藤原 蔵太 / Kurata Fujiwara

福岡北九州フェニックス #36 /元 王子総合高校外部コーチ / NSCA-CPT / 横浜市出身 / ヒットを10本打つまでに12年かかった野球選手です 詳細はこちら→https://lit.link/kuranosuke36

メンバーシップに参加

簡単に言えばファンクラブのようなものです。 7年間で7チームを渡り歩き、そのうちの3年は高知、滋賀、福井と渡り歩き、今シーズンは九州アジアリーグに所属する「北九州下関フェニックス」でプレーすることになりました。 これで8年間で8チーム目になりました。 一度は諦めて引退すると言いましたが、皆様のご協力やご声援、ご支援があり、諦めずにもう一度挑戦することに決めました。その結果2023年シーズンを選手として契約していただけました。本当にいつもありがとうございます。 Twitterや無料のnoteでは語れないあれこれなどプライベートなことも多少は織り交ぜて、くらのすけ後援会員の皆さんの声を聞きながら、限定で公開します。 現時点では野球ノート感覚で投稿しようかとも考えています。今シーズンも応援よろしくお願いいたします。 毎月2〜4記事を投稿します。

くらのすけ応援プラン[プレミアム]

¥300 / 月

藤原 蔵太 / Kurata Fujiwara

福岡北九州フェニックス #36 /元 王子総合高校外部コーチ / NSCA-CPT / 横浜市出身 / ヒットを10本打つまでに12年かかった野球選手です 詳細はこちら→https://lit.link/kuranosuke36

メンバーシップに加入する

簡単に言えばファンクラブのようなものです。 7年間で7チームを渡り歩き、そのうちの3年は高知、滋賀、福井と渡り歩き、今シーズンは九州アジアリーグに所属する「北九州下関フェニックス」でプレーすることになりました。 これで8年間で8チーム目になりました。 一度は諦めて引退すると言いましたが、皆様のご協力やご声援、ご支援があり、諦めずにもう一度挑戦することに決めました。その結果2023年シーズンを選手として契約していただけました。本当にいつもありがとうございます。 Twitterや無料のnoteでは語れないあれこれなどプライベートなことも多少は織り交ぜて、くらのすけ後援会員の皆さんの声を聞きながら、限定で公開します。 現時点では野球ノート感覚で投稿しようかとも考えています。今シーズンも応援よろしくお願いいたします。 毎月2〜4記事を投稿します。

  • くらのすけ応援プラン[プレミアム]

    ¥300 / 月

最近の記事

  • 固定された記事

荷物を運ぶ野球選手

「こんにちは!ヤマト運輸です!」 トーンをワントーン上げて接客することは社会人の時に教わった。 社会人を一度経験した自分にとって、働きながら野球をやることに対して特に大きな不満は無い。 ジェイファムで働いていた頃はもっと休みが無かった(というより自分で消していた)し、キツかった。 元々は高知を辞めたときに次のキャリアの相談をしていた「コビーズの小林 亮寛さん」と「香川オリーブガイナーズ野手コーチの生山 裕人さん」と自分の3人でビデオ通話をして、 「一度働きながら仕事

    • ベースがなきゃ始まらんぜよ

      何事にもベースが必要だということ。 建築には詳しくないけど、地盤がしっかりしてないとおそらくその上に立つものは限られるしどでかい建物は建てられないはず。 これは一つの例え話だけど、野球や勉強においてもそれは同じなはず。 まずはベースがしっかりしてないとお話にならない。 私は野球をやっているため、少しでも良い成績を残すためにトレーニングをしている。トレーニングにも様々な種類がある。その中には確かに必要だけど現段階での優先順位は低いものも多くあると感じる。 必要だから全

      有料
      500
      • 僕は1番下手だったから努力を続けた/高校2年生編

        新チームになったあと、秋の大会が終わってからグラウンドの全面人工芝化工事が始まり、グラウンドでの練習は少なくなった。 それまでは近くの俣野球場に走っていき、ナイターを使って練習したりした。 ナイターは初めてで、ボールを見失い、来た方向と逆方向に走り出して怒られ、練習を外されたこともあった。 練習試合は基本的に遠征となり、他の高校と合同練習をすることもあった。 そしてあっという間にオフシーズンを迎えた。 グラウンドでの練習はほぼできなかったので、10kmのロードワークや

        • 僕は1番下手だったから努力を続けた / 高校1年生編

          スパイダーマン🕷 「シューッ(糸の出る音)」 ふざけました。すみません。ツーアウト🤘 瀬谷シニアに在籍した3年間で試合に出たのは5〜6試合程度で通算15打席で3安打ほどで、公式戦出場はもちろんゼロ。チームで1番下手だった自分は神奈川県の私立「藤嶺学園藤沢高校」に推薦で合格した。と言ってももちろん勉強の方の推薦で。 藤嶺藤沢は今でこそ全面人工芝のグラウンドだが、自分が入学した当時は全面土のグラウンドだった。 瀬谷シニアの先輩方は、「高校よりシニアの時の方がきつかった」と

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 背番号の話。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 九州アジアリーグトライアウト@熊本

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 黒いばけもの について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 掲示板の使い方わからん。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 背番号の話。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 九州アジアリーグトライアウト@熊本

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 黒いばけもの について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 掲示板の使い方わからん。

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          ベースがなきゃ始まらんぜよ

          「くらのすけ応援プラン[プレミアム]」に参加すると読めます

          何事にもベースが必要だということ。 建築には詳しくないけど、地盤がしっかりしてないとおそらくその上に立つものは限られるしどでかい建物は建てられないはず。 これは一つの例え話だけど、野球や勉強においてもそれは同じなはず。 まずはベースがしっかりしてないとお話にならない。 私は野球をやっているため、少しでも良い成績を残すためにトレーニングをしている。トレーニングにも様々な種類がある。その中には確かに必要だけど現段階での優先順位は低いものも多くあると感じる。 必要だから全

          有料
          500

          コミュニケーションをさぼったらあかんぜよ

          「くらのすけ応援プラン[プレミアム]」に参加すると読めます

          仕事納めました とても疲れました。もう今日は誰にも会いたくないです。一人になりたいです。言葉を発することも、人の話を聞くことも、エネルギーを使うことはもうしたくありません。 と言いつつnoteを書いてる矛盾。まぁさっさと終わらせます。 いつも何気なくやっている「話す」「聞く」など、とてもエネルギーを使うものなんだなぁと実感しています。もう今の自分にそんな元気はありません。話すこと聞くこと、これらはとても大切なものです。人にエネルギーを与えたり、逆に人のエネルギーを奪い取

          有料
          300

          手間ひまをかけた分だけそれはいいものなのか

          「くらのすけ応援プラン[プレミアム]」に参加すると読めます

          「野球だけは子供にやらせたくない…」 という記事を見ました。それに対して記事に対して反対意見など様々な意見を目にしたが、自分は「まぁ、そりゃそうだろうな」という感じでした。それは寂しくないとかそういう話ではなくて、時代は変わっていくのに何十年も同じことやってたらそりゃそうなる。当たり前。現状維持は衰退だから。

          最近の話をしよう

          「くらのすけ応援プラン[プレミアム]」に参加すると読めます

          有料
          300

          応援したくなる人間になるため

          「くらのすけ応援プラン[プレミアム]」に参加すると読めます

          余韻が冷めやらぬ朝です。おはようございます。 このnoteを書いたのは「あの会」が開かれた翌朝です。 今読まれている皆さんはこんにちは。あるいはこんばんは。エージェント黄昏。 早速おふざけ入りましたごめんなさい。 2008年に発足した「福井ミラクルエレファンツ(2008〜2019)」から始まった福井球団の歴史。 2019年シーズン終了後に福井球団消滅のニュースがありました。 その時に運営会社を変えてもう一度復活を果たしたのが、自分が2021年のシーズンに在籍した「福

          有料
          1,000

          高校野球にできることはたくさんある

          「くらのすけ応援プラン[プレミアム]」に参加すると読めます

          現在、私はとある公立高校で外部指導員として硬式野球部のコーチをやっています。 この仕事はとてもやりがいのある仕事で自分自身の成長だけでなく、選手たちの成長をも感じることができる自分にとって素晴らしい仕事です。

          有料
          500

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          僕はそれでも野球を続けた / 中学野球編②

          長い怪我人生活を終えて、 足が完全に治ってからは人よりも走った。長距離走やランメニューもこれまでの分を取り戻したくて必死に走った。するとチームでも早い方になっていた。 バッティングは小学生の時のように簡単にボールは飛んでくれなかった。それでも自分はパワーヒッターなのだと信じて打撃スタイルは変えなかった。バッティング練習は毎回楽しかった。 硬式野球で初めて試合に出たのは2年生の夏休みの終わりの時で9番レフトだった。 その時、指揮をとっていたのは佐藤コーチという方で、今は

          僕はそれでも野球を続けた / 中学野球編①

          母親が教えてくれた「プロ野球選手になる方法」 それは いい高校に入ること だった。 おお!そうか!!確かにいい高校に入って甲子園にでも出たらプロになれそうだ!! そう思った自分は母親と話して、いい高校に入るためにまず野球のレベルの高いチームに行った方がいいこと、硬式野球を早くからやっていた方がいいこと、などを踏まえて中学校の軟式野球部ではなく、地域の硬式野球クラブチームに入ることにした。 いくつか候補がある中で、1番厳しくて1番強い強豪である「瀬谷リトルシニア」に

          僕は大嫌いな野球を続けた / 少年野球編

          小学3年生がもう直ぐ終わろうとした頃に、小学校に入って一番最初に友達になった子から少年野球チームの体験に誘われた。 当時のことはあまり覚えていないが、彼はほぼ野球をやることを決めていたっぽい。しかし自分は彼が一人だと心細いと思ったから、よく分からない野球というスポーツを体験することになる。 母親の話によるとその前にも一度体験に行ったそうだが、全く覚えていない。 それまで自分はゴルフを習っていて、母親の勤務先である打ちっぱなしのところでプロの方にレッスンを受けていた。

          2022年はnoteを頑張った

          2022年はnoteをこれまで以上に頑張った年になりました。結局続けられなかったけどnoteを毎日書いてみたり、有料メンバーシップを始めてみたりと、自分の中にある当たり前の基準を少し押し上げられた気がします。 2023年はもっと自分の基準を高く持って成長していけるように頑張ります。 上にあるURLから飛んでもらえると詳細がわかるのですが、 95本のnoteを書き 998回スキを押してもらい 1.9万回読んでもらえたようです。 惜しくも100本に届かず。 惜しくも100

          そういえば、これまで優勝を目指すと言葉にして来なかった

          もちろん、決して優勝したくなかったわけでも、する気がなかったわけでも無い。 それでも優勝を目指して頑張ります。とは言ってこなかった。 言ってこなかったというよりは、言えなかったのだ。 言葉に出した想いは強い。現実化するほどに強いエネルギーを持った言葉だから、これまでは優勝を目指すとアウトプットしていたらまた違う結果になっていたかもしれない。 ではなぜ言えなかったのか? これはシンプルに実力が無かったからで、チームのためとかそんなことを考える余裕がほとんどなく、自分の

          目標は数字と期限が大切

          新年明けましておめでとうございます。 2023年1発目のnoteです。 今年も気合い入れていきますよ。 2022年は立てた目標を達成できたりできなかったりしましたが、パーソナルトレーナーの資格であるNSCA-CPTを取得したり、九州アジアリーグのトライアウトで「福岡北九州フェニックス」との契約を勝ち取ったりと大きな目標を達成することができてよかったです。 2022年は年男だったものの、本厄でしたし、運勢自体はあまり良くなくて、準備の一年という位置付けでした。なので謙虚に淡

          無謀な挑戦 / 2022年総括

          2022年1月1日、自分はこんな目標を立てました。 •BIG 3 合計500kg •ベンチプレス 110kg→120kg •スクワット 150kg→180kg •デッドリフト 180kg→200kg それぞれの目標の数値をクリアできればおのずとBIG 3の合計が500kgになるように目標を立てました。 440から500へ。意気込んで始まった2022年でしたが、完全にすったるみました。 もう野球を本気でやるつもりがなかった自分にとってはトレーニングを高負荷でやることはと

          コミュニケーションをさぼったらあかんぜよ

          仕事納めました とても疲れました。もう今日は誰にも会いたくないです。一人になりたいです。言葉を発することも、人の話を聞くことも、エネルギーを使うことはもうしたくありません。 と言いつつnoteを書いてる矛盾。まぁさっさと終わらせます。 いつも何気なくやっている「話す」「聞く」など、とてもエネルギーを使うものなんだなぁと実感しています。もう今の自分にそんな元気はありません。話すこと聞くこと、これらはとても大切なものです。人にエネルギーを与えたり、逆に人のエネルギーを奪い取

          有料
          300

          3度目の九州、はじめての福岡

          2ヶ月しか在籍していなかった大学の野球部。その春のキャンプで初めて九州の地に降り立ちました。 宮崎県。申し訳ないけれど大学時代の思い出はほとんど残っていないため、飛行機の中がどんなだったかとか宮崎空港がどうだったかなどは全く覚えてません。 自分は鬱になったことがあるのですが、それからは鬱になる前までの記憶の一部がたまに思い出せなくて、黒く塗りつぶされているような感じになることがあります。 脳は強すぎるストレスをかけるとほんとにぶっ壊れるんだな〜と思います。まぁこれもいい

          手間ひまをかけた分だけそれはいいものなのか

          「野球だけは子供にやらせたくない…」 という記事を見ました。それに対して記事に対して反対意見など様々な意見を目にしたが、自分は「まぁ、そりゃそうだろうな」という感じでした。それは寂しくないとかそういう話ではなくて、時代は変わっていくのに何十年も同じことやってたらそりゃそうなる。当たり前。現状維持は衰退だから。

          ことばのちから

          先日、岸田総理が防衛費増額を巡って出た「国民の責任」発言。 これは言葉の使い方として最悪だったと思う。伝えたかった内容は、「お金が足りなくなるからご協力お願いします」というものだろうと思うが、それならそう伝え得れば良いと思いました。 もしくは本当にそう思っていた可能性があることも否定はできないがどちらにせよ言葉の使い方は適切ではなかったはずです。 国民の責任。だから当たり前。自分たちの国を守るためには仕方ない。そうかもしれない。だけどこの言葉の使い方では反感を買ってしま

          今年もパニック発作の季節がやってきた!!

          さぁ!今年もパニック発作は起こるのか!! 乞うご期待!! いやぁ、12月に入って急に寒くなってきましたね。寒くなってきたということは、電車の車内は暖房が効いてますよね。寒いということは、自分達も厚着をしていますよね。その状況下で座れない電車に乗るとやばいです。 といっても各駅停車ならすぐ降りられるので気持ち的な面でも大丈夫なのですが。 問題なのは 相鉄線急行の「二俣川〜横浜」 相鉄線JR直通線の「羽沢横浜国大〜武蔵小杉」 小田急線快速急行の「登戸〜下北沢」 東武東上線準