Kunikoayoga

「動作教育を通した人間形成のお手伝い」をモットーとして、A-yoga Mind and Body Movement Therapyを主宰。大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学臨床支援系領域 博士課程修了 (保健学博士)

Kunikoayoga

「動作教育を通した人間形成のお手伝い」をモットーとして、A-yoga Mind and Body Movement Therapyを主宰。大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学臨床支援系領域 博士課程修了 (保健学博士)

    マガジン

    • in my mind essay

      日々の生活の中で頭に浮かんだ事を書いています

    • ヨガを科学する

      ヨガは現代科学でどう語られるのか? 現代科学はヨガの何を証明できるのだろうか? 博士論文でヨガを題材とした時から、Evidence based...というその意味を考えている。 有機体である人間が、科学をどううまく使うのか。 まだまだ分からない多くの事。 ぼちぼち書き進めてみる。

    • 動作学

    • Life is Bookful!

    • チームとしての生き方

      人生の目的を見出し、その目的に達するための気づき紀行

    最近の記事

    なぜ動くのか? MIND

    先日ある人(この方をAさんとする)に言われた。 「あなたは、天と地の創造、それを再びひも解くために宇宙からこの地球に送られてきた。」と。 唐突にこんなことを言われたら、「はぁ?」ですが、私の情報を何も持たずに、私の興味の先にあるものについて語ったこの人の言葉に耳を傾けた。 次にAさんが言う。 「間違ったら、あなたは医者か薬剤師になっていたけどね。」と。 「間違ったら、、、って、、、、。」と、突っ込みを入れたけど、苦笑。 20代でアスレティックトレーナーという職業に出

    スキ
    1
      • 正解にする力

        暑さに加え、BA5の勢いが増して、感染者数が一気に増えると同時に、周囲網を張られているくらい迫ってくる感が半端ない。 そんな中、どうにか切り抜けている我がスタッフたちと私。 健康を維持するためのサポート施設としては、休講などは出来るだけ避けたい、、、でも、現実周りのフットネスクラブやスタジオは、スケジュール変更を余儀なくされている感じがします。 集団免疫をつければ、、、という問題かわかりませんが、高熱が2、3日続くのを覚悟で、しっかりと予防をしつつ感染した場合の準備をし

        スキ
        16
        • 女性とスポーツ現場

          暑中お見舞い申し上げます。 京都は祇園祭も無事に終わり、本格的な夏を感じる今日この頃。 海が大好きな私は、海に行きたい〜、海のそばに住みたい〜、そんな事を考える季節です。 さて、以前にもnoteに書いた、私から見たら若手という表現になっちゃうかもしれないけど、業界的には中堅女性トレーナー達の女性トレーナーのキャリアパス、女性トレーナーの発展サポートを考えたトークライブの2回目が開催されるそうです。 今回はゲストに私もよく知る、そしてラボのご近所に鍼灸院「ゆまにて」を構

          スキ
          10
          • 講習・セミナーを組み立てる

            一時期よりも朝晩が少し過ごしやすくなって、ちょっと体がホッとしています。この暑さと湿度で、皆さんの体は若干危機的状態を感じているのか、頭部と頸椎周辺が緊張している人が普段以上に多いなぁと感じているので、普段のグループレッスンでは、より頸椎、頭部、仙骨周辺(股関節含む)を意識して動かすようにしています。そうすると、終わったときの皆さんのすっきりとした感じがよりわかります。 久しぶりのnote。 ここ最近は、自分のセミナーもそうですし、企業案件のプロジェクトの内容を考えたりと、

            スキ
            9

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • in my mind essay

            • 113本

            日々の生活の中で頭に浮かんだ事を書いています

          • ヨガを科学する

            • 18本

            ヨガは現代科学でどう語られるのか? 現代科学はヨガの何を証明できるのだろうか? 博士論文でヨガを題材とした時から、Evidence based...というその意味を考えている。 有機体である人間が、科学をどううまく使うのか。 まだまだ分からない多くの事。 ぼちぼち書き進めてみる。

          • 動作学

            • 45本
          • Life is Bookful!

            • 6本
          • チームとしての生き方

            • 12本

            人生の目的を見出し、その目的に達するための気づき紀行

          • Body knows you

            • 11本

            体から見た人間の姿について徒然紀行。 人生は壮大な旅である

          • 翻訳してみるシリーズ

            • 2本

            英語の書籍を、自分なりに翻訳してみます。 すでに邦訳があるものもありますが、まだ日本語で未発表なものも、面白そうなものは訳してみようと思います。

          • 新時代の姿勢

            • 9本
          • Voice, Audio, Sounds

            • 1本
          • in my mind essay

            • 113本

            日々の生活の中で頭に浮かんだ事を書いています

          • ヨガを科学する

            • 18本

            ヨガは現代科学でどう語られるのか? 現代科学はヨガの何を証明できるのだろうか? 博士論文でヨガを題材とした時から、Evidence based...というその意味を考えている。 有機体である人間が、科学をどううまく使うのか。 まだまだ分からない多くの事。 ぼちぼち書き進めてみる。

          • 動作学

            • 45本
          • Life is Bookful!

            • 6本
          • チームとしての生き方

            • 12本

            人生の目的を見出し、その目的に達するための気づき紀行

          • Body knows you

            • 11本

            体から見た人間の姿について徒然紀行。 人生は壮大な旅である

          • 翻訳してみるシリーズ

            • 2本

            英語の書籍を、自分なりに翻訳してみます。 すでに邦訳があるものもありますが、まだ日本語で未発表なものも、面白そうなものは訳してみようと思います。

          • 新時代の姿勢

            • 9本
          • Voice, Audio, Sounds

            • 1本

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 曖昧さを曖昧なままにする大切さ

              感覚が大切だよっていつも話す。 人間が人生を歩み、自分らしい(と、思っている)人生の選択をし、生き延びつづけるためのさまざまな情報は、感覚器官から意識的にも無意識的にも受け取っている。 A-yogaで言い続けてきた事がある。 感じたことを言語化していく事が大切だよって。 ただ言語化は両刃の剣でもある。 人間が生み出した言語というものが、個人が感じたそのものをある種の型(ステレオタイプ)に当てはめてしまうというマイナス点。 例えば 「あの人を見かけると胸がキューンと

              スキ
              7
              • 学びを続ける人と学びを止める人

                人生とは学びの連続である。 動作学のオンラインサロンである「動作学プラネテス」内で、毎月本をリレーしている。6月に届いた本「何のために「学ぶ」のか」(ちくまプリマー新書)の中に、 「なぜ勉強するのか?という問いに対して、ギリシャの偉大な哲学者であり生物学者の祖でもあるアリストテレスは「三つの知識」を考えた。①生活の必要のための知(実用の知)、②快楽のための知、③学問的(理論的)な知である。」(本川達雄先生セクション 131ページ) この3つの知を聞くと、人は学び続けるし

                スキ
                10
                • 諦めない生き方

                  先日のあるミーティングでの会話。 「なりたい自分を持っていない、なりたい自分が分からない人は相当数いると思っていいのかもしれない、、、。」 そんな問いかけがあった。 その会議は、一般の方(学生から社会人・成人たち)を研究の対象として観察をしてきている様々な専門を持った方たちの集まり。 ある会話では、「女性の半分は家族でできている。」と、、、。 (私の実感としては、70~80代の方の8割~9割は家族でできていて、年齢が若くなるにしたがってその割合は若干減っていくが、そ

                  スキ
                  30
                  • からだが未来を変える

                    時間とはなぜこんなに流れていくのでしょうか、、、。 有限な時間、無限な発想 そもそもそこに一致感がないのが問題なのか? 有限な時間の中で、無限な発想と向き合う。 気が付けば、時間だけが過ぎていく(つまり、なにもまとまらずに時間だけが過ぎていくパターン、苦笑) 1~3月は比較的スローなブギ、ではなくスローなスケジュールなことが多いのですが、4月を過ぎると11月くらいまでは色々なものが動き出す。 コロナの蔓延がスタートしようかとしていたその頃に、お声がけいただいたプロ

                    スキ
                    12
                    • 思考とは動きである

                      最近は特によく、Emergence(創発)とか、Interaction(相互交流)と言った言葉が、様々な分野の人たちによって使われている。 それと同時に、Variability(変動性)とか、Diversity(多様性)といった言葉も使われる。 世の中にある言葉が、ブームのようにあがってくるのは、悪いことではないが、私自身はとても違和感がある。 SDGsもそうだけど、ブームで終わらずに、それが生活そして文化として根差すところまで落とし込むことができるか、、、。 つまり

                      スキ
                      15
                      • A-Yoga Movement Coachで伝えていること、伝えていきたいこと

                        2004年から細々とA-Yoga Mind and Body Movement Therapyのインストラクター養成を開催しています。1回の開催が最大10名としているので、ほんとうに細々と、、、。 2022年6月4日(土)、5日(日)初回は2日連続で、仙台でのA-Yoga Movement Coach養成がスタートします(リンクページの真ん中あたりのムーブメントコーチの内容です)。 養成ってなにやるのか?そもそもA-Yogaが意味不明なので、これまでもほぼ口コミ、誰かの紹

                        スキ
                        15
                        • 女性トレーナー・インストラクターとして働き続けるということ

                          京都はとっても気持ちいい春晴れです。 お庭を整えて、花を終えたものを整え、これから花が咲くもののための準備をする。 自然は日々の移り変わりとともに、常に何かが終われば何かが始まっていることを感じさせてくれます。 私も今年で52歳。 まさかこの年までトレーナーとして働いているとは思ってもいませんでした(そもそもそれで生きていこうと思ったことはないので、、、ただやっていったら続いている、、、というくらいの感覚) 「女性としてトレーナーとして働き続けるって大変ですよね?」と

                          スキ
                          11
                          • 対話とは学びであり、大人の学びは対話にあり

                            新年度が始まり、なんとなく世の中もざわざわしている感じがする今日この頃。 4月に入ると、毎週のようにセミナーや養成講習が入ってきて、頭の中は常に少し先のことを考える日々。 先日読んだ本の中で、南米のある山の登山をサポートをしてくれるシェルパさんが、登山チームを連れて進んでいてある距離まで進んだところで、数日前進を止めた、というエピソードが載っていた。 登山チームは少しでも早く前進をしたいけど、一向にシェルパが動き始める様子がない。そこで登山チームの一人がシェルパに「なん

                            スキ
                            15
                            • 運動から健康を考えるということについて伝えたいことは何だろう

                              2022年も着々と時間が過ぎています、苦笑 前半のセミナーのスケジュールはほぼ固まり、7月いっぱいまで気が付けば養成やセミナーで週末は埋まっている。 そして2022年の後半のセミナー達も少しずつお話をいただいていて、スケジュールが固まり始め。 明日と明後日は、A-Yoga Movement Coachの京都養成の4,5日目。 最初の3日間で基本的な体の構造の部分、人の動きについての考え方をみんなで共有して、4,5日目は体幹のエリアから四肢へとひろがり、かつ矢状面から前額

                              スキ
                              15
                              • 研究論文と言われるものの受け取り方

                                最近では、運動や医療の現場で、Evidence based practice:EBP(臨床における根拠に基づいた実践)の重要性が言われている。(注釈:医療においてはEvidence based medicine:EBM) アスレティックトレーナーの分野でも、アメリカのアスレティックトレーナー協会では、15年くらい前から講習のベースはEBPであること、と言われてきているし、日本においてもここ5~8年くらいはその傾向がみられる。 個人的には、そのとらえ方に常に苦悩している部分

                                スキ
                                13
                                • 君か、君以外か

                                  これは「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」でも有名な、実業家のローランドさんの著書のタイトル。 彼がまだ30歳になる前というのにもびっくりするけど、わかりやすいその文体は、多くの人の共感を生むのだろうな、、、と感じる。 彼の名言を集めた書籍が、アマゾンの電子書籍で読めたので、どんなことをお話しているのかと思い目を通してみた。 彼の言葉には、物事を違う視点から見る、ということを感じさせてくれる。 たとえば、最後にあるローランド名言集の中の言葉。 「その逆よりは、

                                  スキ
                                  7
                                  • ヨガの価値を最大化するための指導に必要なピースはあるのか?

                                    コロナが持続するからなのか、コロナ禍になっていなくても2022年は同じような状態だったのか、誰にも分らない、が、現実として聞こえてくる声は、様々な健康問題が蓄積しているように聞こえる。 うつ患者が増加している。 痛みを訴える患者が増加している。 心血管系の疾病が増えている。 フレイル患者が加速している。 子どもの肥満が増加している。 そのすべてが様々なことが要因となっていて、個別性が含まれている。 私は運動を介して、動きを通した気づきを通して様々なお困りごとの早

                                    スキ
                                    5