伊藤光平|Kohei Ito

微生物多様性で健康な都市を創るために研究事業に取り組んでいます。仲間を募集中です。日本科学未来館の新展示「セカイは微生物に満ちている」を監修してます。https://www.miraikan.jst.go.jp/news/press/202202152332.html
    • STARTUPS

      • 166本

      DMM.make AKIBAで活動するスタートアップの皆さんの活動をご紹介しています。

    • 都市にいる微生物たち

      僕たちの体には38兆個以上もの微生物が共生しており、健康に大きく貢献している。もちろん、都市にも微生物は多く存在している。都市/建造環境における微生物が数多く研究され、ヒトの健康への影響が多く明らかになってきた。微生物多様性が都市における重要なパラメータになると考え、微生物多様性を考慮する重要性、研究でわかってきている健康への影響のエビデンス、微生物多様性を高めることで得られる利益を適宜論文を引用して解説する。

    • 都市を醸す

      「醸す(かもす)」という言葉には、「麹 (こうじ) を発酵させて、酒・醤油などをつくる。醸造する。」、「ある状態・雰囲気などを生みだす。」という意味があります。また、微生物が、人間にとって都合が良い副産物を作ることを「発酵」といい、人間にとって都合が悪い副産物を作ることを「腐敗」と呼びます。都市をフィールドに先鋭的な活動している実践者が都市において醸そうとしているカルチャーを明らかにしていきます。

固定された記事

Microbiome As Urban Infrastructure: 都市インフラとしてのマイクロバイオーム

近代的な都市は、人間中心の合理性に基づいて発展してきました。 人間中心に作られたこの都市は、人間にとって「桃源郷」になるかと思われましたが、現実はそうではなく、…

ビジョナリーとはなにか? と決意表明

2022年4月20日、日本科学未来館にて常設展示 ビジョナリーラボ第3期「セカイは微生物に満ちている」が始まります。 本展示では、身のまわりの微生物と私たちの関係性に焦…

赤城SUN doで微生物展示をしました

2022年3月19日、群馬県前橋市の三夜沢赤城神社にて行われた『赤城 SUN do〜ふたつの空と太陽の道〜』にて、神社の微生物を採取・培養することで可視化し、展示する試みを実…

微生物ワークショップ 『マイクローブ ハンティング』開催レポート

先月、軽井沢のキャンプ場『ライジングフィールド軽井沢』にて、BIOTA主催で微生物ワークショップ(全8回)を開催しましたので、レポートしたいと思います。 キャンプ場で…

活性マイセリウム胞子転移ドライブについて

現在、NETFLIXでシーズン3まで公開されている『スタートレック:ディスカバリー』では、惑星連邦において科学探査を目的とする宇宙船『U.S.S.ディスカバリー』がメインで登…

人並みに仕事に集中するためにやっていること

集中力が集合住宅備え付けのwifiみたいに頻繁にブチブチ切れてしまうので、人並みに集中して仕事をするためにやっていることを書きます。 大好きな作業(プログラミング、…