見出し画像

夢日記〜クリスタルから教えてもらったこと〜執着を手放す

私は、クリスタルを眺めるのが大好きだ。

自然から生まれた色の美しさに見とれてしまう。

よく、眠る時に枕元にその時気になったクリスタルをしのばせる。

選んだのはロードクロサイト(インカローズ)とアクアマリン 。

どちらも大好きな色。

不思議な夢へといざなってくれた。

ー・✳︎ー・✳︎ー・✳︎ー

あるおばあさんが、私を見て、「これはいかん」と言われ、おばあさんが私の後ろに立って何かし始めると、私の右耳の中から女性の声が呻くような聞こえてきた。


そのあと、女性と女性の赤ちゃんが映像で見えてきて2人はとても悲しんでいた。


私は「辛かったね」と言うことしかできなかった。

おばあさんが「自分でこれだけしたら、この人は離れていって新しい人がつくよ」と言われた。

ー・✳︎ー・✳︎ー・✳︎ー

真っ暗な病院で私はそこに入院している様子。

医師から無理そうだという説明を受け、頭をうなだれて真っ暗な病室に歩いていくと、母がいた。

ー・✳︎ー・✳︎ー・✳︎ー

外から家に電話をかけていて、受話器をあてた右耳から聞こえてきたのが、「助けて!助けて!」という母の声で聞こえてきた。

ー・✳︎ー・✳︎ー・✳︎ー

これらの夢には、女性と赤ちゃん、母が出ていた。


その女性、多分会ったことがある。

夢を見る前にも、頭の中で映像としてその女性が何故か出てきたことが1回だけあった。

それと、私が子どもの時に、夜中寝ぼけて飽きたらそこにその女性がいた。

「多分、過去生じゃない?その女性、あなた自身では?」

と、ある人から言われた時、なぜか腑に落ちた。

私も、多分そうだと、どこかで思っていた。


今の私に、何を教えてくれているのだろう。


日常ではその後、体調が悪くなったり、耳に不調が出たりもした。

行動面では、あれだけ億劫だった断捨離を、突然したくなって洋服を整理するという変化もあった。

自分自身に向かって

「もう大丈夫だよ、今の人生とは違うからね」

などと、思いつく限りのことを言っててあげもした。

その後、また夢を見た。

私自身が赤ちゃんをあやしている夢だった。


それは、はじめに夢で女性と出てきた赤ちゃんと一緒だと思った。

そして、その赤ちゃんは、今の私の母だと、直感で思った。

母が大病を繰り返してから、自分の子どものように心配してきたから。

自分でも、何でだろう、と思うくらい。

多分、過去生では赤ちゃんを守ってあげることができなかったのかもしれない。

その後、長年の不調の元が少しだけ和らいできたり、天秤座新月のあと鼻と喉風邪をひいてしまったが、今までの自分を抑えてきたデトックスになっていたり、

考え方も「まぁいっか」と思えることが増えたり、いつも同じところでカチンときてしまっていた父の言動にもそれほど執着しなかったり、

しんどい人間関係は離れて、植物好きな波長が合う人との出会いがあったり、など、変化がとにかくあった。

何かが少しずつ変わってきている。

そんな風に感じている。

「執着」

私は、今まで物事や人に執着してきた。

アクアマリン は洗い流してくれる石。

コミュニケーション、人間関係においての感情を洗い流すことは、執着を手放すこと。

ロードクロサイト(インカローズ)は、女性性、感情や思い込みの解放。

自分自身を受け入れ、愛することは、人に執着しないこと。

それぞれの石の特性でもって、過去生の私から長年持ってきていた「執着」という課題を意識化してくれたように感じた。

乗り越えられる時期にきたから、教えてくれたのだと思う。

鎧を一枚ずつはがしていった私に、どんな世界が待っているのか。

ワクワク感の方が大きい。

それは自分に軸を戻せたサインなのだと信じたい。

ありがとう、クリスタル。

ありがとう、私。

これから、新しい扉が待っている。

ー・✳︎ー・✳︎ー・✳︎ー

最後までお読みいただき、ありがとうございます🍀✨





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご縁に感謝です!
三重県でアロマやバッチフラワーなど自然療法を味方にあなたらしくを応援する、こころとお花の相談室「ル ブルジョン」として活動しています。自身が繊細すぎて生きづらさを感じていた経験から、心身のこと、こころの葛藤、親の介護など日々の生活の中で感じたこと・考えたことを書きたいと思います。