首を冷やすタオル …などを買い込み、万全の体制で動物園へ乗り込みました。

開園前からゲートの前で待機し、オープンと同時にずんずんとホッキョクグマ舎へ。地図を片手に「えーとこっちかな…」と道を探すムスメに「こっちな気がする!この壁、動画で見たから!」と、自らの記憶を頼りにに足をすすめて、まっすぐホッキョクグマ舎に到着。

画像1
ホウちゃん。湯たんぽを持ってます。

すると、屋外プールに、いました…。いました、念願の推しが…!
ホウちゃんと、お母さんのイッちゃんが、まったりとプールに浸かっていました。

画像2
コーンと湯たんぽ、2つで遊ぶホウちゃん。


推しに初めて会えた感想は「…近い!」。檻もガラスもなく、私がフェンスを越えてプールに飛び込めば、すぐそこにホウちゃん・イッちゃんがいるくらいの距離感です(そんなことをしたら命がありませんが…)。

暑い中、エアコンの効いた寝室から出てきてくれて、プールのくぼみに隠してあるおもちゃを次々にギャラリーに見せてくれる、ファンサの塊・ホウちゃん。「存在してくれてありがとう…!」と、心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この日は最高気温が35℃で、影のないところを歩くと本当に、汗がしたたり落ちてくるくらいの暑さ。ムスメは、汗だく・びしょびしょになってクマを愛でる母親(50歳)を目の当たりにして、多分、かなり引いていたと思います。

元来、私は極度の暑がりで、30℃を超えるともう使い物になりません。
そんな私が自ら真夏の動物園に足を運ぶなんて、自分でもすごいなあ…と思うほどです。でも、不思議と疲れはなく、逆に「ホウちゃん・イッちゃんに会えた…生ホッキョクグマがすぐそこに存在していた…」という喜びに満たされ、その日は一日、ふわふわと宙に浮いた感覚でした。

「推し」がもたらす効果というのは、こういうことなのかな、と思います。身体的な疲労をも超越した、心の満足感をもたらしてくれる存在。
「いてくれてありがとう」という、完璧な全肯定。そこに、邪念や狡猾さが入る隙間はありません。

画像3

少し前にテレビで小泉今日子さんが「推しは恋愛と同じ幸福感を与えてくれる」というようなことをおっしゃっていたのですが、心の満足感や肯定感、という意味では、そのとおりかもしれません。

でも、私の場合、推しへの思いは恋愛とはまったく違います。
どちらかと言うと「神仏」への思いに通じるというか…崇め、敬い、見返りは求めず、ただただ見守り、応援する存在。
見返りは求めないからこそ、与えてくれるものに素直に感謝できる。あるがままの姿を享受して、「ありがとう」と思える。自己分析するとそんな感覚なのです。

コロナ禍で家にこもりがちになり、動物にハマった、という人は多いそうです。これは、閉園中もインスタライブやYoutubeなどで動物たちの姿を発信し続けてくれた、動物園・水族館のスタッフの方々の努力の賜物だと思うのですが、人との直接的な交流が妨げられたことで、何か「愛でるもの」「かわいがるもの」が欲しくなる、というのは、行動としてすごく分かりやすいことなのかもしれません。

画像4

同じように、いろいろなものが「推し」の対象です。
私は某歌劇団が大好きで、それも「推し」の対象だし(歌劇団では「推し」ではなく「ご贔屓」という言い方をして、その世界はまたディープなのですが、私はいろんな人を広く応援しています)、ほかにもアニメキャラとか芸能人とか、多種多様なものを「推す」人がいます。そのどれもが肯定されるべきなのですが、「推し」に対する気持ちを体感していない人は、もしかしてこの一方的な偏愛が理解できないかもしれないなあ、と思うのです。
私自身、こんなにも動物園・水族館の動物たちにハマると思わなかったし、沼に落ちる前はもしかして、パンダ好きな人やペンギン好きな人たちのことを「…変わってる…」「何もそこまで…」という目で見ていたかもしれません。
行き過ぎた偏愛は分断を生むので肯定できないけれど、健やかに愛情をそそぐこと、思いを募らせることは、広く認められるべきだなあ、と、いまは思えます。
私に「多様性」や「寛容さ」に気づかせてくれたのも、動物たちなのでした。

今年は4月28日に、鹿児島の平川動物公園でシンリンオオカミの5つ子が生まれ(5頭ともすくすくと育っていてとても嬉しい)、また先日、9月12日には北海道の旭山動物園でライオンのイオが出産し、オスのオリトがお父さんになった!と、日本中が沸きましたね(スタッフに聞いたら「そんなに沸いてないよ…」とのことでしたが…私の周辺は確かに沸いた)。

推しの動物たちをただただ見守っていたたくさんの人たちが、命が次の世代へつながったことを純粋に喜び、飼育員さんたちに感謝の気持ちを述べておられて、とてもあたたかい光景でした(Twitter上が)。

こうした、純粋な気持ちが積み重なることが、結果的に動物たちの健康的な生活につながり、推しが幸福になる…と思っています。

画像6

推しを持たないスタッフは、「そういう存在がいてうらやましい」と私に言います。確かに、コロナ禍で得た最高のギフトかも…!

でも、対象が何であれ、「夢中になる存在」があるというのは生きる活力につながります。「推し」とはちょっと違うかもしれませんが、スタッフは旅行好きが高じて世界遺産検定を受けていましたし、ガーデニングが好きすぎて「庭のことしか考えてない」というスタッフもいます。

私自身、推しを愛でるうちに、クマ特有の「着床遅延」という繁殖の仕組みとか、国内飼育のシンリンオオカミの血統や、それに伴う将来への危機感など、いろいろなことを調べ、今までになかった知識を得ることができました。それらは、特に学ぼうと思わずとも、自然と推しの背景を深掘りしていくうちに得られたものです。

同じように、「好き」を突き詰めていくと、世界が広がり、暮らしが楽しくなる。今までとは違う視点で物事を考えられるようになる。それってすごく魅力的ですよね。

閉塞感があるいまの社会で、推し活が盛り上がるのは、そういった派生的な理由もあるのかな、と思いました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
くらしアトリエ(地域と暮らしの発信)

サポートありがとうございます。とてもとても励みになります。 島根を中心としたNPO活動に活用させていただきます。島根での暮らしが、楽しく豊かなものになりますように。

くらしアトリエ(地域と暮らしの発信)
いかに島根で楽しく歳を重ね暮らしていくか。ワクワクしつつ、楽しみながら島根の未来に向かうことを考えるNPO法人。 シマシマしまねを運営 http://www.shima-shima.net 島根県出雲市斐川町に移転しました。 ソーシャルグッド×地域×暮らしの発信。