倉林 一範

サイボウズで働きつつ、複業の「倉林工房」で業務改善やサービス企画のお手伝いをしてます。 じっくり考えて、思い立ったら行動せずにいられない、そんな性格です。 https://www.kurabayashikobo.jp

倉林 一範

サイボウズで働きつつ、複業の「倉林工房」で業務改善やサービス企画のお手伝いをしてます。 じっくり考えて、思い立ったら行動せずにいられない、そんな性格です。 https://www.kurabayashikobo.jp

    マガジン

    • 新しいコミュニティとコミュニティコイン

    • kintone SIGNPOSTとkintone認定資格と

      kintone SIGNPOSTやkintone認定資格に関するnoteをまとめたマガジンです。 不定休更新ではありますが、kintoneを使って業務改善に取り組む方に読んでいただきたいnoteです。

    • テック・ワーク・トーク

      • 87本

      立場も会社も違う3人が、夜な夜な語り合うチャンネル。トークのテーマは「テクノロジー(主にツール関係)」と「仕事」。 例えば、ITセミナーの懇親会や飲みでの会話隣で聴いているような…そんな、ゆるくて雑な個人の雑談レベルのトークですが、私たち3人の誰かと楽しく話したり飲んだり、議論したりできる人が楽しめるような内容にできればいいなと。 そんなトークをお届けします。

      • 新しいコミュニティとコミュニティコイン

      • kintone SIGNPOSTとkintone認定資格と

      • テック・ワーク・トーク

        • 87本

    最近の記事

    • 固定された記事

    2023年4月から大学院に行きます

    どこに行くの?武蔵野美術大学の大学院に通います!いわゆる「ムサビ」です! 大学院に行って何するの?武蔵野美術大学の大学院造形構想研究科 クリエイティブリーダーシップコースというところに通います。このコースは「社会問題の解決や新しい仕組みづくりにおける「クリエイティブリーダーシップ」を身につけ、企業のマネジメントや、起業・スタートアップ、ビジネス戦略といったフィールドで活躍する人材の育成を目指すコース」です。 研究テーマ そこで「地域通貨を活用することで、コミュニティ内の

      • 「見積」と「実績」、その差について

        この世には2つの結果しか無い!「スケジュールに間に合った」か「スケジュールに間に合わなかった」か、だ!! というわけで、今回はスケジュールの「見積」と「実績」について考えていきたいと思います。 見積が苦手だった社会人になりたてのときは作業の見積(いつ終わりそうか?どのぐらい時間がかかりそうか?)がめちゃくちゃ苦手でした。ついつい良いところを見せたくて、少なく見積もってしまったり、余裕をもたせすぎて相手が引いてしまったり。。。 そう言えば、社会人になるまではあんまり「見積す

        • 「当然こうあるべき」という思考と差別意識の類似性

          業務改善のワークショップや、新しいコミュニティを考える中で「クリティカルシンキング」というのがあります。日本語では「批判的思考」とも言われ、考えるべき「目的」や「背景」を所与のものとせず、改めて客観的に考えてみることです。 今日はこのクリティカルシンキングをさらにつっこんで考えてみたいと思います。 クリティカルシンキングを体験するワークわたしがよくやるワークショップのアイスブレイクとして「ご飯の炊き方ワーク」があります。 これは「ご飯の炊き方を3行レシピで書いてシェアす

          • お金は時空を超える

            新しいコミュニティを準備中の倉林です。今回は新しいコミュニティを始めるきっかけにもなっている「お金」について書いてみたいと思います。 お金を否定したいの?新しいコミュニティでは「お金に対する認識をアップデートする」というのも、目的のひとつだったりするのですが、これだけ聞くと と思われるかもしれませんが、決してお金自体をひっくり返したいわけではなくて、価値基準をお金だけではなくたくさん持ちたい、というのが目指すところです。 これらのnoteでも書いたように「お金ってほとん

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 新しいコミュニティとコミュニティコイン
            倉林 一範
          • kintone SIGNPOSTとkintone認定資格と
            倉林 一範
          • テック・ワーク・トーク
            テック・ワーク・トーク 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「悪貨が良貨を駆逐する」じゃない方の世界観

            新しいコミュニティを準備中の倉林です。いつまで準備中なんじゃい!と言われそうですが、皆さんからのフィードバックをもらいながら、ゆっくりですが少しづつ前進しています😅 今日は新しいコミュニティ自体の話ではないですが、ちょっと関連するような、しないような話題です。 悪貨が良貨を駆逐する(グレシャムの法則)みなさん「悪貨が良貨を駆逐する」という言葉をご存知でしょうか?グレシャムの法則とも呼ばれ、16世紀にイギリスのトーマス・グレシャムという人が提言したそうです。 本来の通貨の

            コミュニティコインの特徴

            新しいコミュニティでは「コミュニティコイン=コミュニティ内で使える通貨」を使います。 このnoteでは、一般的なお金の特徴を簡単に解説した上で、今回使うコミュニティコインの特徴を解説します。また、現在企画中の「お金に対する認識をアップデートするためのワークショップ」を3つ紹介します。 お金の3つの機能日頃私達が使っているお金には、法定通貨としての「円(えん)」を始め、PayPayやSuicaといった電子マネー、ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨、そして地域ごとに発行さ

            ひとりひとりが価値の源泉であるという認識

            今回のnoteの内容は、新しいコミュニティを考える上でめちゃくちゃ大切だと思っているのですが、いかんせん上手くまとめられる気がしません。。。乱文になるかと思いますが、ご容赦ください🙇 ポイントは「いかに誰かのメリットになるか考える」と「自分の幸せは自分が決める」の接続だと思っています。言い換えるならば、「他人軸と自分軸の接続」もしくは「資本主義とアドラーの接続」。この「接続」を考える上で大切だと思っているのが「ひとりひとりが価値の源泉である」という前提です。(いきなりぶっ飛

            「値札のついていないものに対してお金を払う」ということの難しさ

            みなさんこんにちは!業務改善職のオンラインコミュニティの準備を進めている倉林です。(コミュニティについてはこちらのnoteもご覧ください。) このnoteの中で「値札のついていないものに対してお金を払う」ということの難しさ、について触れましたが、今回のnoteでは自分の体験を踏まえて考えていきたいと思います。 先日の出来事先日、家族で買い物に行った時の話です。3人で駅前をぷらぷらしていると「ストリートパフォーマンス」をしている人がいました。パフォーマンスはもう終盤のようで

            新しいコミュニティを始めよう!

            年内に「新しいコミュニティ」についてのnoteを書きたくて「このコミュニティの目的」や「noteで、誰に、何を伝えたいか?」「読んだ人にどうなってほしいか?」などを考えて、下書きを書いては消し書いては消し、、、。 ・・・でも、なーんかおかしい。。。これって仕事っぽくて楽しくないw 新しく作りたいコミュニティって「目標」とか「スケジュール」って設定する必要あるのかなぁ?そもそも「コミュニティ」なのか?「人と人とのつながりの新しい形」を模索していくのに、今までのやり方を踏襲して

            2022年振り返り

            皆さんのnoteに触発されて、私も2022年の振り返りnoteを書いてみようと思います。勢いだけで書きますので、ただの壮大な日記になりそうな気もしますが年末の時間のある時に読んでクスッとしていただければ幸いです😊 ソースはいくつかあります自分の振り返りなのでここに書くことは全てわたしに関することではありますが、そのソースはいくつかあります。というのも、日々の記録をその時々の気分で色々なところに書く癖がありまして、それらをソースとしてチラチラ見ながら書いていきたいと思います。

            kintoneを使った業務改善にチームで取り組む!

            昨日 Cybozu Circus 大阪 Day1のkintone SIGNPOSTセッションにご参加いただいた皆様、ありがとうございました!セッションの紹介は事前のnoteでさせていただきましたが、今回はアドベントカレンダーに初参加!と言う形で、Day1のセッションの内容を振り返りつつ、「チームで業務改善する」ということについて書きたいと思います!(サムネイル画像は、登壇直前の心拍数です💓w) 「チームで業務改善するための勘所」とはというわけで、今回のセッションではチームで

            kintone認定資格チーム オフサイトミーティング報告書

            オフサイトミーティングとは「日頃使っているオフィスとは別の場所で、チームで活動すること」です。コロナ以降、Zoom  MTGがメインとなっているので、今回のオフサイトミーティングでは「日頃使っているオフィスを離れ、チームメンバーがリアルに会って一緒に過ごす」ということを目的に企画してみました! このnoteでは、kintone認定資格チームで実施したオフサイトミーティングの企画から実施の様子を共有します。ちょっと長いですが、写真も多くて楽しく読めると思いますので、どうぞ最後

            Cybozu Circus 大阪 Day1 セッションのご紹介👍🍖

            こんにちは!kintone SIGNPOSTチームの倉林です。12/6・12/7に行われるCybozu Circus 大阪でkintone SIGNPOSTのセッションをします!🎉 kintone SIGNPOSTは2021年11月に正式公開し、早いものでもう1歳になりましたー🎉!! たくさんの皆さんに活用していただいてますが、まだまだ「どうやって活用したら良いの?」「自分だけじゃなくてチームのみんなに読んでほしいんだけど。。。」という声をお聞きします。 そこで今回のセッ

            J COIN(仮)の個人的解説

            倉林工房の倉林です。今回はジョイゾーさんのコミュニティ型サポートサービス『J COIN(仮)』そこで毎月発行される『JOYZO COIN(仮)』について解説したいと思います。そのサービス企画に関わらせていただいている倉林が、このサービスについて個人的に解説したいと思います。これからローンチされるサービスですし、どんどん発展していく進化型のサービスなのであくまでも2022年11月時点の倉林個人的な解説として読んでいただけたら幸いです。 コミュニティ型サポートサービス「J CO

            kintone認定資格を目標のひとつにしてくれた話

            先日福岡のパートナーAISICさんを訪問した時に伺った「kintone認定資格を目標のひとつにしてくれた話」がすごく嬉しかったので、ご本人の了承を得た上でシェアします! 「kintone認定 アソシエイト合格したんだよ」AISIC 久米さんからお声がけいただいたのが夏前だったでしょうか?その時は深く考えずに「久々に福岡に行けるの楽しみだな〜」ぐらいに思っていました。 というのもkintone認定 アソシエイトは、kintone認定資格の中で最初に受験いただく試験のため、合格

            倉林の個人パーパスってどこからきたの?

            初めに(必ず読んでね): この記事は仕事でしんどかった時のことが書いてあります。共感しやすい方はご自身の体調とご相談の上、元気なときに読んでいただければと思います。 この記事に書いてあることは倉林の実体験ではありますが、他の方に当てはまるとは限りません。もし同じ症状が出てもご自身では判断せず、然るべき医療機関で診ていただくのが良いと思います。 誰かを責めたり非難する記事ではなく、あくまでも倉林の過去の話です。この記事の内容で倉林をいじっていただくのは歓迎ですが笑、同じよ