見出し画像

【保存版】家の中に鯉のぼりを泳がす!

端午の節句、こどもの日ももうすぐ。

おうちの中で、ステキに季節を感じながら、お節句をお祝いする方法を、
ひとつご紹介します。

ここかしこの「室内をおよぐ鯉のぼり」です。

ていねいな手技が息づく、美しい本格派を小さなころから身近に。
お子さまの情緒豊かな成長を願う子育て世代のお客様にご好評の、
ここかしこの人気商品です。

画像1

作るのは、民藝ファンに愛される、越中和紙の桂樹舎さん型染めの堂々たる存在感がとてもカッコよく、同時に、味わい豊かな手すき和紙が柔らかく光を通すので、軽やかで優しいのです。普段のリビングが、まるで美術館やアートギャラリーのような空間になります!

型染めの工程はとても手のかかるもので、色の数だけ版があります。手間暇かけて大切に作られています。
しっかりとした厚手で、風をはらませてはつらつと泳ぐ鯉のぼりの一瞬の姿を切り取ったように、生き生きとしたカタチをとどめることができます。スタイリングが思い通りにいきやすいとお客様の声も大変好評です。

では、ここかしこのおススメする「室内をおよぐ鯉のぼり」の飾り方をご紹介しましょう!

飾る前の準備…

1. 用意するもの
 ーテグスまたは白い糸
  長さは、天井からの長さ(お好み)によって変わりますが、
  体長約60cmを3匹分で、最低でも5m~6mあると安心。
 ー目立たない色の接着テープ
  透明の養生テープやメンディングテープなど、天井に貼った時に光を
  反射せず、簡単に剥がせるものがオススメ。

2.場所決め
窓の位置、照明や家具の配置などを考慮して、最適な設置場所を決めましょう。これが実はとても重要。
3匹並べてゆったり泳がせるには、ご家族の集まるリビングなどがまずは候補に上がるかと思います。

画像2


上の写真は、10畳ほどのリビングの窓際に、天井から吊り下げて設置してみた例です。
窓際に泳がせると、光を浴びて気持ち良さそうな鯉のぼりたちが、室内を明るく元気にし、上向きな気分にしてくれます。

窓に対する鯉の向きや、3匹の距離や角度によって、色々と演出ができるので、ご家族のお好みで楽しんでくださいね。3匹とも同じ大きさです。

モダンな空間にもとてもよく似合います。
天井の高い玄関などに飾るのもおすすめです。

ではいよいよ、設置してみましょう!

【設置手順解説】鯉のぼりの中に糸を通す(テグスもしくは糸使用)

1、鯉のぼりは筒状になっています。糸、テグスを長めに用意して、筒の中に通すイメージで鯉のぼりの中を通し、適度な長さに調節して糸を輪っか状に結んでしまいます。折りたたんでお届けしますので、動体をふっくら広げて飾るには、梱包用のプチプチなど、軽くてかさばるものを適度に入れるとよいです。その際、詰め物はお腹からしっぽの方に入れるようにすると、景気よく頭を持ち上げてぶら下げやすい重量バランスを保てます。なお、詰め物を入れるのはテグスを通した後にするとやりやすいです。
2、鯉の頭と尾から出ている輪っかの糸を、そのまま天井にテープなどで貼り付けます。
和紙で大変軽いので、養生テープ、セロハンテープなどで簡単に吊るせます。
動画では白の養生テープで止めています。天井は意外に明るいので、あまり目立ちません。    
※天井の壁紙や塗装の剥がれにご注意ください。


鯉のぼりを飾る時期は、春分の日が終わってから飾る方が一番多いようですので、ご参考までに。

エアコンをつけたり、窓を開けて風が吹入ってきたりすると、そよそよと室内を泳いでいるみたいに揺れます!

天井への取り付けが難しい場合には、付属の飾り棒を活用して、シンプルに並べて下げて壁に飾るのも、クラシックでとても素敵です。

画像4

お節句が終わったあとは、畳んでコンパクトに収納できます。これも「室内をおよぐ鯉のぼり」の人気の秘訣です。
万が一汚れた時は、濡らさずに、乾いた布や紙で拭き取ってください。

画像3

毎年、4月の中旬には完売となる大人気商品です。どうぞお早めに!






この記事が参加している募集

おすすめギフト

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Love is praying
21
「ここかしこ」は、 毎日を豊かに過ごすための、魅力あふれるさまざまな「祈りのキッカケ」を、 カタチから追いかけていく無邪気な試みです。 掲載商品は全てwebshopにてお買い物できます。 https://kokokashiko.jp/