マガジンのカバー画像

100のきりくち+

228
1分で読める「たしかに、こんな切り口もあるかもなー」という戯言集。 100本を突破したので「+」(プラス)です。 (どこまで行くかな...?)
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

「正解」に殴られて、苦しんでいる人へ

ちょっと今日はわかりやすさを無視して書きたい気持ちなので思いつくままに書かせてほしい。読みづらいと思うけど、わかってくれると嬉しい。 「ビジネス系つよつよの人たち」の文章や動画などを見るたびにどうしても違和感が拭えなかった。 言ってることはわかるけど、すっごく苦しくなる。 色んな角度から話しているけど、結局は「ビジネスで成功するためには、こうするべき。ほら、俺は成功しているでしょ?」を手を変え品を変え伝えているんじゃないかな? これがなんというか、、吐きそうになる。

スキ
87

歳を重ねて、僕はネテロになった。

37歳になりました🎉​ (ありがとうございますありがとうございます)​ ネテロの境地執筆や仕事などやってることが多くなるにつれて、結果として感謝の時間が増えました。「ありがたいな」「ありがたいな」って日々言ってます。「これがネテロの境地か...」と勘違いしつつ。​ 感謝の正拳突きじゃないですが、お世話になってる方々に会いに行く旅でもできたらなーと思ってます。​ (本がでたら、ほんとに全国回ろうかな)​ 作家と名乗ることにこれ「しょうもないなー」って思われるかもしれないん

スキ
18

子供の「なんで1日が終わるの!」に対する答えは、ギュッと抱きしめること。

14時位から子供が喚く。 「なんで1日が終わるの!」 わーわーと喚き散らす。 もうとどまることを知らない。 はじめのうちこそ 「それはね、地球が回ってて...」 のように説明していたが、それに納得することはない。 「なんでなんでなんでなんでーーーーーー!!!!!」 気が狂いそうになる。 いやもうほんと勘弁して。 ちょっと落ち着いたかと思ったら、1時間おきにこの「なんで」が続く。 普段、彼はとても理知的である。 「パパ、仮説があるんだけど」とか話しかけてくる。

スキ
5

しゃべるのが上手な僕は、文章を書かなければならない。

僕はしゃべるのがうまい。 講演みたいな形でしゃべるのもいけるし、1対1で尽きない会話をするのともできる。 文章を書く人は、しゃべるのが下手だと認識している人が多い。 しゃべれない、だから文章を書く、と。 それとは反する。 なぜなら僕はしゃべるのがうまいからだ。 小さい頃、僕は本当にしゃべるのが好きだった。 「口から生まれてきたんじゃない?」 そんな風に親戚に言われて、逆になんでみんなこんなにしゃべりたくならないのかわからなかった。 ただ、ある時から僕は、うまい会話を

スキ
11

モヤモヤするインタビューってあるよね?

総じていい日だったなーと思いながら眠りにつくところなんですが、一つ何かモヤモヤしてる気がして1日の予定を振り返ってみました。 、、、あ、これだ、と。 インタビューです。 僕くらいでもそこそこ取材とかされるのですが、今日の取材について少しモヤモヤが。 ※まず前提としてインタビューしてくれた人や趣旨とかは全く健全で良いものだっということだけはお伝えしておきます。 モヤモヤするインタビュー今日の取材ですが、大きく2つ違和感がありました。 1.相手の書きたい内容が決まって

スキ
10

(豆腐メンタル向け)嫌なリプへの対処法

シンプルにブロックです。 はい。もうそれで終わりです。 すみません、つまんない答えで。 もちろん、いろんな人がいるので自分に合ったやり方を探していただけたらいいのですが、僕は敬意の欠いたリプを送ってくる方と仲良くしたいとは微塵も思わないので、ブロック推奨です。 心が強い方たちは「ツイッターはプロレス」とばかりに、心臓のあたりがキューッとなるやりとりを楽しんでたりもして、ほんとすごいなーって思います。 ただ、僕は向いてない。 本当に向いてない。 ちょっと嫌なリプが来て

スキ
13

「敬語とかタメ語とかそんなの関係なくね?」という人とは友達になれない。

インターン生が、年齢ひとつ上の後輩に敬語を使うべきか否かで悩んでいた。 めちゃわかる。 こういうときに「敬語とかタメ語とかどっちでもいいじゃん!」とかいう人とは友達になれない。こういう答えのない意味のない問いについて真剣に考えるからおもしろいのに。 さて、そんな中、僕は「敬語推し」です。 というのも、敬語だと「崩し」という技が使えるから。 たとえば、普段割と硬めな会話をしている中で相手がおもしろいことを言った時「めっちゃおもろいやん」と独り言みたいにいうことで急に距離

スキ
12

情報のインプットという言葉は、僕の感動をかんたんに殺す。

おもしろい映画に出会った。 創作する人がさらに創作が好きで嫌いになる作品だった。 揺れる本に出会った。 思わず二項対立を作ってしまう僕達だけど、価値観の対立の前にやれることがあるなって思った。 心地のいい音楽に出会った。 歌詞は聴き取れなかったけど、きっと辛い中でも輝くものがあるみたいなことを言ってるんだろうと思う。 そんな僕の一つ一つの感動を、「情報インプット」って言葉はかんたんに殺してしまう。 映画や本や音楽を「情報」って言葉に閉じ込めて、僕の心の動きを「インプッ

スキ
13

人に話せないことをnoteに書いてたら、300本突破しました!

うまく伝えられないなー、もやもやするなーということをnoteに書いていってたら300本突破しました🎉🎉(びっくりです) 思えば遠くに来たもんだ。 流石にこの数全部読んで!ってのはおかしな話なので(読んでほしいけど)、マガジンにまとめました。よかったらマガジン見に行ってみて下さい。 とりあえずここにあるのだけでも読んでもらえたら幸せです。とっても。 1minで読めるショートショートを書いてます。フィクションに挑戦中。自分的におもしろいのが書けた時はテンションが上がる。とて

スキ
4

ミーティング8本あったけど、1分も話してない気がする。

今日何分しゃべりました? その中で、反射でしゃべったものじゃなくて、自分の考えを話した時間てどのくらいですか? さらに、自分の好きなことや、普段からの悩み、おもしろい発見なんかを話したのはどのくらいですか? 僕は、0分です。 悲しいです。 でもみんな、割とそんなもんじゃないですか? 人と関わる中でも自分にスポットライトが当たる時間ってとても少ないもの。 「アンゲーム」というゲームがあって、それは参加者を順番に主役にしていくものなんですが、僕は昔このアンゲームを一緒

スキ
5

肉食って桜を見ればいい、津山 #ふるさとを語ろう

岡山県津山市ってところがありまして、なんだかんだ20年住んでたんで、ちょっとの好きなところとめちゃくちゃ嫌いなところがあったりするわけですよ。 出たくて出たくてたまらなかったので、まぁ高専卒業と同時に出たのですが、そうするとその「ちょっとの好きなところ」を新しく知り合った人たちに語ることに。 そんな視点で今日は僕の地元「岡山県津山市」について語ってみます。 肉が旨い🍖肉旨いんすよ。 いや正直そんなこと意識したことなかったんですが、地元を離れていわゆる「普通の肉」食べたら

スキ
12

好きなものなんてなくてもいいよ?

みんな好きなものってあります? 僕、「好きなものなんですか?」と聞かれると結構困ります。もちろんあるんですよ、あるんですが、なんというか僕の中でもう当たり前で 「きゃー好きー!!😍😍」 みたいな感じというよりも 「ふむふむ、、うむ。」 みたいな感じというか。 (よくわかりませんねw) 好きなものないというと、幸せじゃないような目を向けられるんですが、いやいやとても幸せです。はい。ずっとなんかこージーンと幸せです。 特に最近、推しとか偏愛みたいな言葉がとてもポジテ

スキ
9

16,848人の仲間とフィクションを書くのが怖かった僕。

noteさんで開催中の「創作大賞2022」中間選考通過しました 212/16,848 思った以上に狭き門。ただそれ以上に16,848人という作家仲間がいたことが救いでした。 ただただありがたい。 作品はこちら 初めて書いた長編小説(7万字‼︎)が、誰かに読んでもらえただけで本当に嬉しい!! まだまだなところだらけなのですが、イケてる編集さんが入ってくれて、起承転結的なストーリーラインをしっかり設計すればものになるはず!と思ってます。(キャラはみんな可愛くて好き)

スキ
14

息子のクリエイティブが群を抜いてた。

最近ひらがなを覚えた弊息子。 A4用紙(500枚)をあげたら部屋中が文字で埋まった(困った)。 どんどん上手くなる文字を眺めていると、こんな文字を見つけた。 一瞬「ん?」となったけど、その後嬉しくなった。きっと僕に書いてくれたのだろう(たぶん、、え、そうだよね?) 文字は並べて書くもの。 いつから僕たちはそんな風に思い込んでいたんだろう。 この文字に触れた僕たちは、大人になってしまった自分を少し恥じるかもしれない。 だけど、それ以上に口角が上がる自分のことがちょっと

スキ
18